閉じる
閉じる
閉じる
  1. 非財務情報開示強化に向けた動向
  2. 監査法人ハイビスカスに対する行政処分等を勧告
  3. 借入暗号資産の時価評価による評価損計上は可能?
  4. 賃上げ税制、宣言未達成でも適用の適否に影響なし
  5. 四半期報告書が廃止されても中間監査の復活はないようです
  6. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?
  7. メール送信する請求書ドラフトは電帳法対象外を応用すると…
  8. 四半期開示は結局どうなる?
  9. 取締役会議事録に記載しなければならない事項
  10. 意見不表明は極めて例外的な状況のみに許容される
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

新入社員の意識調査-2014年度

労政時報3871号に2014年度新入社員の主要5調査の結果が掲載されていました。

ここで取り上げられていたのは以下の五つの調査結果です。

  1. 「働くことの意識」調査(日本生産性本部、日本経済青年協議会)
  2. 春の意識調査(日本生産性本部)
  3. 会社や社会に対する意識調査(日本能率協会)
  4. 新入社員の会社生活調査(産業能率大学)
  5. 新入社員意識調査(リクルートマネジメントソリューションズ)

まず、興味深かったのは上記2の調査で、「海外勤務のチャンスがあれば、応じたい」とする回答は50.1%で、2011年の設問開始以来過去最低となったとのことです。最近の若者は内向き志向だと言われているので、もっと低い割合なのかと思っていましたが、2011年以降最低といっても半数は海外勤務OKと回答するようです。

なお、上記3の調査結果によると、「海外赴任してみたいと思うか」という質問に対して「してみたい」は40.9%、「したくない」が57.7%となっています。さらに、上記5の調査では、Yes、Noではなく、5段階(ぜひ働きたい、働きたい、どちらともいえない、働きたくない、絶対に働きたくない)の回答で「海外で働きたいか」という質問した結果、「働きたくない」と「絶対に働きたくない」は合計で39.8%であり、「どちらともいえない」が30.5%となっています。

個人的には最後の結果が実態に近いのではないかと思います。「どちらともいえない」は、いいかえると、場所によるということなのではないでしょうか。確かに、アメリカの主要都市やヨーロッパの主要都市なら行きたいというような人は多いのかもしれません。

次に、上記4の「最終的に目標とする役職・地位」の調査結果も興味深いものでした。最終目標とする役職・地位で「社長」と答えたのは9%で、調査を開始した1990年度以来最低となったとのことです。一方で、「終身雇用制度を望む割合」は76.3%で過去最高となっています。なお、地位・役職では「地位には関心がない」が41.5%と最も大きいのですが、それを除くと「部長クラス」が21.1%と最も高くなっています。

社長としての責任を負うのが嫌なのか、部長位が現実的な目標と考えるのかは定かではありませんが、上記5の「管理職にどれくらいなりたいか」という質問に対して否定的な回答をした割合が25.6%(どちらでもいえない29.5%)であったことからすると、現実的な目標として「部長クラス」と回答する割合が高くなっているということなのではないかと思います。

次に、上記1の「会社を選ぶとき、どういう要因を最も重視しましたか」という質問に対して「福利厚生施設が充実している」という回答が10%となっていました。1990年から5年刻みおよび昨年は1%~2%であったのに対して、2014年度の回答割合は異常な結果となっています。過去の推移からすると、かなり異常ですが、なんらかの傾向の変化なのか、偶然なのか来年の調査結果に注目です。

最後に、「上司からSNSで友達申請があったらどう思うか」という質問に対して、「うれしい」または「どちらかといえばうれしい」と回答したのは全体の55%であったそうです。男女別にみると、男性の方が肯定的な意見をもっているという結果となっています。

ただし、「嫌だ」と回答している人も14%いるので、上司のみなさんは注意しましょう。

日々成長

関連記事

  1. 労働者派遣法の改正に伴う派遣制限期間の見直し(その1)

  2. 社会保険等で引き続き押印が必要な手続きは何?

  3. 育児休業給付と介護休業給付の最高限度額も引き上げられます

  4. 帰宅困難時のタクシー代を会社に請求できるか?

  5. 2015年度の初任給水準調査-労務行政研究所調べ

  6. 宴会への参加に関する労働法上の取扱い




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,990,161 アクセス
ページ上部へ戻る