閉じる
閉じる
閉じる
  1. 書面交付請求の対象範囲が縮減される方向へ
  2. プライム市場上場会社の英文開示実施率が92.1%に上昇
  3. 有償ストックオプションの会計処理が再論点化?
  4. 会計監査人の異動は2年連続で200社超
  5. 女性活躍推進法に基づく男女別賃金格差開示が2022年7月以後終了事業年…
  6. 日本税理士連合会がインボイス制度の導入延期か運用緩和を求める
  7. 光通信株式会社と株式会社光通信
  8. 株式需給緩衝信託の会計処理
  9. 非財務情報開示強化に向けた動向
  10. 監査法人ハイビスカスに対する行政処分等を勧告
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

褒めてから叱るのと叱ってから褒めるのはどちらがよいのか?

今回はかなり古い実験ではありますが、アメリカの心理学者であるアロンロンとリンダ―が行った実験結果から考えます。

アロンソンとリンダ―はミネソタ大学の女子学生80名を対象に「好意性の返報性実験」を実施しました。「好意性の返報性実験」というと難しいですが、簡単に言えば相手に好意を示すと相手から好意評価が返ってくるのかを実験したということです。

この実験での結論は、基本的に相手に好意を示すと相手もその人に好意を示すというものですが、相手に対して抱く好意の強さは、一貫して好意を示すのか、好意を示してから非好意を示すのか等によって異なるそうです。この実験では具体的に以下の四つのパターンで実験が行われています。

1.好意→好意
2.好意→非好意
3.非好意→好意
4.非好意→非好意

さて、上の四つパターンで相手が抱く好意の強さはどうだったかですが、好意性の返報性ということからすると4.が最も低そうということになりますが、実際の実験結果は異なります。

つまり、相手からの好意が強い順にならべると、
3.非好意→好意
1.好意→好意
4.非好意→非好意
2.好意→非好意

という順になっています。

好意→非好意は非好意→非好意よりも相手からの評価が低くなるといのは覚えておくとよいのではないでしょうか。

少し前に「ツンデレ」という言葉がはやりましたが、「ツンデレ」と「デレツン」では相手に与える印象が全く異なるということなのだと考えらえます。

さて、好意=褒める、非好意=叱るだと考えると、褒めてから叱るのかよりは、叱ってから褒めるのかのいずれが相手からの反発が少ないということになりそうです。

しかしながら、面接などによるフィードバック時には、先に叱る(注意する)と相手が心理的に防御的になって注意を受け入れないので先に褒めるべき点を褒めた方がよいと言われることが一般的です。確かに、最初に注意されると身構えるというのも感覚としてよく理解できます。

好意を抱いている(評価している)人からの評価は受け入れやすいと思いますので、普段は叱ったら褒めるということを心掛けておき、フィードバック面接のような場合には、褒めておいた後で改善点を伝えるというのが効果的ということになるのではないかと思います。

日々成長

関連記事

  1. 賃金債権の消滅時効は当面3年となるようです

  2. 「障がい者」と「障害者」

  3. 申請されたら無断欠勤を有給休暇として処理しなければならないか?

  4. 交通機関による遅延証明書があっても遅刻分は無給?

  5. 新入社員の意識調査-2014年度

  6. 育児休業期間中に賞与を支給した場合の社会保険料の取扱い




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,074,898 アクセス
ページ上部へ戻る