閉じる
閉じる
閉じる
  1. 届出漏れが原因で不支給となっていた手当は遡及して支払う必要があるか?
  2. KAMの個数は1個が7割超-経営財務誌調べ
  3. 短期前払費用特例適用の留意点
  4. 会計監査人の異動は209件-2021年度モニタリングレポート
  5. 執行役員から社長選出の定款変更が否決された株主総会事例
  6. 電子取引制度、保存要件未充足で青色申告取消になる?
  7. 2021年3月期有報、KAMなしは119社
  8. 社会保険等で引き続き押印が必要な手続きは何?
  9. 2020年4月~2021年6月に61社が減資関連の適時開示を実施
  10. 電子取引制度-Excel台帳でも検索要件を満たせるようです
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

会社内のサークル活動への助成金の取扱い

社内の親睦等を目的として組織されているサークル活動に会社から一定金額を助成する場合の税務上の取り扱いについてです。

この点に関連すると考えられるものとして、所得税基本通達36-30があります。

(課税しない経済的利益……使用者が負担するレクリエーションの費用)

36-30 使用者が役員又は使用人のレクリエーションのために社会通念上一般的に行われていると認められる会食、旅行、演芸会、運動会等の行事の費用を負担することにより、これらの行事に参加した役員又は使用人が受ける経済的利益については、使用者が、当該行事に参加しなかった役員又は使用人(使用者の業務の必要に基づき参加できなかった者を除く。)に対しその参加に代えて金銭を支給する場合又は役員だけを対象として当該行事の費用を負担する場合を除き、課税しなくて差し支えない。

(注)上記の行事に参加しなかった者(使用者の業務の必要に基づき参加できなかった者を含む。)に支給する金銭については、給与等として課税することに留意する。

サークル活動に対する会社からの補助は経済的利益であることは間違いありませんので、上記の通達を参考にすると、当該サークルが特定の人(役員)のみを対象としたものではなく、参加したい従業員であれば誰でも参加できる状態にあること、およびサークルに参加しない人には別途手当が支給されるようなことがないことが必要だと考えられます。

また、会社から行われる補助も社会通念上妥当であると認められる範囲であることが必要であると考えられます。

では、社会通念上妥当な範囲はいくらなのかですが、経団連労働法制本部が公表している「福利厚生費の実態(2012年度)」によると、企業が従業員1人あたり1か月に負担した福利厚生費(法定福利費を含む)は10万4243円で、このうち「文化・体育・レクリエーション」分は2,091円(施設・運営993円、活動補助1,098円)となっています。

活動補助部分だけで考えても1か月約1000円ですので、年間12,000円程度であれば、特に問題となるレベルではないと考えてよいのではないかと思います。

また、補助費がどのように使用されているかをきちんと記録しておくこと、目的外に使用されていないことなども必要だと考えられます。

日々成長

関連記事

  1. 在宅勤務時の残業食事代の課税関係

  2. 早朝出勤時に支給される朝食の課税関係

  3. 海外出向者に対して交差補填金として支給される留守宅手当と源泉徴収…

  4. 未払残業の和解解決金は課税対象か?

  5. 2020年年末調整に関係する改正事項

  6. ゴルフ会員権の譲渡損が損益通算廃止の方向へ

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,295,132 アクセス
ページ上部へ戻る