閉じる
閉じる
閉じる
  1. ボリュームライセンス、ライセンスキー一つでも単位当たりで判定可能
  2. たな卸資産と棚卸資産
  3. 「上場有価証券の評価損に関するQ&A」は現在も有効
  4. 2020年3月に入り8社がIPO承認を取り消し
  5. 新型コロナ関連の後発事象記載事例
  6. 新型コロナウィルス対策と株主総会ー12月決算会社の事例
  7. 国外財産調書と国外財産調書、両調書提出義務ある場合は国外財が産特例のみ…
  8. 信用出資は消費税法上の出資の金額に該当するか
  9. 法人税・消費税の申告期限は延長される・されない?
  10. ウイングアーク1st(株)が2年連続で上場申請を取消
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

ソニーがサイバー攻撃を原因として第3四半期報告書提出期限を延長

ソニーは2015年1月23日に「2014 年度第 3 四半期報告書の提出期限延長に関する承認申請書提出のお知らせ」というプレスリリースを公表しました。

原因は、同社の連結子会社であり、映画事業セグメントを構成する Sony Pictures Entertainment Inc.がサイバー攻撃を受け、ネットワーク機器の破壊や大量のデータへの不正アクセスを伴う大規模なネットワーク・IT システム障害が生じましたためとされています。

実際にサイバー攻撃の被害が出たのは昨年11月で、公開中止に追い込まれたパロディ映画との関連も噂されましたが、それにしても四半期報告書の提出が遅延するほどの被害だったというのは驚きです。

ソニーピクチャーズでは、「財務・会計アプリケーションを含むビジネス活動に必要な基幹 IT アプリケーションの大部分を 2015 年 2 月上旬まで利用できない見込み」とのことです。徹底的にやられたのだとしても、世界的に著名なソニーの系列会社で、万一の事態の場合の復旧にこれほど時間を要するというのは意外です。

承認後の提出期限は2015年3月31日で、「2 月上旬に復旧したとしても、2 ヶ月にも渡るシステム停止期間中に入力できなかった経理処理やデータの整合性の確認に要する時間」が必要なためとのことです。

このサイバー攻撃の犯人が誰なのかは特定されていないようですが、このような事象が発生している以上、サイバー攻撃対策にも今以上に注意していく必要があるということでしょう。

日々成長

関連記事

  1. 単体開示の簡素化(最終回)-平成26年3月期より

  2. 株式報酬に係る開示規制の改正-2019年7月1日より施行済み

  3. 東証本則市場の社外取締役2名以上選任は約6割も増加が見込まれます…

  4. エナリスの監理銘柄の指定が解除されないのは何故だろう?

  5. 計算書類における会計方針の変更の注記の1株当たり情報の取扱いは?…

  6. 2019年監査人の交代が4年連続で増加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 9,524,253 アクセス
ページ上部へ戻る