閉じる
閉じる
閉じる
  1. 2021年4月1日から総額表示への切替えはそれほど厳格に求められないら…
  2. 2020年のIPOは13年ぶりの高水準
  3. 国税庁から在宅勤務にかかる費用負担等に関すFAQが公表されました
  4. 棚卸立会もリモートで実施可能?
  5. 令和2年分の給与支払報告書は前倒しで提出したほうがよいらしい
  6. 改正会社法施行日前に取締役の報酬等の決定方針を決議する必要があるそうで…
  7. 市場区分の見直しに向けた上場制度整備-第二次改正事項が公表
  8. 2020年IPOは93社-監査法人別の社数の傾向に変動あり
  9. テレワーク勤務解除に労働契約上の根拠は必要か
  10. 2020年経営財務誌が選ぶ5大ニュースとは?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

平成27年1月~5月の上場会社における会計監査人の異動は50社-経営財務調べ

経営財務3215号に「監査人の異動,27年1~5月は上場50社」という記事が掲載されていました。

タイトルの通り、上場会社における会計監査人の異動が50社あったということですが、異動状況は以下のとおりとされています。

・四大監査法人間 16社
・四大監査法人→その他監査法人・個人事務所 10社
・その他監査法人・個人事務所→四大監査法人 7社
・「その他監査法人・個人事務所」間 17社

四大監査法人でクライアントを失った数を、監査法人別にカウントしてみると以下のようになっていました。
・トーマツ 16社
・新日本 7社
・あずさ 1社
・あらた 1社

一方で、四大監査法人でクライアントを獲得した数をカウントすると以下のようになっています。
・トーマツ 4社
・新日本 12社
・あずさ 4社
・あらた 3社

四大監査法人間の異動(16社)の内訳に限ると、クライアントを増加させたのは、
・新日本 8社
・あずさ 4社
・トーマツ 2社
・あらた 2社

クライアントを失ったのは
・トーマツ 9社
・新日本 5社
・あずさ 2社
・あらた 1社

となっています。

全体的にみると、やはりトーマツのクライアント数減少が目立つといえそうです。

なお、「異動の決定又は異動に至った理由および経緯」はほとんどのケースで「任期満了」に言及しているとのことですが、それ以外の理由としては以下のようなものがあるとのことです。

・業種や事業規模,監査費用の相当性等を検討して現状により即した監査人を選任など 8社
・連結決算において効率的な監査の実現を図るため、親会社等と同じ監査人を選任など 7社

その他面白いものとしては「人手不足等により監査の継続は難しいとの通知を受けた」というものが1社あったとのことです。

日々成長

関連記事

  1. フェア・ディスクロージャー・ルールのポイントを確認(その1)

  2. 平成26年3月期第1四半期の留意点(その2)

  3. 18年有価証券報告書から適用される開示内容の改正点

  4. 「従業員の状況」欄で男女別の平均給与等を記載している事例

  5. 英訳した有報を開示している16社

  6. 決算短信合理化は平成29年3月期より適用開始

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,562,124 アクセス

ページ上部へ戻る