閉じる
閉じる
閉じる
  1. 消費税の増税で顧問料等に係る源泉税の取扱いが話題に?
  2. 領収書「但し書き」が空欄に「追記」はさすがにアウト
  3. 富裕層に対する追徴税額が過去最高になったそうです
  4. 即時充当によるキャッシュレスに係る消費税の仕入税額控除の処理
  5. 帳簿の提示を拒み続け約29億円を納付
  6. 有価証券報告書の訂正報告書提出が増加傾向?
  7. デロイトトーマツコンサルティングで異常な退職引き留め?
  8. 海外住宅投資の節税認めず-富裕層課税強化へ
  9. サイト中傷記事削除費用は家事関連費?
  10. 監査時間も報酬も増加傾向-2018年度「監査実施状況調査」
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

平成27年度税制改正大綱(その2)-繰越欠損金控除限度の引き下げ

前回に引き続き平成27年度税制改正大綱についてです。今回は、課税ベースの拡大措置に位置づけられている繰越欠損金に関連する内容を取り上げます。

まず、中小法人等については、現行措置が維持されるため、改正大綱どおりに改正されても特に問題はなさそうです。むしろ、平成29年度からは、繰越欠損金の繰越期間が現行の9年から10年に延長される予定ですので、メリットがあるということになります。

一方で大企業にとっては、それなりにインパクトのある改正となりそうです。中小法人等と同様に平成29年度から繰越期間が10年に延長されるものの、繰越控除限度額は2段階で引き下げられることが予定されています

大綱で想定されているスケジュールは以下のとおりです。

平成27年度 繰越限度額65%(現行80%)、繰越期間9年(現行同じ)
平成29年度 繰越限度額50%、繰越期間10年

大きな欠損後は事業の立て直しに資金が必要なことも多いと思いますが、そのような中で業績が上向いても税金でもっていかれてしまう割合が増えるというのは、やりすぎなのではないでしょうか。

ただし、経営再建を行う企業や新設法人については7年間100%控除を認める仕組みが導入される予定となっています。

すなわち、更生手続、再生手続開始のの決定があったこと等の事実が発生した法人については、その決定等の日から更生計画認可の決定、再生計画認可の決定等の日以後7年を経過する日までの期間内の日の属する各事業年度又は各連結事業年度については、控除限度額を所得の金額又は連結所得の全額とするということになっています。

また、新設法人については、法人設立の日から同年以後7年を経過する日までの期間内の日の属する各事業年度又は各連結事業年度については、繰越限度額を所得の金額又は連結所得の金額とするとされています。

新設法人に対する制度は、赤字が先行しやすいベンチャー企業を支援し、雇用やイノベーションを生み出す起業を支援することを目的としています。

更生手続きや再生手続きの場合も新設法人の場合も、株式を上場した場合には、上場日以後に終了する事業年度又は連結事業年度から上記の制度の対象外となります。

会計的には、繰越欠損金に対する繰延税金資産を計上できる金額が減少する可能性があり、多額の欠損金を計上したような場合には、大きな影響が生じる可能性があります。

日々成長

関連記事

  1. 新金融証券税制における上場株式等・非上場株式等の税務上の取扱い

  2. 平成27年度税制改正(その2)ー法人税関連

  3. 震災特例法による法人税の繰り還付と会計処理

  4. 平成28年度税制改正でマイナンバー記載対象書類の見直しが行われる…

  5. 為替予約等の含み益で十億超の計上漏れ?

  6. 「申告漏れ」「所得隠し」「脱税」の違いは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,989,976 アクセス
ページ上部へ戻る