閉じる
閉じる
閉じる
  1. 在外子会社の使用権資産のBS表示科目
  2. GoToEatキャンペーンを企業が接待で使用した場合の判定基準は?
  3. 少額な電車代・バス代も「報酬・料金」に該当すれば源泉対象
  4. カフェテリアプランに財形メニューがあっても換金性あるとはいえず
  5. 監査基準の改訂「その他の記載内容」につき監査人の手続を明確化
  6. 株主総会で限度額が決議され、取締役会で一任決議あれば、代表取締役社長に…
  7. テレワーク導入費用の課税関係
  8. 法人に係る消費税の申告期限の特例-改正法の適用時期および適用手続
  9. アズ企画設計が審査請求棄却を不服として東京地裁に更正処分取消を提訴
  10. GoToトラベル-地域共通クーポン利用も全額が課税仕入
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

東証決算短信の記載要領が改正(2014年11月)-会計基準選択の考え方の記載が必須に!

2014年11月12日に東証は「決算短信・四半期決算短信 作成要領等」の改正版を公表しました。

今回の改正により、「一律に記載を要請している事項」に『(e)「会計基準の選択に関する基本的な考え方」 』が追加されました。

具体的には以下のように記載されています。

・会計基準の選択に関する基本的な考え方を記載してください。
・例えば、IFRSの適用を検討しているか(その検討状況、適用予定時期)などを記載することが考えられます。

これは、「6月に閣議決定された「『日本再興戦略』改訂2014」を踏まえた措置」(経営財務3188号)とのことですので、「例えば」とありますが、これがすべてでしょう。

IFRSの任意適用を考えていない場合には、素直にその旨を書くのか、パフォーマンスであっても将来的にIFRSの適用を検討していると書くことになるのかは今後の動向に注目です。

なお、当該改訂版の記載要領の適用開始は平成27年3月31日以後終了する通期決算に係る決算短信からとされていますが、早期適用も可能とのことです。したがって、12月決算会社の中には新要領に基づいて短信を作成してくる会社もあることが予想されます。

日々成長

関連記事

  1. エナリスは調査委員会の調査結果報告を何故公表しないのだろう?

  2. IFRS適用の国内子会社も実務対応報告18号の対象に

  3. 2年目からの単体開示簡素化で表示方法の変更の記載省略(漏れ?)は…

  4. 平成30年3月期の有価証券報告書作成に係る主な改正点(その2)

  5. 4月(四半期)決算会社の平成28年度税制改正による減価償却方法の…

  6. 米国の会計監査人在任期間100年超が3社

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,247,095 アクセス

ページ上部へ戻る