閉じる
閉じる
閉じる
  1. のれん償却を再導入せず:IASB予備的見解
  2. 顧問契約解除で報酬を請求し税理士が勝訴した事例
  3. クラウドサービス初年度利用料が高く設定されている場合の税務上の取扱いは…
  4. 有給休暇5日はいつまでに取得しなければならない?
  5. 個人の青色申告特別控除が55万円に引き下げー65万円の控除を維持するに…
  6. 消費税増税施行日をまたぐ適用税率ー間違いやすい3つのポイントとは?
  7. 開示規制違反に関する課徴金納付命令は過去5年で最多
  8. 連結納税制度がグループ通算制度へーシンプルな制度に期待
  9. 「中小企業金融円滑化法」(モラトリアム法)が19年3月で実質終了ーその…
  10. 監査法人の継続監査期間開示、早期適用は83社
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

会計士による合理的な株価算定があれば有利発行にあたらない?

T&A master No.584に「新株発行巡る賠償請求、役員が逆転勝訴」という興味深い記事が掲載されいました。

ここで取り上げられていた事案は、当時非上場会社であったアートネーチャーが、取締役らに対して新株を発行した際の発行価額が著しく不公正な価額であるなどとして、取締役らに対して損害賠償を求めた株主代表訴訟の最高裁判決に関するものです。

高裁の判決(平成25年1月30日)では、DCF法により算定すると1株7987円とされることなどを踏まえれば、本件新株発行における価額は少なくとも1株7000円を下らないと指摘し、1株1500円で発行された当該新株発行は有利発行に当たるとして取締役らに2億2000万円の損害賠償が命じられていました。

この判決を不服として、最高裁で争われた結果、「非上場会社が株主以外の者に新株を発行するに際し、客観的資料に基づく一応合理的な算定方法によって発行価額が決定されていたといえる場合には、その発行価額は、特別の事情が無い限り、有利発行には当たらない」と判示されました。

本件では、公認会計士が同社の決算書などの客観的資料に基づいて配当還元方式により1株1500円と算定したした点などを踏まえて、一応合理的な算定方法によって発行価額が決定されていたことができると判断されたとのことです。

DCF法により算定された株価の約1/5と大きな隔たりがあるので完全に合理的とはいえなくても「一応合理的」であれば有利発行か否かの判定に用いることができるということになるようです。

上記以上の詳細については述べられていませんが、非上場会社における新株発行実務への影響は大きいように感じます。詳細な内容がどこかで取り上げられると思いますので、詳細を確認したいと思います。

日々成長

関連記事

  1. 事業報告に親会社等との取引に関する事項の記載はすべての会社で必要…

  2. 株主総会のスケジュール(その2)-会計監査人設置会社

  3. 収益認識会計基準対応で会社計算規則の改正が公布

  4. 総会決議のない退職慰労金

  5. 株主総会議事録に最低限必要な記載事項はなんですか

  6. 「取締役の個人別の報酬等の内容に係る決定の再一任」の見直し案

コメント

    • 歳だけとってる会計士
    • 2015年 3月 16日

    いつも分かりやすい解説で楽しく拝読しています。
    少数株主であれば配当還元方式もやむ無しとは思いますが、割当先が一応経営者の取締役でもこれでOK何ですかね?
    アートと言われる算定業務の世界、株価を算定した会計士の報酬や独立性も気になります。

      • MAK
      • 2015年 3月 16日

      コメントありがとうございます。

      これでOKなのかという疑問は私も感じます。株主代表訴訟に発展したことからしても、
      一般的な感覚としては、それはないだろうという感じなのだと思います。

      通常、株価算定にあたって採用した方法については何らかの理屈づけが行われていると推測されますが、
      今回の記事ではその理屈については明記されておらず、その理屈づけのレベルも気になるところですね。

      報酬をもらっている評価人が、取締役の意向をくみ取って低い評価額をつける理屈を考えるというのは
      十分考えられる話ですので、もう少し詳細な内容がどこかで取り上げられるのを待ちたいと思います、

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,566,480 アクセス
ページ上部へ戻る