閉じる
閉じる
閉じる
  1. テレワークの交通費、所得税の非課税限度額適用の有無は本来の勤務地で判断…
  2. プライム市場上場会社、88.1%が英文招集通知を提供
  3. タクシー、インボイス対応か否かは表示灯での表示を検討?
  4. 副業の事業所得該当判断の金額基準はパブコメ多数で見直し
  5. 総会資料の電子提供制度、発送物の主流はアクセス通知+議案等となりそう
  6. 押印後データ交付の場合、作成データのみの保存は不可(伝帳法)
  7. 四半期開示の議論再開(第1回DWG)
  8. 内部統制報告制度の見直しが審議、年内に方向性が出されるそうです。
  9. Iの部に添付される監査報告書のサインを電子署名にしたらどうなる
  10. 物価高騰による減額改訂に定期同額の弾力的運用なし
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

平成28年度の東京都外形標準適用法人の超過税率は2.14%になる見込み

東京都等で決定が先送りとされていた平成28年4月1日以降に開始する事業年度に適用される外形標準課税適用法人に課せられる超過税率ですが、東京都では議会に条例案が提出され現在審議されています。

都議会での審議は6月24日までですが、超過税率は6月中に公布される見込み(経営税務3217号)とのことです。

改正案どおりに可決・公布された場合、超過税率は2.14%となります(平成28年4月1日以後開始事業年度の標準税率1.9%に0.24%(地方法人特別税を含む標準税率4.8%×超過割合0.05=0.24%)を加えたもの)。

ASBJの第 307 回 企業会計基準委員会議事では、平成28年4月1日以後に開始する事業年度に適用される法定実効税率は超過税率を0.36%として計算した32.34%とされています。
これに対して、可決・公布される見込みの超過税率で計算した法定実効税率は32.26%となります。

したがって、3月決算会社で、本決算において平成28年4月1日以降に解消する一時差異に対する法定実効税率として32.34%を採用した会社は、第1四半期で当該条例の改正を織り込む必要があるということになります。

金額的には大きな影響はないと思われますが、年度末にまた税率変更の注記を書くことになるかについては、今後の動向に注意したいと思います。

なお、神奈川県は超過税率を継続する場合は9月の議会に議案を提出予定とされていますので、3月決算の場合、第1四半期では特に対応は不要ということになるようです。

平成28年度税制改正後の超過税率は以下を参照ください。

日々成長

関連記事

  1. 連結納税の税効果(その2)

  2. 災害損失特別勘定の損金算入-3月決算の税効果に注意(国税庁4月2…

  3. 2018年12月期決算会社-改正税効果基準早期適用は15社

  4. 繰延税金資産の回収可能性-例示区分の原案とは?

  5. 連結納税の税効果(その1)

  6. 特別償却準備金や圧縮積立金を計上する場合は要注意?




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,283,366 アクセス
ページ上部へ戻る