閉じる
閉じる
閉じる
  1. 非財務情報開示強化に向けた動向
  2. 監査法人ハイビスカスに対する行政処分等を勧告
  3. 借入暗号資産の時価評価による評価損計上は可能?
  4. 賃上げ税制、宣言未達成でも適用の適否に影響なし
  5. 四半期報告書が廃止されても中間監査の復活はないようです
  6. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?
  7. メール送信する請求書ドラフトは電帳法対象外を応用すると…
  8. 四半期開示は結局どうなる?
  9. 取締役会議事録に記載しなければならない事項
  10. 意見不表明は極めて例外的な状況のみに許容される
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

改正会社法(その1)-指名委員会等設置会社等

そんなことも知らないの?と言われないために、今回から何回かに分けて改正会社法の内容を確認していこうと思います。

参考にさせてもらうのは「ここが変わった!改正会社法の要点がわかる本(長嶋・大野・常松法律事務所 三原秀哲著)」です。わかりやすく読みやすいので、おすすめです。

1.改正の方向性

今回の会社法改正は、法務省法制審議会第162回会議(平成22年2月24日開催)で、会社法改正を念頭においた諮問に端を発しています。

当該諮問は、「企業統治のあり方」(コーポレートガバナンス)と「親子会社に関する規律」の2つの見直しを中心としつつ、その他必要な事項があれば見直しを行うという内容となっています。

したががって、方向性というと大袈裟ですが、大雑把にどんな改正が行われているかを理解するとすれば、今回の会社法改正は社外取締役などコーポレートガバナンスに関する部分の改正と親会社が重要な子会社の株式を譲渡する場合の手続きなど親子会社に関する事項の改正ということになります。

2.改正会社法の施行日は?

改正会社法は平成26年6月20日に国会で可決・成立しており、6月27日に公布されています。施行日については、改正会社法の公布日から起算して1年6か月を超えない範囲内において政令で定める日とされており、現時点では未定です。

しかしながら、平成27年4月1日または5月1日が施行日となる可能性が高いと言われています。

3.委員会設置会社が指名委員会等設置会社へ

現行会社法における「委員会設置会社」の名称が「指名委員会等設置会社」(改正会社法2条12号)に変更されます。

これは単なる名称の変更です。このような変更が行われたのは、改正会社法において、新たに「監査等委員会設置会社」という制度が設けられ、「監査等委員会」という新たな委員会ものが設けられたことによるものです。

つまり、改正会社法では、単に委員会というと、指名委員会、監査委員会、報酬委員会、監査等委員会の四つとなってしまうため、従来の三つの委員会(指名委員会、監査委員会、報酬委員会)を「指名委員会等」と定義しなおし、従来の委員会設置会社を「指名委員会等設置会社」に名称変更しました。

なお、何故「指名委員会等」なのかですが、「順序として指名委員会3つの委員会の最初に並んでいるということの他、この3つの委員会のうち指名委員会が重要な権限のある委員会であるため」(「ここが変わった!改正会社法の要点がわかる本」(長嶋・大野・常松法律事務所 三原秀哲著)とのことです。

では、「監査等委員会」とはどのような仕組みかですが、これは次回以降とします。

日々成長

関連記事

  1. 3月決算の単体計算書類で「企業結合に関する会計基準」の適用開始に…

  2. 当初総会でも前事業年度の配当可能限度額内であれば配当決議可(継続…

  3. 監査役へのストックオプション付与の可否

  4. 社外取締役を義務化って本当に意味あるのでしょうか?

  5. 改正会社法はクローバック条項導入社数を増加させるか?

  6. 事業報告に親会社等との取引に関する事項の記載はすべての会社で必要…




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,981,474 アクセス
ページ上部へ戻る