閉じる
閉じる
閉じる
  1. 書面交付請求の対象範囲が縮減される方向へ
  2. プライム市場上場会社の英文開示実施率が92.1%に上昇
  3. 有償ストックオプションの会計処理が再論点化?
  4. 会計監査人の異動は2年連続で200社超
  5. 女性活躍推進法に基づく男女別賃金格差開示が2022年7月以後終了事業年…
  6. 日本税理士連合会がインボイス制度の導入延期か運用緩和を求める
  7. 光通信株式会社と株式会社光通信
  8. 株式需給緩衝信託の会計処理
  9. 非財務情報開示強化に向けた動向
  10. 監査法人ハイビスカスに対する行政処分等を勧告
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

子会社への貸付金に為替予約を付した場合の連結処理は?

今回は親会社が海外子会社に対して有する外貨建の貸付金に為替予約を付した場合の連結上の処理についてです。

親子間の債権債務が相殺消去されることにより、親会社が有する海外子会社に対する外貨建貸付金は連結上なくなり、結果として為替予約のみが残ることになります。

したがって、基本的な考え方としては、連結上は為替予約を時価評価すればよいということになります。

とはいえ、親会社が子会社への外貨建貸付金の為替予約について振当処理を採用している場合、若干処理が複雑になります。

簡単な例で考えてみます。

X1年1月1日に親会社が子会社に対して100万ドル(現地通貨)を貸し付けるとともに、金融機関と同額の為替予約契約を締結した。為替レートは以下のとおりとし、便宜上税効果は無視する。貸付金の期間は1年とする。
・取引時直物相場 1$=100円
・為替予約相場  1$=116円
・決算時為替相場 1$=125円

(貸付日)
<親会社の処理(個別)-単位:百万円>
借)貸付金 116   貸)現金預金 100
             前受収益 16

<子会社の処理(個別)-単位:万ドル>
借)現金預金 100   貸)借入金  100

(決算日-3月31日)
<親会社の処理(個別)-単位:百万円>
借)前受収益  4  貸)為替差益  4

<子会社の処理(個別)-単位:万ドル>
仕訳なし

<連結上の処理-単位:百万円>
・振り当て処理の取り消し処理
借)為替差益 4   貸)貸付金 16
  前受収益 12
  16×3ヶ月/12ヶ月=4

・貸付金の期末評価替
借)貸付金  9  貸)為替差益  9

・債権債務の相殺
借)借入金 125  貸)貸付金 125

・為替予約の時価評価(時価は△8とする)
借)為替差損 8  貸)為替予約 8

少し面倒ですが、上記のような処理が必要となります。

日々成長

関連記事

  1. 復興財源確保法と平成23年度税制改正を修正した法人税法が公布され…

  2. 2012年3月期(平成24年3月期)から適用開始となる会計基準等…

  3. LIBOR公表停止になっても、ヘッジ会計は継続可能?

  4. 海外の監査水準の低下-PCAOBの調査結果

  5. IFRS適用を考慮し8社が決算期変更

  6. 予定取引の為替予約の会計処理-振当処理と繰延ヘッジの違い




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,071,895 アクセス
ページ上部へ戻る