閉じる
閉じる
閉じる
  1. 2020年12月期KAMの早期適用は8社
  2. 2021年3月期における法人税の誤りやすいポイントとは?
  3. 定年再雇用時の有給休暇付与日数はリセットされる?
  4. 役員賞与の支給順序変更も事前確定給与として損金算入可能
  5. カタログの「総額表示」対応
  6. 会計監査人の異動の適時開示-評価基準等の内容を示す事例がでてきているそ…
  7. 所得拡大促進税制の適用判定における雇用調整助成金の益金算入時期に要注意…
  8. D&O保険、「会社補償支払特約」の付保状況を要確認
  9. 経団連の会社法各種書類のひな形が改訂されました
  10. バーチャルオンリー型株主総会の特例等が国会へ
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

平成28年度の東京都外形標準適用法人の超過税率は2.14%になる見込み

東京都等で決定が先送りとされていた平成28年4月1日以降に開始する事業年度に適用される外形標準課税適用法人に課せられる超過税率ですが、東京都では議会に条例案が提出され現在審議されています。

都議会での審議は6月24日までですが、超過税率は6月中に公布される見込み(経営税務3217号)とのことです。

改正案どおりに可決・公布された場合、超過税率は2.14%となります(平成28年4月1日以後開始事業年度の標準税率1.9%に0.24%(地方法人特別税を含む標準税率4.8%×超過割合0.05=0.24%)を加えたもの)。

ASBJの第 307 回 企業会計基準委員会議事では、平成28年4月1日以後に開始する事業年度に適用される法定実効税率は超過税率を0.36%として計算した32.34%とされています。
これに対して、可決・公布される見込みの超過税率で計算した法定実効税率は32.26%となります。

したがって、3月決算会社で、本決算において平成28年4月1日以降に解消する一時差異に対する法定実効税率として32.34%を採用した会社は、第1四半期で当該条例の改正を織り込む必要があるということになります。

金額的には大きな影響はないと思われますが、年度末にまた税率変更の注記を書くことになるかについては、今後の動向に注意したいと思います。

なお、神奈川県は超過税率を継続する場合は9月の議会に議案を提出予定とされていますので、3月決算の場合、第1四半期では特に対応は不要ということになるようです。

平成28年度税制改正後の超過税率は以下を参照ください。

日々成長

関連記事

  1. 未適用の会計基準等(繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針)記…

  2. 連結納税の税効果(その1)

  3. スケジューリングの可否と繰延税金負債の関係

  4. 共通支配下の事業譲渡に係る税効果-個別財務諸表の処理

  5. 東京都の法定実効税率の計算に用いる超過税率は改正前、それとも改正…

  6. 東京都-平成29年4月以降の事業税超過税率は3.78%になるよう…

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,870,556 アクセス
ページ上部へ戻る