閉じる
閉じる
閉じる
  1. 受取配当金の益金不算入額過大計上に要注意?
  2. 米国の会計監査人在任期間100年超が3社
  3. 改正民法(その3)・・・危険負担
  4. 2018年12月期決算会社-改正税効果基準早期適用は15社
  5. 2019年3月期の決算発表日はどうなっている?
  6. 節税保険対応の通達改正案が公表
  7. 会計監査人の継続監査年数を最大10年と定めた会社の事例
  8. 2015年にマザーズに上場した会社の株主総利回りを試しに10社計算して…
  9. 地方法人税の還付請求失念に要注意
  10. 四半期レビュー報告書等の記載内容が改訂へ
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

あらた監査法人事件?

労政時報3891号に掲載されていた平成27年3月の労働判例一覧を見ていたところ、その中に「あらた監査法人事件」というものを発見しました。

平成27年3月27日および平成27年3月31日に東京地裁で判決が下された2事案が「あらた監査法人事件」として記載されていました。

平成27年3月27日に地裁判決の事案は、「公認会計士である原告の、マネージャー・ミドルからシニアアソシエイト・ヘビーへの降格、それに伴う賃金の減額」の有効性を巡って争われた事案とのことです。
この事案では、いずれも有効な根拠規程に基づいて行われたものであり、有効との判決が下されています。原告が控訴したかは不明ですが、現時点では監査法人側の勝訴ということになります。

あらた監査法人での職位は「マネージャー・ミドル」とか「シニアアソシエイト・ヘビー」とか呼ばれるのかと変な部分で感心してしまいましたが、「マネージャー・ミドル」の下にマネージャーXXXという区分がありそうですので、2段階降格の事案と勝手に推測しています。

次に平成27年3月31日に地裁判決の事案は、シニアアソシエイトからアソシエイトに降格された後、半年で普通解雇された原告が解雇の無効を争った事案で、この事案では降格されて半年ほどで、解雇するほかないほどの能力不足と断定するのは時期尚早であり、解雇は無効という判決が下されました。

この事案での原告が公認会計士であったのかは不明ですが、一時でもシニアアソシエイトであった人物が、一番下のクラスと推測されるアソシエイトでも、なお解雇するほどの能力不足であるというのは一般的には説明が難しいように思います。

この事案がいつから争われていたのかは不明ですが、少し前に監査法人がリストラに熱心であったころに解雇された方が退職後にしばらくたってから訴えを起こしたということかもしれません。
一般的な感覚からすると、仮に解雇が無効とされたとして元の職場に戻っても気まずいのではないかと思いますが、解雇が無効とされた期間の給料をもらって、即退職ということになるのかなという気はします。

解雇する側はそういったリスクもよくよく考えておく必要があります。

労働判例として詳細がそのうちどこかで取り上げられるかもしれませんので、その時はまた詳細について確認したいと思います。

日々成長

関連記事

  1. 働きやすい会社ランキング2012(日経新聞社)-追記2(アンケー…

  2. 最高裁、勤務医の残業代は高額年俸に含まれないと判断

  3. 未払残業の和解解決金は課税対象か?

  4. 定時決定における保険者算定基準の追加

  5. 残業代の翌月払いは違法なのか?

  6. 育児休業給付と介護休業給付の最高限度額も引き上げられます

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,819,923 アクセス
ページ上部へ戻る