閉じる
閉じる
閉じる
  1. 少額短期保険は生命保険料控除の対象外はなぜ?
  2. 研究開発費(試験研究費)税制における人件費の専ら要件
  3. 雇用調整助成金を独立掲記する場合の表示区分は何が主流?
  4. 東証1部上場会社の議決権行使書面の行使期限を巡る判決
  5. 短期前払費用の特例における継続要件の留意点
  6. 決算期変更で1年超の会計期間となった場合の対応
  7. 3月決算会社(2021年)の総会前有報提出は27社
  8. 東証一部上場会社の約3割がESG、SDGs等を有報で開示
  9. 株式交付(その3)-手続概要
  10. 電子データと紙の両方で受領した請求書等の保存の取り扱いはどうなる?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

外形標準課税の所得割比率の見直し-激変緩和で税効果は面倒になりそうです

平成27年度税制改正では、法人の課税ベース拡大の一環として外形標準課税が強化される方向で検討が行われています。

T&A master No.573によると、取材により所得割と外形標準の比率を「1:1」とする方向であることが判明したと記載されています。

具体的には、付加価値割の税率を現在の0.48%の2倍となる0.96%に引き上げる一方で、所得割の税率を現行の7.2%から4.8%に引き下げるとされています。

当面、外形標準課税の中小法人への適用拡大は見送られるとのことですが、上記改正が実施されると、所得が小さくとも外形標準が大きい法人などは大幅な増税となることが予想されます。
そのため、激変を緩和するため2年かけて「段階的に税率が移行する仕組みが導入される模様」とされています。

納税という観点からするとこのような激変緩和措置はありがたいですが、所得割と外形標準の比率が変動することによって、税効果適用時の実効税率も変動することとなりますので、仮に2年で段階的に税率が変更されることとなると、一時差異が解消する年度によって複数の税率を適用して算出しなければならなくなるため会計処理的には面倒になりそうです。

復興特別法人税が前倒しで終了して落ち着いたと思いましたが、再び複数税率で検討が必要になる日が近そうです。

関連記事

  1. 接待交際の50%損金算入の延長は要望されず

  2. 連結納税の税効果(その1)

  3. DESを巡る税賠訴訟、高裁でも税理士法人に3億円の賠償命令

  4. 厚労省は交際費課税の延長を要望

  5. 「資本剰余金」を減資とする配当をきちんと伝達されずに面倒なことに…

  6. 消費税(その7)-個別対応方式勘定別留意点1

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,498,592 アクセス
ページ上部へ戻る