閉じる
閉じる
閉じる
  1. 非財務情報開示強化に向けた動向
  2. 監査法人ハイビスカスに対する行政処分等を勧告
  3. 借入暗号資産の時価評価による評価損計上は可能?
  4. 賃上げ税制、宣言未達成でも適用の適否に影響なし
  5. 四半期報告書が廃止されても中間監査の復活はないようです
  6. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?
  7. メール送信する請求書ドラフトは電帳法対象外を応用すると…
  8. 四半期開示は結局どうなる?
  9. 取締役会議事録に記載しなければならない事項
  10. 意見不表明は極めて例外的な状況のみに許容される
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

ソニーがサイバー攻撃を原因として第3四半期報告書提出期限を延長

ソニーは2015年1月23日に「2014 年度第 3 四半期報告書の提出期限延長に関する承認申請書提出のお知らせ」というプレスリリースを公表しました。

原因は、同社の連結子会社であり、映画事業セグメントを構成する Sony Pictures Entertainment Inc.がサイバー攻撃を受け、ネットワーク機器の破壊や大量のデータへの不正アクセスを伴う大規模なネットワーク・IT システム障害が生じましたためとされています。

実際にサイバー攻撃の被害が出たのは昨年11月で、公開中止に追い込まれたパロディ映画との関連も噂されましたが、それにしても四半期報告書の提出が遅延するほどの被害だったというのは驚きです。

ソニーピクチャーズでは、「財務・会計アプリケーションを含むビジネス活動に必要な基幹 IT アプリケーションの大部分を 2015 年 2 月上旬まで利用できない見込み」とのことです。徹底的にやられたのだとしても、世界的に著名なソニーの系列会社で、万一の事態の場合の復旧にこれほど時間を要するというのは意外です。

承認後の提出期限は2015年3月31日で、「2 月上旬に復旧したとしても、2 ヶ月にも渡るシステム停止期間中に入力できなかった経理処理やデータの整合性の確認に要する時間」が必要なためとのことです。

このサイバー攻撃の犯人が誰なのかは特定されていないようですが、このような事象が発生している以上、サイバー攻撃対策にも今以上に注意していく必要があるということでしょう。

日々成長

関連記事

  1. 事業所税の確認(その2)

  2. 3月決算会社の1Qで売上が増加した2業種とは?

  3. 計上区分の変更の取扱い-第1四半期報告書より

  4. 不適正開示の発生傾向

  5. 計算書類の追加情報は強制or任意?-期末日満期手形は開示が必要か…

  6. 平成26年3月期からの単体開示簡素化に向けて財規の改正案が公表さ…




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,990,136 アクセス
ページ上部へ戻る