閉じる
閉じる
閉じる
  1. テレワークの交通費、所得税の非課税限度額適用の有無は本来の勤務地で判断…
  2. プライム市場上場会社、88.1%が英文招集通知を提供
  3. タクシー、インボイス対応か否かは表示灯での表示を検討?
  4. 副業の事業所得該当判断の金額基準はパブコメ多数で見直し
  5. 総会資料の電子提供制度、発送物の主流はアクセス通知+議案等となりそう
  6. 押印後データ交付の場合、作成データのみの保存は不可(伝帳法)
  7. 四半期開示の議論再開(第1回DWG)
  8. 内部統制報告制度の見直しが審議、年内に方向性が出されるそうです。
  9. Iの部に添付される監査報告書のサインを電子署名にしたらどうなる
  10. 物価高騰による減額改訂に定期同額の弾力的運用なし
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

平成27年1月~5月の上場会社における会計監査人の異動は50社-経営財務調べ

経営財務3215号に「監査人の異動,27年1~5月は上場50社」という記事が掲載されていました。

タイトルの通り、上場会社における会計監査人の異動が50社あったということですが、異動状況は以下のとおりとされています。

・四大監査法人間 16社
・四大監査法人→その他監査法人・個人事務所 10社
・その他監査法人・個人事務所→四大監査法人 7社
・「その他監査法人・個人事務所」間 17社

四大監査法人でクライアントを失った数を、監査法人別にカウントしてみると以下のようになっていました。
・トーマツ 16社
・新日本 7社
・あずさ 1社
・あらた 1社

一方で、四大監査法人でクライアントを獲得した数をカウントすると以下のようになっています。
・トーマツ 4社
・新日本 12社
・あずさ 4社
・あらた 3社

四大監査法人間の異動(16社)の内訳に限ると、クライアントを増加させたのは、
・新日本 8社
・あずさ 4社
・トーマツ 2社
・あらた 2社

クライアントを失ったのは
・トーマツ 9社
・新日本 5社
・あずさ 2社
・あらた 1社

となっています。

全体的にみると、やはりトーマツのクライアント数減少が目立つといえそうです。

なお、「異動の決定又は異動に至った理由および経緯」はほとんどのケースで「任期満了」に言及しているとのことですが、それ以外の理由としては以下のようなものがあるとのことです。

・業種や事業規模,監査費用の相当性等を検討して現状により即した監査人を選任など 8社
・連結決算において効率的な監査の実現を図るため、親会社等と同じ監査人を選任など 7社

その他面白いものとしては「人手不足等により監査の継続は難しいとの通知を受けた」というものが1社あったとのことです。

日々成長

関連記事

  1. 未適用の会計基準等の注記-平成24年3月期事例

  2. 法定実効税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の開示例(そ…

  3. 2019年12月期有価証券報告書提出延長申請は3社

  4. 監査報告書にサインする会計士の数に意味はある?

  5. 決算短信の業績予想開示に自由記載形式が認められました

  6. 次期の業績予想が開示されていない場合でも「業績予想の修正等」の適…




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,283,327 アクセス
ページ上部へ戻る