閉じる
閉じる
閉じる
  1. 国税庁から在宅勤務にかかる費用負担等に関すFAQが公表されました
  2. 棚卸立会もリモートで実施可能?
  3. 令和2年分の給与支払報告書は前倒しで提出したほうがよいらしい
  4. 改正会社法施行日前に取締役の報酬等の決定方針を決議する必要があるそうで…
  5. 市場区分の見直しに向けた上場制度整備-第二次改正事項が公表
  6. 2020年IPOは93社-監査法人別の社数の傾向に変動あり
  7. テレワーク勤務解除に労働契約上の根拠は必要か
  8. 2020年経営財務誌が選ぶ5大ニュースとは?
  9. スキャナ保存制度の抜本改革を確認(令和3年度税制改正大綱)
  10. 無免許運転により事故を起こした場合に健康保険は使える?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

平成27年度税制改正が公布されました

消費税10%の引き上げ時期が2017年4月1日で正式決定したと報道されているように、平成27年度税制改正が3月31日に成立しました。

そして現時点(4月1日午前1時)にインターネット官報を確認したところ特別号外第11号が掲載されており、3月31日付けで公布されていることが確認されました。午後10時位までは掲載されいなかったはずなので3月31日中に掲載されたのかどうかは確かではありませんが、少なくとも3月31日付の官報となっているので3月31日に公布されたということで問題無いと思います。

そもそも、地方税法等の改正法が3月31日までに公布されたものの、各地方団体の改正条例が3月31日までに公布されない場合についても「これまでの実務を踏まえると、平成27 年3 月末決算における法定実効税率は、地方税法等改正後の事業税率(標準税率)を算定の基礎とすることになると考えられる」という見解が示されていることからすると「公布日」に意味があるのだろうかという気はしますが、予想通り3月31日に公布されたということで一件落着ということになりました。

というわけで、法人税率が以下のとおり改正されました。
2015-04-01_1

従いまして、3月決算会社の税効果も改正後の実効税率を用いて計算する必要があります。

日々成長

関連記事

  1. 破産手続きの終了を確認する方法

  2. 配偶者控除と扶養控除

  3. 平成28年3月期から適用される税制改正内容を確認(その2)

  4. 消費税(その12)-課税売上割合の算出2

  5. 平成27年度税制改正大綱(その2)-繰越欠損金控除限度の引き下げ…

  6. 平成24年税制改正(その1)-法人税及び租税特別措置法

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,545,429 アクセス

ページ上部へ戻る