閉じる
閉じる
閉じる
  1. 岸田氏は四半期決算撤廃派?
  2. 株式交付制度(その2)-疑問点の確認
  3. 採用内定後のバックグラウンド調査と内定の取消-ドリームエクスチェンジ事…
  4. 株式交付制度(その1)-制度概要など
  5. 株式対価M&A投資促進税制-令和3年度税制改正
  6. 役員報酬が総会決議枠を超えるミスが散見されたそうです。
  7. プライム市場への生き残りをかけた増配?-明和産業
  8. 東京地裁が示した監査法人脱退時の持分払戻額の算定方法とは?
  9. CPE不正受講、2法人93名処分で終了
  10. 2020年4月期~2021年3月期のGC注記、全体件数横ばいもコロナ関…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

東証決算短信の記載要領が改正(2014年11月)-会計基準選択の考え方の記載が必須に!

2014年11月12日に東証は「決算短信・四半期決算短信 作成要領等」の改正版を公表しました。

今回の改正により、「一律に記載を要請している事項」に『(e)「会計基準の選択に関する基本的な考え方」 』が追加されました。

具体的には以下のように記載されています。

・会計基準の選択に関する基本的な考え方を記載してください。
・例えば、IFRSの適用を検討しているか(その検討状況、適用予定時期)などを記載することが考えられます。

これは、「6月に閣議決定された「『日本再興戦略』改訂2014」を踏まえた措置」(経営財務3188号)とのことですので、「例えば」とありますが、これがすべてでしょう。

IFRSの任意適用を考えていない場合には、素直にその旨を書くのか、パフォーマンスであっても将来的にIFRSの適用を検討していると書くことになるのかは今後の動向に注目です。

なお、当該改訂版の記載要領の適用開始は平成27年3月31日以後終了する通期決算に係る決算短信からとされていますが、早期適用も可能とのことです。したがって、12月決算会社の中には新要領に基づいて短信を作成してくる会社もあることが予想されます。

日々成長

関連記事

  1. 平成29年3月期有価証券報告書作成上の注意点

  2. 上場時には社外役員の報酬は取締役と監査役に区分して記載が必要?

  3. 東証-総会3週間前より前に招集通知等を電磁的方法により提供する努…

  4. 平成26年度有報の虚偽記載等による課徴金命令は7件

  5. 適時?開示-開示を失念していていただけかもしれません・・・

  6. 1Q・3Qで「当社業績に関する一部報道について」をリリースしたモ…

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,420,352 アクセス
ページ上部へ戻る