閉じる
閉じる
閉じる
  1. 非財務情報開示強化に向けた動向
  2. 監査法人ハイビスカスに対する行政処分等を勧告
  3. 借入暗号資産の時価評価による評価損計上は可能?
  4. 賃上げ税制、宣言未達成でも適用の適否に影響なし
  5. 四半期報告書が廃止されても中間監査の復活はないようです
  6. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?
  7. メール送信する請求書ドラフトは電帳法対象外を応用すると…
  8. 四半期開示は結局どうなる?
  9. 取締役会議事録に記載しなければならない事項
  10. 意見不表明は極めて例外的な状況のみに許容される
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

平成27年度雇用保険料率は前年据え置きに

「12月完全失業率は3.4% 17年4カ月ぶり低水準 雇用者数は過去最高」という記事が今朝日経新聞のWeb版に掲載されていましたが、平成27年度の雇用保険料率は平成26年度の料率が据え置かれることとなりました。

これは、2015年1月23日に厚生労働省の労働政策審議会が「労働保険の保険料の徴収等に関する法律の規定に基づき雇用保険率を変更する告示案要綱」を妥当と認め厚生労働大臣に答申したことを受けてのものです。

その結果、現状と変わりませんが、平成27年度の雇用保険料率は以下のとおりとなります。
2015-01-30_1

一方で、労災保険については料率が引き下げられる方向で検討されているようです。

とはいえ、雇用される側の立場からすると、事業者負担の労災保険料が引き下げられるよりも、労働者負担分が存在する雇用保険料率が引き下げられた方がうれしかったりします。

失業したときに給付が受けられないのも困るので、雇用保険は必要だと思いますが、失業率がこの水準で推移すれば来年度は雇用保険料が引き下げられるかもしれません。

日々成長

関連記事

  1. パート・アルバイトが社会保険への加入を希望したら?

  2. 監査法人の最大の経営課題は労基署対応?

  3. 就業規則で副業は禁止できる?-禁止されている副業が発覚したら・・…

  4. 2015年度新入社員の意識調査

  5. いったいいくらもらえるの-遺族年金(その3)

  6. 社外役員の報酬はどれくらい(2017年)




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,990,170 アクセス
ページ上部へ戻る