閉じる
閉じる
閉じる
  1. エフオーアイの粉飾決算をめぐる主幹事証券の責任ー最高裁で弁論が開催
  2. 近年の有報提出における添付漏れの傾向-経営財務誌調べ
  3. 贈与税、暦年課税が廃止の方向で議論
  4. 監査法人大手門会計事務所の会計士1名が登録抹消、法人は解散へ
  5. 東証時価総額上位500社の取締役・執行役の報酬に占める業績連動報酬割合…
  6. 子会社株式の購入手数料-消費税は共通対応でいいそうです
  7. 海外子会社への復旧支援も寄附金に該当せず(新型コロナ)
  8. 顧客紹介に係る謝礼と交際費
  9. 子会社から親会社の配当に対して源泉徴収が不要となる?
  10. 旧経営陣解任の総会への委任状返信に3,000円のクオカードの可否
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

税制改正の影響で交際費支出が増加?

T&A masterのNO.588に「税制改正の影響で交際費支出が6%増加」という記事が掲載されていました。これは平成27年3月26日に国税庁が公表した平成25年度の「会社標本調査」の結果を受けてのものです。

上記調査結果によると交際費等支出額の推移は以下のようになっています。
2015-04-09_1
(出典:平成25年度会社標本調査)

平成25年度は前年比6.3%の増加なっており、2年連続の増加となっています。平成25年度の会社標本調査は、平成25年4月1日から平成26年3月31日までに決算期末を迎える法人税申告書を調査したものであるため、平成25年度税制改正で導入された中小企業の交際費損金算入枠の拡大(800万円まで全額損金算入)は平成26年3月決算の会社のみ税制改正の影響が含まれていることになります。

まず、全体的な課税所得がどのように推移しているのかですが、これは以下のようになっています。
2015-04-09_2
(出典:国税庁 法人税 課税状況)

交際費の支出額は2年連続で増加していますが、課税所得の金額も平成24年度、25年度と増加しており、儲かっている会社の交際費支出額が増加しただけという可能性もあります。

そこで、資本金階級別の交際費等支出額がどのように推移しているかを確認してみると以下のようになっています。
①平成24年度
2015-04-09_4
②平成25年度
2015-04-09_3

連結法人を除くと全体で1,645億円交際費の支出額が増加していますが、資本金階級別に比較すると1000万円以下で1,038億円も増加しており、次いで1000万円以上5000万円以下で432億円増加となっています。資本金1億円以下合計で比較すると1,658億円の増加となり、支出額の増加は基本的に資本金1億円以下の会社によるということになります。

個人的には交際費の損金枠を拡大したからといって支出額を増加させようとする会社は少ないのではないかと思っていましたが、効果はあったのかもしれません。

日々成長

関連記事

  1. 平成25年度税制改正によるグリーン投資減税の改正

  2. 平成23年税制改正による租税特別措置法改正(その3)

  3. 少数私募債の利息が総合課税の対象に!-平成25年税制改正予定

  4. 平成31年度税制改正を確認(その1)-法人税

  5. 貸倒実績率算定方法の経過措置-一定の債権等を有する法人の場合

  6. 平成27年度税制改正が公布されました

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,395,722 アクセス

ページ上部へ戻る