閉じる
閉じる
閉じる
  1. 清流監査法人に対し行政処分を勧告
  2. 収益認識会計基準ー28社が早期適用【経営財務誌調べ】
  3. 三菱ケミカルホールディングスが任意でKAMの報告を受領
  4. 19年3月期決算短信、2Q予想開示取りやめが2.9ポイント増加
  5. 不動産鑑定士の鑑定評価額、相続税法上の時価と認められず
  6. 一定の短期払のがん保険も資産計上対象に
  7. 日本税理士会連合会が給与所得控除削減を求める
  8. 労働基準法上、賃金の一部または全部を外貨で支払うことは可能か?
  9. 東京都令和元年10月1日以後の外形標準課税の超過税率が決定
  10. 公認会計士等の実質的異動理由を10個例示・・・企業内容等ガイドライン
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

東証決算短信の記載要領が改正(2014年11月)-会計基準選択の考え方の記載が必須に!

2014年11月12日に東証は「決算短信・四半期決算短信 作成要領等」の改正版を公表しました。

今回の改正により、「一律に記載を要請している事項」に『(e)「会計基準の選択に関する基本的な考え方」 』が追加されました。

具体的には以下のように記載されています。

・会計基準の選択に関する基本的な考え方を記載してください。
・例えば、IFRSの適用を検討しているか(その検討状況、適用予定時期)などを記載することが考えられます。

これは、「6月に閣議決定された「『日本再興戦略』改訂2014」を踏まえた措置」(経営財務3188号)とのことですので、「例えば」とありますが、これがすべてでしょう。

IFRSの任意適用を考えていない場合には、素直にその旨を書くのか、パフォーマンスであっても将来的にIFRSの適用を検討していると書くことになるのかは今後の動向に注目です。

なお、当該改訂版の記載要領の適用開始は平成27年3月31日以後終了する通期決算に係る決算短信からとされていますが、早期適用も可能とのことです。したがって、12月決算会社の中には新要領に基づいて短信を作成してくる会社もあることが予想されます。

日々成長

関連記事

  1. 上場企業の約4%が不正関連で適時開示を行っている?

  2. エナリスが監理銘柄(審査中)に指定されたそうですが・・・

  3. 不適正開示の発生傾向

  4. 有価証券報告書等の提出遅延による上場廃止は過去五年で4社だそうで…

  5. 気がつけば監査法人が変わっていたタマホーム

  6. コーポレートガバナンスコードとは?-(その1)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,275,814 アクセス
ページ上部へ戻る