閉じる
閉じる
閉じる
  1. 18監査事務所が会計士資格を誤表記で有報訂正が必要らしい
  2. 内部統制新基準が2025年3月期より適用に(公開草案)
  3. デューデリジェンス(DD)費用の税務上の取り扱い
  4. テレワークの交通費、所得税の非課税限度額適用の有無は本来の勤務地で判断…
  5. プライム市場上場会社、88.1%が英文招集通知を提供
  6. タクシー、インボイス対応か否かは表示灯での表示を検討?
  7. 副業の事業所得該当判断の金額基準はパブコメ多数で見直し
  8. 総会資料の電子提供制度、発送物の主流はアクセス通知+議案等となりそう
  9. 押印後データ交付の場合、作成データのみの保存は不可(伝帳法)
  10. 四半期開示の議論再開(第1回DWG)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

勤務税理士の賠償責任を認めた訴訟が決着

T&A masterのNo.591(4月20日号)に「勤務税理士の賠償責任を認めた税賠事件が決着」という記事が掲載されていました。

この事案は、平成20年3月に生じた相続における債務控除の処理誤りに関する税賠訴訟でした。当時の相続税法では、外国籍かつ国外に住所がある相続人は制限納税義務者に該当し、相続債務に係る債務控除が大きく制限されていましたが、本来計上することができない債務控除を計上したことで相続税・延滞税・加算税が発生し、訴訟となったようです。

地裁判決時の記事(No.544)によれば、相続人である納税者は米国に帰化して、相続発生時には日本国籍を失っていましたが、”相続税の申告実務を行っていた勤務税理士は、納税者側から「納税者は米国の国籍を取得したが日本国籍を放棄していないため二重国籍である」旨の回答を受けたことなどから、制限納税義務者には該当しないと判断”したとのことです。

地裁は、”申告事務を行っていた勤務税理士が納税者側から「納税者は米国の国籍を取得した」旨の回答を受けた時点で、制限納税義務者であるとの疑いを持つに足りる事実を認識したといえる”とし、”国籍法の規定を確認せず、どのような場合に日本国籍が失われるか(国籍法11条1項は、自己の志望により外国の国籍を取得したときは日本の国籍を失う旨を規定)を認識しなかった点について、税理士としての注意義務に違反した”と判断して、会計事務所の所長と勤務税理士にそれぞれ約1000万円の損害賠償を命ずる判決を下しました。

その後、高裁での争いを経て、最高裁に持ち込まれましたが、最高裁では上告棄却および上告受理申立を受理しないことが決定され、税理士側の敗訴で決着しました。

この事案では、会計事務所の所長だけではなく、勤務税理士に対して賠償責任が命じられたという点で勤務税理士であってもリスクがあるという点を浮き彫りにしました。

高裁の判決では、勤務税理士は税理士という公的資格に基づいて相続税申告に関与しており、所長税理士の単なる手足というべきではないため、勤務税理士が個人責任を負うこともやむを得ないと指摘されています。

この考え方を会計士に当てはめてみると、現場で単なる手足というべきスタッフも多いですが、パートナーではなくても公的資格に基づいて会計監査に関与しており、所長税理士の単なる手足というべきではない会計士もいるのかもしれませんね。

日々成長

関連記事

  1. 平成29年度税制改正(その5)-法人税等関連(スピンオフに関する…

  2. 事業所得の損失と給与所得は損益通算できる?

  3. 馬券収入-最高裁判決以上の利益をあげるも雑所得と認められず

  4. 損害賠償金の税務上の取扱い(その1)-原則的な考え方

  5. 過年度遡及修正による申告調整(その2)-国税庁による解説資料

  6. 平成28年税制改正に伴う外形標準超過税率対応状況(4/1更新)




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,485,277 アクセス
ページ上部へ戻る