閉じる
閉じる
閉じる
  1. 最近の会計監査人の異動の状況を確認
  2. スキャナ保存の入力期限等を緩和する方向で電子帳簿保存法が改正へ
  3. 平成31年度税制改正を確認(その3)-法人税
  4. 2019年3月期上場会社株主総会の集中日は6月27日
  5. 取締役の報酬・解任を巡るトラブル
  6. 平成31年度税制改正を確認(その2)-法人税
  7. 軽減税率対応のPOSレジでも誤った処理の可能性?
  8. マンション仕入控除でアズ企画設計に更正処分
  9. 賃金原資が減少しない場合の就業規則変更の合理性判断
  10. 平成31年度税制改正を確認(その1)-法人税
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

事業税の超過税率、神奈川と兵庫は9月に議会へ上程されるとのことです。

平成27年税制改正における事業税の見直しを受け超過税率を適用している8都道府県のうち神奈川県と兵庫県を除いては平成28年4月以降の税率がすでに公布されていますが、未だ未公布となっている神奈川県と兵庫県では9月に議会に上程が予定されているとのことです。

東京都の税率の公布が3月決算会社の第1四半期末の翌日である7月1日に公布されたのは記憶に新しいところですが、神奈川と兵庫も9月中の上程ということで公布日が9月中となるのか10月にずれ込むのかが、神奈川と兵庫に本社を置く会社には気になるところではないでしょうか。

すでに公布が完了している都道府県と公布日は以下のとおりです。
・大阪府 3月31日
・東京都 7月1日
・宮城県 7月10日
・愛知県 7月10日
・京都府 7月13日
・静岡県 7月21日

これも、現在ASBJですすめられている公布日基準の見直しが完了すれば気にならなくなる論点ですので、早急に見直しを完了してもらいたいところです。

日々成長

関連記事

  1. 消費税法改正に伴う会計ソフトの修正費用の取扱いは?

  2. 為替予約等の含み益で十億超の計上漏れ?

  3. 労働保険料の概算保険料の損金算入時期

  4. 出張手当と所得税・消費税の関係

  5. 自宅兼事務所の家賃が必要経費として認められない!

  6. 通勤手当の非課税限度額引き上げ等ー平成28年度税制改正大綱

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,960,684 アクセス
ページ上部へ戻る