閉じる
閉じる
閉じる
  1. 電子取引制度対象の請求書等を出力保存した場合、「やむを得ない理由」等の…
  2. 届出漏れが原因で不支給となっていた手当は遡及して支払う必要があるか?
  3. KAMの個数は1個が7割超-経営財務誌調べ
  4. 短期前払費用特例適用の留意点
  5. 会計監査人の異動は209件-2021年度モニタリングレポート
  6. 執行役員から社長選出の定款変更が否決された株主総会事例
  7. 電子取引制度、保存要件未充足で青色申告取消になる?
  8. 2021年3月期有報、KAMなしは119社
  9. 社会保険等で引き続き押印が必要な手続きは何?
  10. 2020年4月~2021年6月に61社が減資関連の適時開示を実施
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

ユニチャームが監査等委員会設置会社へ定款変更

ユニチャーム株式会社は2015年2月17日に公表した「定款一部変更に関するお知らせ」で3月に開催予定の定時株主総会に「定款一部変更の件」を付議することを決議した旨を公表しました。

「改正会社法」の施行の日(平成 27 年5月1日)から効力を生じるものとして総会に付議するというものですが、そもそも会社法施工日前に効力発生日を限定するにせよ定款変更は可能なのかというのが気になりました。

そこで確認してみると、法務省から監査等委員会設置会社へ移行する場合の定款変更については、施行日前に改正会社法施行日を始期とする定款変更をしても差し支えないという見解が示されていることがわかりました。

もっとも3月決算会社の場合は、監査等委員会設置会社に移行するための定款変更をするための総会は改正会社法施行日後となるため特に問題となりませんが、12月決算および1月決算で直近の定時株主総会で定款変更を行いたいという会社であれば、ユニチャームのように定款変更を行うことも可能です。

日々成長

関連記事

  1. 総会決議のない退職慰労金

  2. 濫用的な議決権行使書面の閲覧を制限する方向で会社法改正が検討

  3. 決算公告はいつまでに行わなければならない?-決算日後約5カ月後は…

  4. 改正会社法を確認(その2)-株主総会に関する規律の見直し1

  5. 特別支配株主の株式等売渡請求権-改正会社法が公布

  6. 改正会社法(その2)-監査等委員会設置会社詳細(その1)

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,303,537 アクセス
ページ上部へ戻る