閉じる
閉じる
閉じる
  1. 「資本剰余金」を減資とする配当をきちんと伝達されずに面倒なことになった…
  2. 14期連続でGC注記を記載している会社の注記推移を確認してみた
  3. 大企業経理マンでも見落としがちな消費税項目③ーリバースチャージ
  4. IFRS適用会社(予定含む)が225社に
  5. 労働基準法の管理監督者性はやはり厳しいと感じた判例ー日産自動車事件
  6. 国内外数社の代表を務める納税者を居住者であると判断した課税当局が全面敗…
  7. 敷金の額を上回るため簡便法から原則法へ変更した事例(資産除去債務)
  8. 「消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)」等が改訂されました…
  9. 電子帳簿保存法・スキャナ保存の承認申請書が一部簡素化
  10. 非上場会社において訴訟で総会決議取消となった理由(2例)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

2014年上期のIPO社数は26社

2014年上期(1月~6月)のIPO社数は26社(前年同期6社増加)となりました。

2011年から2014年の上期のIPO社数の推移は以下のようになっています。
2014-08-01_1

全体数でみると2011年から2014年に向けて右肩上がりとなっていますが、マザーズ・ジャスダックに注目すると、2012年上期16社、2013年上期14社、2014年上期17社とそれほど大きな変動はありません。
上記の「その他」には東証1部・2部などが含まれており、東証1部・2部合計社数は2012年0社、2013年6社、2014年8社という結果になっています。

2014年上期IPO会社の業種を確認してみると、情報通信業とサービス業がそれぞれ5社となっており、電気機器、小売、化学がそれぞれ3社と続いています。

監査法人別にみると、トーマツとあずさがそれぞれ9社で、新日本が6社と続いています。特徴的なのは、新日本6社のうち、4社は東証1部・2部でのこり2社がマザーズとなっている点です。その結果、マザーズ・ジャスダックの残り15社のうち13社をトーマツとあずさで分け合っています。

次に主幹事証券を確認すると、野村証券が9社とSMBC日興とみずほ証券の4社を大きくリードしています。さすが野村証券といったところでしょうか。

最後に資金調達額でみると6月にマザーズに上場したレアジョブが、目論見書によると想定資金調達額108百万円で最小の案件となっているようです。

日々成長

関連記事

  1. 6月上場の最初の承認会社はなんとなく不思議な感じがする会社

  2. 従業員持株会(その2)-従業員持株会の形態

  3. マザーズ上場時の監査報酬相場-法人別の報酬の傾向は?

  4. 2016年最初のIPO「(株)はてな」の人件費増加予想が気になり…

  5. マザーズ市場上場後10年経過するとどうなる?

  6. 新規上場予定情報が証券印刷から情報漏洩したらしい-FACTA20…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,425,328 アクセス
ページ上部へ戻る