閉じる
閉じる
閉じる
  1. 重要な会計上の見積り開示項目-連結では平均1.7個
  2. 内部統制報告制度強化等は先送り
  3. 自宅兼事務所に必要経費、合理的であれば在宅勤務FAQの方法も可
  4. 電子取引データ保存、紙でも受領する場合の取扱いが明確に
  5. 「四半期開示」はどこに落ち着く?
  6. 電子取引データ保存・・・メールデータは範囲検索できなくてもよいらしい
  7. 株主総会資料の電子提供制度に対応する定款変更はいつ実施?
  8. インボイス制度導入により売手負担の振込手数料処理が煩雑になるらしい
  9. RSは退職給与として損金算入が認められない
  10. 育児・介護休業法改正-2022年4月施行
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

海外への出向者(非居住者)が日本に出張した場合の留守宅手当と源泉

T&A masterのNo.604に「留守宅手当、出張者の源泉で当局が確認」という記事が掲載されていました。

日本から、海外への出向者に対して、現地での給与との差額を補填するために留守宅手当を支給するということはよく行われています。

この留守宅手当については、出向元が支払っても海外勤務に対する者であるため源泉徴収の対象とはなりません。ここまではよくある話ですが、上記の記事で取り上げられていたのは、非居住者となっている海外出向者が出張で一時的に日本に帰国し、当該従業員に対して留守宅手当を支給していたらどうなるのかという点です。

結論としては、出向元の日本企業の仕事で出張するようなケースであれば、日本への出張部分の留守宅手当については国内源泉所得となり、源泉徴収の対象となる可能性が高くなるとのことで、実際に税務調査で否認されているケースもあるとのことですので注意が必要です。

なお、外国法人の従業員が当該外国法人の仕事で日本に出張し短期間滞在した場合には、租税条約が締結された国で、以下の要件をすべてみたす場合には短期滞在者免税が適用されます。

  1. 日本における知財期間がその年を通じて183日以内であること
  2. 報酬を支払う雇用者は日本の居住者ではないこと
  3. その報酬が日本国内に雇用者が有する支店等の恒久的施設により損金計上されない

海外への出向者への留守宅手当については、出向元の日本企業で支払われ損金計上されますので、上記3の短期滞在者免税の要件には該当しなくなり、結果として国内源泉所得となりうるということのようです。

日々成長

関連記事

  1. 交際費と会議費の区分

  2. 「上場有価証券の評価損に関するQ&A」は現在も有効

  3. 法人契約の損害保険から受け取った保険金を従業員へ支払った場合の課…

  4. 「利益剰余金と資本剰余金の双方を原資とする剰余金の配当」は全額が…

  5. 自社株対価M&Aの課税繰延は今後の検討課題に

  6. 一定期間災害保障重視型定期保険が1/2損金算入保険になるようです…




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,575,093 アクセス
ページ上部へ戻る