閉じる
閉じる
閉じる
  1. テレワークの交通費、所得税の非課税限度額適用の有無は本来の勤務地で判断…
  2. プライム市場上場会社、88.1%が英文招集通知を提供
  3. タクシー、インボイス対応か否かは表示灯での表示を検討?
  4. 副業の事業所得該当判断の金額基準はパブコメ多数で見直し
  5. 総会資料の電子提供制度、発送物の主流はアクセス通知+議案等となりそう
  6. 押印後データ交付の場合、作成データのみの保存は不可(伝帳法)
  7. 四半期開示の議論再開(第1回DWG)
  8. 内部統制報告制度の見直しが審議、年内に方向性が出されるそうです。
  9. Iの部に添付される監査報告書のサインを電子署名にしたらどうなる
  10. 物価高騰による減額改訂に定期同額の弾力的運用なし
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

ユニチャームが監査等委員会設置会社へ定款変更

ユニチャーム株式会社は2015年2月17日に公表した「定款一部変更に関するお知らせ」で3月に開催予定の定時株主総会に「定款一部変更の件」を付議することを決議した旨を公表しました。

「改正会社法」の施行の日(平成 27 年5月1日)から効力を生じるものとして総会に付議するというものですが、そもそも会社法施工日前に効力発生日を限定するにせよ定款変更は可能なのかというのが気になりました。

そこで確認してみると、法務省から監査等委員会設置会社へ移行する場合の定款変更については、施行日前に改正会社法施行日を始期とする定款変更をしても差し支えないという見解が示されていることがわかりました。

もっとも3月決算会社の場合は、監査等委員会設置会社に移行するための定款変更をするための総会は改正会社法施行日後となるため特に問題となりませんが、12月決算および1月決算で直近の定時株主総会で定款変更を行いたいという会社であれば、ユニチャームのように定款変更を行うことも可能です。

日々成長

関連記事

  1. 書面交付請求の対象範囲が縮減される方向へ

  2. 社外取締役を選任していない上場会社は来年の総会で苦労しそうです

  3. 役員等の責任限定契約を再確認

  4. 法務省、会社計算規則の一部改正案を公表

  5. 改正会社法施行規則の経過措置を適用するための「招集の手続が開始」…

  6. 監査役協会-監査役会への監査役選解任件の付与等を提言




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,283,366 アクセス
ページ上部へ戻る