閉じる
閉じる
閉じる
  1. ムゲンエステート、消費税をめぐる裁判で上告を断念
  2. 研究開発税制の自社利用ソフトへの適用拡大
  3. 2021年2月期の小売業・サービス業のコロナ影響収束見込
  4. 公益財団法人への自己株の低額割当が散見される?
  5. 2021年3月期有価証券報告書、金融庁レビューの重点テーマ審査は?
  6. 在宅勤務時の残業食事代の課税関係
  7. 名義変更保険の節税が不可能になるようです
  8. ワーケーション旅費の税務上の取扱い
  9. 2020年12月期KAMの早期適用は8社
  10. 2021年3月期における法人税の誤りやすいポイントとは?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

改正退職給付会計基準-9割強が給付算定を選択

以前”期間定額基準を採用する会社は思った以上に少数派?-改正退職給付基準”というエントリで、経営財務が行った平成26年3月期に改正退職給付会計基準を早期適用した会社の調査結果について書きましたが、続報として平成27年3月期第1四半期の調査結果が経営財務3180号に記載されていました。

結論からすると、「期間帰属方法に関する記載があった会社(1,402社)のうち97.1%が「給付算定式基準」を選択している」とのことです。

「会計方針の変更」に改正退職給付会計基準の適用に関する事項を記載している上場会社(日本基準採用)1,639社のうち、退職給付見込額の期間帰属方法の具体的な内容を記載していたのが1,402社であったとされています。このうち、「期間定額基準」を適用したのは、わずか40社とのことです。

具体的な記載がなされていない会社が約240社存在するため、期間定額基準を採用している会社の実数は40社以上となるとしつつも、経営財務が事前に行っアンケート結果でも9割超が給付算定式基準を採用すると回答していたことと、今回の調査結果は整合しているとしています。

給付算定式基準を採用した理由として紹介されていのは、将来的なIFRSの導入が主なものとなっています。

今回給付算定式基準を選択した会社にとっては、もう済んだ話ですが、現状簡便法で処理できているようなケースやIPOを考えているようなケースでは今後も関係すると思いますので、全体的な傾向は認識していたほうがよさそうです。

日々成長

関連記事

  1. マイナス金利下の退職給付債務の割引率は3月以降も延長されるようで…

  2. 期間定額基準を採用する会社は思った以上に少数派?-改正退職給付基…

  3. 年金資産の内訳作成時の留意事項(金融庁より)

  4. マイナス金利と退職給付債務の割引率

  5. 改正退職給付基準対応-計算が間に合わないリスクも

  6. この会社の退職給付債務が1兆円超!!

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,964,292 アクセス
ページ上部へ戻る