閉じる
閉じる
閉じる
  1. 国税庁から在宅勤務にかかる費用負担等に関すFAQが公表されました
  2. 棚卸立会もリモートで実施可能?
  3. 令和2年分の給与支払報告書は前倒しで提出したほうがよいらしい
  4. 改正会社法施行日前に取締役の報酬等の決定方針を決議する必要があるそうで…
  5. 市場区分の見直しに向けた上場制度整備-第二次改正事項が公表
  6. 2020年IPOは93社-監査法人別の社数の傾向に変動あり
  7. テレワーク勤務解除に労働契約上の根拠は必要か
  8. 2020年経営財務誌が選ぶ5大ニュースとは?
  9. スキャナ保存制度の抜本改革を確認(令和3年度税制改正大綱)
  10. 無免許運転により事故を起こした場合に健康保険は使える?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

東芝が不適切な会計処理で決算発表を延期

2015年5月8日に東芝が「第三者委員会設置のお知らせ」というリリースを公表しました。

東芝は4月3日に公表した「特別委員会の設置に関するお知らせ」で「一部インフラ関連の工事進行基準に係る会計処理について、調査を必要とする事項が判明した」として特別委員会を設置して事実関係の調査を行っていました。

当初は1カ月程度を目処に調査を行うとのことで、それほど大事にはならないのかなと思っていましたが、結果的に決算発表を延期する事態に発展することとなりました。

今回公表されたリリースによると、現在までの調査において「一部インフラ関連の工事進行基準案件において、工事原価総額が過少に見積もられ、工事損失(工事損失引当金を含みます。)が適時に計上されていない等の事象が判明」しているとのことです。さらに、「工事進行基準案件における工事原価総額の見積りの問題以外にも、更なる調査を必要とする事項が判明しており、これらの事実関係の詳細調査及び発生原因の究明にはなお時間を要する見込み」とされています。

すでに「特別調査委員会によるこれまでの調査の結果によれば、2013 年度以前の過年度決算修正を行う可能性が生じて」いるとのことです。「可能性」という表現が使用されていますが、ほぼ過年度修正が必要となるというレベルなのだと推測されます。

2013年度の利益水準からすると、さすがに赤字転落というようなことはないでしょうが、果たしてどれくらいの金額規模になるのか注目です。

日々成長

関連記事

  1. 企業内容等開示ガイドラインの改正

  2. 会計監査人の異動は過去5年で最多の142件に-令和2年モニタリン…

  3. 第2四半期報告書作成の留意事項

  4. 四半期報告書と決算短信を一本化?

  5. 減資を行った場合の株主資本等変動計算書の記載方法

  6. マザーズから東証1部に市場変更直後に東証2部への指定替え猶予期間…

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,545,284 アクセス

ページ上部へ戻る