閉じる
閉じる
閉じる
  1. 入社時に有給を付与するとしつつ、試用期間中は取得を認めないという場合の…
  2. 税務当局、重加算賦課姿勢に変化?
  3. リース基準・・・参考人より日本の不動産賃貸借の特殊性に考慮が望まれると…
  4. 管理監督者に深夜割増手当を支給していないが8.9%
  5. DESを巡る税賠訴訟、高裁でも税理士法人に3億円の賠償命令
  6. 複数の業界団体から四半期開示にかかる意見書等が提出されているそうです
  7. 時価の算定に関する会計基準(その3)
  8. のれんの償却期間は基本的に10年が上限になる?
  9. 収益認識会計基準の早期適用新たに8社が開示
  10. フリンジベネフィット開示に変化の兆しがあるらしい
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

国外財産調書、初年度の提出は5,539人-国税庁発表

国税庁が7月に公表した「国外財産調書の提出状況について」によると、平成25年12月31日における国外財産の保有状況について、国外財産調書を提出した人は5,539人でした。

国外財産調書はその年の12月31日において、その価額の合計額が5,000万円を超える国外財産を有する人に提出義務が課せられており、今回が初年度でした。

そして、国外財産調書を提出した人の国外財産の総合計は2兆5142億円でした。単純平均すると一人当たり約5億円という計算になります。

国外財産の内訳は以下のように示されています。
2014-08-12_1
(出典:「国外財産調書の提出状況について」(国税庁 平成26年7月))

不動産は全体の10%程度にすぎず、大部分は有価証券が占めています。不動産が思ったよりも小さいと感じましたが、よくよく考えてみると、本当の資産家は自分が所有する会社(財産保全会社など)を使って不動産も取得するでしょうから、有価証券が大きくなるのは当然ということなのでしょう。

また、国税局別にみると件数ベースで約68%、金額ベースで約84%と東京局が圧倒的な割合を占めています。東京局の次に大きいのは、件数ベースで約12%、金額ベースで約7%の大阪局で、さらに名古屋局が件数ベースで約8%、金額ベースで約4%と続きます。

国外財産調書を提出した人は、当然国内にも財産を有しているでしょうから、5539人の国内外の全財産というとさらに大きな金額になるはずです。

あるところにはあるのですね・・・

日々成長

関連記事

  1. 役員退職給与の算定方法は平均功績倍率が最も合理的

  2. 税制改正に応じて定額法への変更は正当な理由による会計方針の変更で…

  3. 消費税(その13)-課税売上割合の算出3

  4. 過年度遡及修正と申告書の添付書類

  5. 東日本大震災からの復興及びB型肝炎対策の財源確保のために行う税制…

  6. 生命保険料控除が来年から変更になるって知ってますか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,713,739 アクセス
ページ上部へ戻る