閉じる
閉じる
閉じる
  1. 14期連続でGC注記を記載している会社の注記推移を確認してみた
  2. 大企業経理マンでも見落としがちな消費税項目③ーリバースチャージ
  3. IFRS適用会社(予定含む)が225社に
  4. 労働基準法の管理監督者性はやはり厳しいと感じた判例ー日産自動車事件
  5. 国内外数社の代表を務める納税者を居住者であると判断した課税当局が全面敗…
  6. 敷金の額を上回るため簡便法から原則法へ変更した事例(資産除去債務)
  7. 「消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)」等が改訂されました…
  8. 電子帳簿保存法・スキャナ保存の承認申請書が一部簡素化
  9. 非上場会社において訴訟で総会決議取消となった理由(2例)
  10. 退職給付債務ー割引率がマイナスは28社(2019年3月期)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

海外への出向者(非居住者)が日本に出張した場合の留守宅手当と源泉

T&A masterのNo.604に「留守宅手当、出張者の源泉で当局が確認」という記事が掲載されていました。

日本から、海外への出向者に対して、現地での給与との差額を補填するために留守宅手当を支給するということはよく行われています。

この留守宅手当については、出向元が支払っても海外勤務に対する者であるため源泉徴収の対象とはなりません。ここまではよくある話ですが、上記の記事で取り上げられていたのは、非居住者となっている海外出向者が出張で一時的に日本に帰国し、当該従業員に対して留守宅手当を支給していたらどうなるのかという点です。

結論としては、出向元の日本企業の仕事で出張するようなケースであれば、日本への出張部分の留守宅手当については国内源泉所得となり、源泉徴収の対象となる可能性が高くなるとのことで、実際に税務調査で否認されているケースもあるとのことですので注意が必要です。

なお、外国法人の従業員が当該外国法人の仕事で日本に出張し短期間滞在した場合には、租税条約が締結された国で、以下の要件をすべてみたす場合には短期滞在者免税が適用されます。

  1. 日本における知財期間がその年を通じて183日以内であること
  2. 報酬を支払う雇用者は日本の居住者ではないこと
  3. その報酬が日本国内に雇用者が有する支店等の恒久的施設により損金計上されない

海外への出向者への留守宅手当については、出向元の日本企業で支払われ損金計上されますので、上記3の短期滞在者免税の要件には該当しなくなり、結果として国内源泉所得となりうるということのようです。

日々成長

関連記事

  1. 雇用者給与等支給増加額を事後的に増額する更生請求は認められない

  2. 日台租税条約の不思議-どうやって実現したか?

  3. 平成23年税制改正による租税特別措置法改正(その3)

  4. 連結納税(その6)-特定連結子会社の範囲詳細

  5. 従業員が不正に受領したリベートの帰属の帰属-平成24年2月29日…

  6. 控除対象外消費税は交際費の判定に影響するか

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,420,418 アクセス
ページ上部へ戻る