閉じる
閉じる
閉じる
  1. 重要な会計上の見積り開示項目-連結では平均1.7個
  2. 内部統制報告制度強化等は先送り
  3. 自宅兼事務所に必要経費、合理的であれば在宅勤務FAQの方法も可
  4. 電子取引データ保存、紙でも受領する場合の取扱いが明確に
  5. 「四半期開示」はどこに落ち着く?
  6. 電子取引データ保存・・・メールデータは範囲検索できなくてもよいらしい
  7. 株主総会資料の電子提供制度に対応する定款変更はいつ実施?
  8. インボイス制度導入により売手負担の振込手数料処理が煩雑になるらしい
  9. RSは退職給与として損金算入が認められない
  10. 育児・介護休業法改正-2022年4月施行
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

あらた監査法人事件?

労政時報3891号に掲載されていた平成27年3月の労働判例一覧を見ていたところ、その中に「あらた監査法人事件」というものを発見しました。

平成27年3月27日および平成27年3月31日に東京地裁で判決が下された2事案が「あらた監査法人事件」として記載されていました。

平成27年3月27日に地裁判決の事案は、「公認会計士である原告の、マネージャー・ミドルからシニアアソシエイト・ヘビーへの降格、それに伴う賃金の減額」の有効性を巡って争われた事案とのことです。
この事案では、いずれも有効な根拠規程に基づいて行われたものであり、有効との判決が下されています。原告が控訴したかは不明ですが、現時点では監査法人側の勝訴ということになります。

あらた監査法人での職位は「マネージャー・ミドル」とか「シニアアソシエイト・ヘビー」とか呼ばれるのかと変な部分で感心してしまいましたが、「マネージャー・ミドル」の下にマネージャーXXXという区分がありそうですので、2段階降格の事案と勝手に推測しています。

次に平成27年3月31日に地裁判決の事案は、シニアアソシエイトからアソシエイトに降格された後、半年で普通解雇された原告が解雇の無効を争った事案で、この事案では降格されて半年ほどで、解雇するほかないほどの能力不足と断定するのは時期尚早であり、解雇は無効という判決が下されました。

この事案での原告が公認会計士であったのかは不明ですが、一時でもシニアアソシエイトであった人物が、一番下のクラスと推測されるアソシエイトでも、なお解雇するほどの能力不足であるというのは一般的には説明が難しいように思います。

この事案がいつから争われていたのかは不明ですが、少し前に監査法人がリストラに熱心であったころに解雇された方が退職後にしばらくたってから訴えを起こしたということかもしれません。
一般的な感覚からすると、仮に解雇が無効とされたとして元の職場に戻っても気まずいのではないかと思いますが、解雇が無効とされた期間の給料をもらって、即退職ということになるのかなという気はします。

解雇する側はそういったリスクもよくよく考えておく必要があります。

労働判例として詳細がそのうちどこかで取り上げられるかもしれませんので、その時はまた詳細について確認したいと思います。

日々成長

関連記事

  1. 法定外休日の半日単位での休日の振替は可能?

  2. 退職勧奨実施時の具体的対応とは(その2)?

  3. 雇用契約と業務委託契約(その1)

  4. 主婦年金免除基準引き下げを検討?

  5. 有給休暇付与時の勤続年数と休職期間の関係は?

  6. 従業員退職時の競合避止合意-代替措置なく3年は公序良俗違反で無効…




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,575,091 アクセス
ページ上部へ戻る