閉じる
閉じる
閉じる
  1. ワーケーション旅費の税務上の取扱い
  2. 2020年12月期KAMの早期適用は8社
  3. 2021年3月期における法人税の誤りやすいポイントとは?
  4. 定年再雇用時の有給休暇付与日数はリセットされる?
  5. 役員賞与の支給順序変更も事前確定給与として損金算入可能
  6. カタログの「総額表示」対応
  7. 会計監査人の異動の適時開示-評価基準等の内容を示す事例がでてきているそ…
  8. 所得拡大促進税制の適用判定における雇用調整助成金の益金算入時期に要注意…
  9. D&O保険、「会社補償支払特約」の付保状況を要確認
  10. 経団連の会社法各種書類のひな形が改訂されました
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

東芝が不適切な会計処理で決算発表を延期

2015年5月8日に東芝が「第三者委員会設置のお知らせ」というリリースを公表しました。

東芝は4月3日に公表した「特別委員会の設置に関するお知らせ」で「一部インフラ関連の工事進行基準に係る会計処理について、調査を必要とする事項が判明した」として特別委員会を設置して事実関係の調査を行っていました。

当初は1カ月程度を目処に調査を行うとのことで、それほど大事にはならないのかなと思っていましたが、結果的に決算発表を延期する事態に発展することとなりました。

今回公表されたリリースによると、現在までの調査において「一部インフラ関連の工事進行基準案件において、工事原価総額が過少に見積もられ、工事損失(工事損失引当金を含みます。)が適時に計上されていない等の事象が判明」しているとのことです。さらに、「工事進行基準案件における工事原価総額の見積りの問題以外にも、更なる調査を必要とする事項が判明しており、これらの事実関係の詳細調査及び発生原因の究明にはなお時間を要する見込み」とされています。

すでに「特別調査委員会によるこれまでの調査の結果によれば、2013 年度以前の過年度決算修正を行う可能性が生じて」いるとのことです。「可能性」という表現が使用されていますが、ほぼ過年度修正が必要となるというレベルなのだと推測されます。

2013年度の利益水準からすると、さすがに赤字転落というようなことはないでしょうが、果たしてどれくらいの金額規模になるのか注目です。

日々成長

関連記事

  1. 株式会社MTGが四半期報告書の提出期限を再延長って何が?

  2. コロナ関連のGC注記を5社が記載(経営財務誌調べ)

  3. 有報の所有者別状況に記載する株主数は?

  4. 3月決算のGC注記社数が減少傾向

  5. 平成27年3月期有報から役員の男女比率の記載が必要になるようです…

  6. 監査人の交代が3年連続で増加

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,879,769 アクセス
ページ上部へ戻る