閉じる
閉じる
閉じる
  1. 書面交付請求の対象範囲が縮減される方向へ
  2. プライム市場上場会社の英文開示実施率が92.1%に上昇
  3. 有償ストックオプションの会計処理が再論点化?
  4. 会計監査人の異動は2年連続で200社超
  5. 女性活躍推進法に基づく男女別賃金格差開示が2022年7月以後終了事業年…
  6. 日本税理士連合会がインボイス制度の導入延期か運用緩和を求める
  7. 光通信株式会社と株式会社光通信
  8. 株式需給緩衝信託の会計処理
  9. 非財務情報開示強化に向けた動向
  10. 監査法人ハイビスカスに対する行政処分等を勧告
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

平成27年度税制改正大綱(その1)-法人実効税率の引き下げ

今回は先月閣議決定された平成27年度税制改正大綱のうち法人実効税率の引き下げについて確認していきます。

法人実効税率の裏側では財源確保のため課税ベースの拡大があるので、法人実効税率の引き下げがよいことなのかは議論の分かれるところだと思いますが、政府は法人実効税率を下げる→世界から金が集まる→日本が上向くというロジックで動いているようです(本音は課税ベースの拡大にあるのかもしれませんが・・・)。

法人実効税率については、最終的には20%台を目指すとし、法人税率を平成27年4月1日以後に開始する事業年度より23.9%(現行25.5%)に改正するとしています。

加えて、大法人向けの法人事業税所得割の標準税率については、外形標準課税が拡大されるため以下のように引き下げるとされています。

平成27年度 6.0%(現行7.2%)
平成28年度 4.8%

法人税率の引き下げと法人事業税所得割の標準税率の引き下げにより、標準税率ベースの法人実効税率は以下のように低下するとされています。

平成27年度 32.11%(現行34.62%)
平成28年度 31.33%

現状東京都であれば35.64%がよくみる法定実効税率であるため34.62%という税率は見慣れない税率ですが、標準税率ベースで計算すると34.62%となります。

法人事業税の標準税率(資本金等1億円超の普通法人)の改正予定をまとめると以下のようになっています。
2015-02-26_1

上記の通り、付加価値割と資本割の税率が拡大されますので、資本金等1億円超の普通法人で業績が芳しくない会社にとっては、法人実効税率の引き下げとは裏腹に税負担が重くなることが予想されます。

税制大綱には中小企業のうり7割が赤字法人であり、一部の黒字法人に税負担が偏っている状況を踏まえ、継続して中小法人課税の検討が必要である旨が述べられていますが、平成27年度税制改正大綱では中小法人の軽減税率(所得金額のうち年800万円以下の部分の税率を15%とするもの)の適用期限を2年延長するとされています。

税制改正大綱のとおりに改正されるとまた税効果の計算やら注記やらが面倒となりそうです。

日々成長

関連記事

  1. 自己株式取得の税務

  2. 子会社から親会社の配当に対して源泉徴収が不要となる?

  3. 平成24年税制改正による退職所得課税の見直し

  4. 教育資金一括贈与の適用要件が厳格化されるそうです

  5. 税務上の「のれん」とは?(その1)

  6. 業績連動給与引当金は損金算入不可-条文読むととかえって混乱?




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,071,865 アクセス
ページ上部へ戻る