閉じる
閉じる
閉じる
  1. 労働基準法の管理監督者性はやはり厳しいと感じた判例ー日産自動車事件
  2. 国内外数社の代表を務める納税者を居住者であると判断した課税当局が全面敗…
  3. 敷金の額を上回るため簡便法から原則法へ変更した事例(資産除去債務)
  4. 「消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)」等が改訂されました…
  5. 電子帳簿保存法・スキャナ保存の承認申請書が一部簡素化
  6. 非上場会社において訴訟で総会決議取消となった理由(2例)
  7. 退職給付債務ー割引率がマイナスは28社(2019年3月期)
  8. 必要な資料の提出を促せば注意義務を尽くしたことになる?
  9. 企業等所属会計士に対する倫理規則が改正されたそうです
  10. 株式報酬に係る開示規制の改正-2019年7月1日より施行済み
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

PCデータのバックアップ-PARAGON Hard Disk Manager 14

最近仕事で使用しているPCのバックアップをとっていなかったので、GWを利用してPCデータのバックアップを取ろうと事前にParagon Hard Disk Manager 14 Professionalを購入しました。

このソフトを使うと、ハードディスク丸ごとバックアップ、ファイルやフォルダ単位のバックアップ、ハードディスクのコピー・消去、リカバリーメディアの作成、パーテーションのサイズ変更などが行えます。

と色々できるわけで、PCまるごとのバックアップもそのうちとって置こうかと思うものの、やはりファイルデータが突然消えるのが個人的に最も困るので、とりあえず使用するのはフォルダ単位のバックアップ機能です。外付けHDDにファイルをコピーしておくことでも構わないのですが、このソフトを使用すると差分バックアップや増分バックアップが可能なのが便利な点です。

2015-05-03_1

バックアップ処理は上記のような画面から進んでいき、バックアップしたいフォルダやファイルをチェックできるようになっているので、必要なフォルダ等にチェックして処理を実行するだけという簡単なものです。私の場合はドキュメントフォルダに入っているものすべてをバックアップの対象としました。

バックアップファイルは外付けHDDをつないでそちらに直接作成することが可能となっています。バックアップファイル作成後試しに別のPCでバックアップファイルを復元してみましたが、きちんと復元できました。

その後、自炊したPDFファイルが増加したので増分バックアップを試してみたところ、初回のバックアップに比べて時間が大きく短縮でき、これならバックアップを取るのもそれほど面倒に感じなくなりそうです。

日々成長

関連記事

  1. Excelで行と列の条件を満たす値を集計するにはどうする?

  2. 人気ブロガーの記録術―すべてを記録する方法とは?

  3. Word2016の翻訳機能は使える?

  4. Office2013ではアップグレード版がなくなる?

  5. Excelの使い方を改めて確認してみた(その5)

  6. キングジムのSHOT NOTEは使えるか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,389,581 アクセス
ページ上部へ戻る