閉じる
閉じる
閉じる
  1. 届出漏れが原因で不支給となっていた手当は遡及して支払う必要があるか?
  2. KAMの個数は1個が7割超-経営財務誌調べ
  3. 短期前払費用特例適用の留意点
  4. 会計監査人の異動は209件-2021年度モニタリングレポート
  5. 執行役員から社長選出の定款変更が否決された株主総会事例
  6. 電子取引制度、保存要件未充足で青色申告取消になる?
  7. 2021年3月期有報、KAMなしは119社
  8. 社会保険等で引き続き押印が必要な手続きは何?
  9. 2020年4月~2021年6月に61社が減資関連の適時開示を実施
  10. 電子取引制度-Excel台帳でも検索要件を満たせるようです
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

2014年上期のIPO社数は26社

2014年上期(1月~6月)のIPO社数は26社(前年同期6社増加)となりました。

2011年から2014年の上期のIPO社数の推移は以下のようになっています。
2014-08-01_1

全体数でみると2011年から2014年に向けて右肩上がりとなっていますが、マザーズ・ジャスダックに注目すると、2012年上期16社、2013年上期14社、2014年上期17社とそれほど大きな変動はありません。
上記の「その他」には東証1部・2部などが含まれており、東証1部・2部合計社数は2012年0社、2013年6社、2014年8社という結果になっています。

2014年上期IPO会社の業種を確認してみると、情報通信業とサービス業がそれぞれ5社となっており、電気機器、小売、化学がそれぞれ3社と続いています。

監査法人別にみると、トーマツとあずさがそれぞれ9社で、新日本が6社と続いています。特徴的なのは、新日本6社のうち、4社は東証1部・2部でのこり2社がマザーズとなっている点です。その結果、マザーズ・ジャスダックの残り15社のうち13社をトーマツとあずさで分け合っています。

次に主幹事証券を確認すると、野村証券が9社とSMBC日興とみずほ証券の4社を大きくリードしています。さすが野村証券といったところでしょうか。

最後に資金調達額でみると6月にマザーズに上場したレアジョブが、目論見書によると想定資金調達額108百万円で最小の案件となっているようです。

日々成長

関連記事

  1. マザーズ上場時の監査報酬相場-法人別の報酬の傾向は?

  2. 2017年上期のIPOは41社-監査法人別の内訳は?

  3. 2013年上期IPOは20社

  4. 2017年IPOは96社(続編)

  5. 新規上場予定情報が証券印刷から情報漏洩したらしい-FACTA20…

  6. ウイングアーク1st(株)が2年連続で上場申請を取消

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,295,132 アクセス
ページ上部へ戻る