閉じる
閉じる
閉じる
  1. 総額表示義務特例が今年度末で期限切れ
  2. 感染対策徹底で10月以降税務調査が本格化?
  3. 「取締役の報酬等として株式を無償交付する取引に関する取扱い(案)」が公…
  4. 東証1部上場会社、指名委員会設置が5割超へ
  5. 在宅勤務手当等の支給増で所得拡大促進税制適用可となる可能性?
  6. ADワークス社-マンション販売仕入税額控除否認問題で勝訴
  7. 2020年年末調整に関係する改正事項
  8. あずさ監査法人でCPE取得に際し不正が判明したそうです
  9. 帳簿等の提示を拒み消費税約38億円の追徴事案が最高裁へ
  10. 収益認識会計基準-表示・注記事項の改正確認
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

ユニチャームが監査等委員会設置会社へ定款変更

ユニチャーム株式会社は2015年2月17日に公表した「定款一部変更に関するお知らせ」で3月に開催予定の定時株主総会に「定款一部変更の件」を付議することを決議した旨を公表しました。

「改正会社法」の施行の日(平成 27 年5月1日)から効力を生じるものとして総会に付議するというものですが、そもそも会社法施工日前に効力発生日を限定するにせよ定款変更は可能なのかというのが気になりました。

そこで確認してみると、法務省から監査等委員会設置会社へ移行する場合の定款変更については、施行日前に改正会社法施行日を始期とする定款変更をしても差し支えないという見解が示されていることがわかりました。

もっとも3月決算会社の場合は、監査等委員会設置会社に移行するための定款変更をするための総会は改正会社法施行日後となるため特に問題となりませんが、12月決算および1月決算で直近の定時株主総会で定款変更を行いたいという会社であれば、ユニチャームのように定款変更を行うことも可能です。

日々成長

関連記事

  1. 改正会社法(その6)-会計監査人関連の改正

  2. 有価証券報告書と事業報告記載の一体化に向けた留意点(その3)

  3. 改正会社法で導入される多重代表訴訟とは?

  4. 東証一部上場会社で役員報酬の決定をめぐり善管義務違反で株主代表訴…

  5. 当初総会でも前事業年度の配当可能限度額内であれば配当決議可(継続…

  6. パリ協定目標に沿った投資のための経営戦略を記載した計画開示の株主…

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,149,004 アクセス

ページ上部へ戻る