閉じる
閉じる
閉じる
  1. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?
  2. メール送信する請求書ドラフトは電帳法対象外を応用すると…
  3. 四半期開示は結局どうなる?
  4. 取締役会議事録に記載しなければならない事項
  5. 意見不表明は極めて例外的な状況のみに許容される
  6. 副業の損失、雑損失として給与所得等との通算が否認されることも
  7. 任意の会計監査人
  8. “新”逓増定期保険、一時所得として課税対象になる可能性
  9. 確定申告期限の一律延長は実施せずとも、簡易な方法で延長可
  10. 公認会計士・監査審査会、仁智監査法人に2度目の行政処分勧告
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

平成27年度税制改正が公布されました

消費税10%の引き上げ時期が2017年4月1日で正式決定したと報道されているように、平成27年度税制改正が3月31日に成立しました。

そして現時点(4月1日午前1時)にインターネット官報を確認したところ特別号外第11号が掲載されており、3月31日付けで公布されていることが確認されました。午後10時位までは掲載されいなかったはずなので3月31日中に掲載されたのかどうかは確かではありませんが、少なくとも3月31日付の官報となっているので3月31日に公布されたということで問題無いと思います。

そもそも、地方税法等の改正法が3月31日までに公布されたものの、各地方団体の改正条例が3月31日までに公布されない場合についても「これまでの実務を踏まえると、平成27 年3 月末決算における法定実効税率は、地方税法等改正後の事業税率(標準税率)を算定の基礎とすることになると考えられる」という見解が示されていることからすると「公布日」に意味があるのだろうかという気はしますが、予想通り3月31日に公布されたということで一件落着ということになりました。

というわけで、法人税率が以下のとおり改正されました。
2015-04-01_1

従いまして、3月決算会社の税効果も改正後の実効税率を用いて計算する必要があります。

日々成長

関連記事

  1. 臨時特例企業税は違法・無効で635億円を返金(神奈川県)-未収入…

  2. 税務上の「のれん」とは?(その3)

  3. 税務調査による追徴と過年度遡及修正の関係

  4. 特例措置の雇用調整助成金の益金算入時期

  5. 連結納税(その7)-税額計算の全体像

  6. 高率返戻率の保険契約はもはや契約困難らしい




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,888,563 アクセス
ページ上部へ戻る