閉じる
閉じる
閉じる
  1. 非財務情報開示強化に向けた動向
  2. 監査法人ハイビスカスに対する行政処分等を勧告
  3. 借入暗号資産の時価評価による評価損計上は可能?
  4. 賃上げ税制、宣言未達成でも適用の適否に影響なし
  5. 四半期報告書が廃止されても中間監査の復活はないようです
  6. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?
  7. メール送信する請求書ドラフトは電帳法対象外を応用すると…
  8. 四半期開示は結局どうなる?
  9. 取締役会議事録に記載しなければならない事項
  10. 意見不表明は極めて例外的な状況のみに許容される
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

改正退職給付会計基準-9割強が給付算定を選択

以前”期間定額基準を採用する会社は思った以上に少数派?-改正退職給付基準”というエントリで、経営財務が行った平成26年3月期に改正退職給付会計基準を早期適用した会社の調査結果について書きましたが、続報として平成27年3月期第1四半期の調査結果が経営財務3180号に記載されていました。

結論からすると、「期間帰属方法に関する記載があった会社(1,402社)のうち97.1%が「給付算定式基準」を選択している」とのことです。

「会計方針の変更」に改正退職給付会計基準の適用に関する事項を記載している上場会社(日本基準採用)1,639社のうち、退職給付見込額の期間帰属方法の具体的な内容を記載していたのが1,402社であったとされています。このうち、「期間定額基準」を適用したのは、わずか40社とのことです。

具体的な記載がなされていない会社が約240社存在するため、期間定額基準を採用している会社の実数は40社以上となるとしつつも、経営財務が事前に行っアンケート結果でも9割超が給付算定式基準を採用すると回答していたことと、今回の調査結果は整合しているとしています。

給付算定式基準を採用した理由として紹介されていのは、将来的なIFRSの導入が主なものとなっています。

今回給付算定式基準を選択した会社にとっては、もう済んだ話ですが、現状簡便法で処理できているようなケースやIPOを考えているようなケースでは今後も関係すると思いますので、全体的な傾向は認識していたほうがよさそうです。

日々成長

関連記事

  1. 「退職給付に関する会計基準(企業会計基準第26号)」の公表(その…

  2. 改正退職給付基準対応-計算が間に合わないリスクも

  3. 簡便法で退職給付引当金を計上している会社が制度の一部を確定拠出年…

  4. 有価証券報告書作成の留意点(平成27年3月期)-その2

  5. 期間定額基準を採用する会社は思った以上に少数派?-改正退職給付基…

  6. 改正退職給付会計基準、割引率は単一加重平均が約9割




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,981,483 アクセス
ページ上部へ戻る