閉じる
閉じる
閉じる
  1. 重要な会計上の見積り開示項目-連結では平均1.7個
  2. 内部統制報告制度強化等は先送り
  3. 自宅兼事務所に必要経費、合理的であれば在宅勤務FAQの方法も可
  4. 電子取引データ保存、紙でも受領する場合の取扱いが明確に
  5. 「四半期開示」はどこに落ち着く?
  6. 電子取引データ保存・・・メールデータは範囲検索できなくてもよいらしい
  7. 株主総会資料の電子提供制度に対応する定款変更はいつ実施?
  8. インボイス制度導入により売手負担の振込手数料処理が煩雑になるらしい
  9. RSは退職給与として損金算入が認められない
  10. 育児・介護休業法改正-2022年4月施行
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

子会社への貸付金に為替予約を付した場合の連結処理は?

今回は親会社が海外子会社に対して有する外貨建の貸付金に為替予約を付した場合の連結上の処理についてです。

親子間の債権債務が相殺消去されることにより、親会社が有する海外子会社に対する外貨建貸付金は連結上なくなり、結果として為替予約のみが残ることになります。

したがって、基本的な考え方としては、連結上は為替予約を時価評価すればよいということになります。

とはいえ、親会社が子会社への外貨建貸付金の為替予約について振当処理を採用している場合、若干処理が複雑になります。

簡単な例で考えてみます。

X1年1月1日に親会社が子会社に対して100万ドル(現地通貨)を貸し付けるとともに、金融機関と同額の為替予約契約を締結した。為替レートは以下のとおりとし、便宜上税効果は無視する。貸付金の期間は1年とする。
・取引時直物相場 1$=100円
・為替予約相場  1$=116円
・決算時為替相場 1$=125円

(貸付日)
<親会社の処理(個別)-単位:百万円>
借)貸付金 116   貸)現金預金 100
             前受収益 16

<子会社の処理(個別)-単位:万ドル>
借)現金預金 100   貸)借入金  100

(決算日-3月31日)
<親会社の処理(個別)-単位:百万円>
借)前受収益  4  貸)為替差益  4

<子会社の処理(個別)-単位:万ドル>
仕訳なし

<連結上の処理-単位:百万円>
・振り当て処理の取り消し処理
借)為替差益 4   貸)貸付金 16
  前受収益 12
  16×3ヶ月/12ヶ月=4

・貸付金の期末評価替
借)貸付金  9  貸)為替差益  9

・債権債務の相殺
借)借入金 125  貸)貸付金 125

・為替予約の時価評価(時価は△8とする)
借)為替差損 8  貸)為替予約 8

少し面倒ですが、上記のような処理が必要となります。

日々成長

関連記事

  1. リース資産の表示科目

  2. 第1四半期のCF計算書の開示状況-開示をやめたのは3社

  3. 会社更生法とはどんなもの?(その3)

  4. 公認会計士試験合格者が3年連続で増加

  5. 債務超過の子会社から他の子会社への無対価吸収分割

  6. 清流監査法人に業務改善命令




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,575,081 アクセス
ページ上部へ戻る