閉じる
閉じる
閉じる
  1. 会計限定監査役への損害賠償請求事件が最高裁へ
  2. オーナー企業の上場会社の常勤(?)監査役がオーナー一族は支持されるのか…
  3. 「人材確保等促進税制」Q&A等が公表されていました(経済産業…
  4. 寡夫控除の所得要件を憲法違反と争うも敗訴
  5. 電子取引データの電子保存、改正法施行日までに準備期間足りず?
  6. ISDN廃止に伴う移行費用の税務上の取り扱い
  7. 監査報告書のXBRLタグ付けに要注意
  8. ISSがバーチャルオンリー株主総会開催のための定款変更に反対推奨
  9. コプロがプライム市場上場維持基準適合に向けた意志表明を適時開示
  10. バーチャルオンリー型株主総会のための定款変更議案上程が5社
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

PCデータのバックアップ-PARAGON Hard Disk Manager 14

最近仕事で使用しているPCのバックアップをとっていなかったので、GWを利用してPCデータのバックアップを取ろうと事前にParagon Hard Disk Manager 14 Professionalを購入しました。

このソフトを使うと、ハードディスク丸ごとバックアップ、ファイルやフォルダ単位のバックアップ、ハードディスクのコピー・消去、リカバリーメディアの作成、パーテーションのサイズ変更などが行えます。

と色々できるわけで、PCまるごとのバックアップもそのうちとって置こうかと思うものの、やはりファイルデータが突然消えるのが個人的に最も困るので、とりあえず使用するのはフォルダ単位のバックアップ機能です。外付けHDDにファイルをコピーしておくことでも構わないのですが、このソフトを使用すると差分バックアップや増分バックアップが可能なのが便利な点です。

2015-05-03_1

バックアップ処理は上記のような画面から進んでいき、バックアップしたいフォルダやファイルをチェックできるようになっているので、必要なフォルダ等にチェックして処理を実行するだけという簡単なものです。私の場合はドキュメントフォルダに入っているものすべてをバックアップの対象としました。

バックアップファイルは外付けHDDをつないでそちらに直接作成することが可能となっています。バックアップファイル作成後試しに別のPCでバックアップファイルを復元してみましたが、きちんと復元できました。

その後、自炊したPDFファイルが増加したので増分バックアップを試してみたところ、初回のバックアップに比べて時間が大きく短縮でき、これならバックアップを取るのもそれほど面倒に感じなくなりそうです。

日々成長

関連記事

  1. JUST PDF2とAdobe Acrobat X-Goodre…

  2. ワコムのBambooスタイラス-iPad入力用

  3. Wordの不思議(その2)-インデントマーカーの不思議

  4. Windows7でマルチモニタを使う-モニタが余っていれば効率的…

  5. Office2013ではアップグレード版がなくなる?

  6. Sugarsyncの「ウェブアーカイブ」はどこに・・・

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,148,207 アクセス
ページ上部へ戻る