閉じる
閉じる
閉じる
  1. 2021年3月期における法人税の誤りやすいポイントとは?
  2. 定年再雇用時の有給休暇付与日数はリセットされる?
  3. 役員賞与の支給順序変更も事前確定給与として損金算入可能
  4. カタログの「総額表示」対応
  5. 会計監査人の異動の適時開示-評価基準等の内容を示す事例がでてきているそ…
  6. 所得拡大促進税制の適用判定における雇用調整助成金の益金算入時期に要注意…
  7. D&O保険、「会社補償支払特約」の付保状況を要確認
  8. 経団連の会社法各種書類のひな形が改訂されました
  9. バーチャルオンリー型株主総会の特例等が国会へ
  10. 減資による中小税制適用の否認リスクは?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

平成27年度税制改正が公布されました

消費税10%の引き上げ時期が2017年4月1日で正式決定したと報道されているように、平成27年度税制改正が3月31日に成立しました。

そして現時点(4月1日午前1時)にインターネット官報を確認したところ特別号外第11号が掲載されており、3月31日付けで公布されていることが確認されました。午後10時位までは掲載されいなかったはずなので3月31日中に掲載されたのかどうかは確かではありませんが、少なくとも3月31日付の官報となっているので3月31日に公布されたということで問題無いと思います。

そもそも、地方税法等の改正法が3月31日までに公布されたものの、各地方団体の改正条例が3月31日までに公布されない場合についても「これまでの実務を踏まえると、平成27 年3 月末決算における法定実効税率は、地方税法等改正後の事業税率(標準税率)を算定の基礎とすることになると考えられる」という見解が示されていることからすると「公布日」に意味があるのだろうかという気はしますが、予想通り3月31日に公布されたということで一件落着ということになりました。

というわけで、法人税率が以下のとおり改正されました。
2015-04-01_1

従いまして、3月決算会社の税効果も改正後の実効税率を用いて計算する必要があります。

日々成長

関連記事

  1. 通達に従った税務処理を否認する課税処分が司法でも相次いで容認され…

  2. 通勤手当非課税限度額の上乗せ特例の廃止-平成23年改正

  3. 改正されたオランダとの租税条約が2012年1月1日から適用になっ…

  4. 電子申告義務化に向け、簡素化が図られる可能性あり

  5. 従業員不正による損害賠償金の計上時期

  6. 事業所税の確認(その1)

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,867,667 アクセス
ページ上部へ戻る