閉じる
閉じる
閉じる
  1. 2021年4月1日より「租税条約に関する届出書」の電子提出が可能に
  2. 算定・月変実務の変更点(2021年)
  3. ムゲンエステート、消費税をめぐる裁判で上告を断念
  4. 研究開発税制の自社利用ソフトへの適用拡大
  5. 2021年2月期の小売業・サービス業のコロナ影響収束見込
  6. 公益財団法人への自己株の低額割当が散見される?
  7. 2021年3月期有価証券報告書、金融庁レビューの重点テーマ審査は?
  8. 在宅勤務時の残業食事代の課税関係
  9. 名義変更保険の節税が不可能になるようです
  10. ワーケーション旅費の税務上の取扱い
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

事業税の超過税率、神奈川と兵庫は9月に議会へ上程されるとのことです。

平成27年税制改正における事業税の見直しを受け超過税率を適用している8都道府県のうち神奈川県と兵庫県を除いては平成28年4月以降の税率がすでに公布されていますが、未だ未公布となっている神奈川県と兵庫県では9月に議会に上程が予定されているとのことです。

東京都の税率の公布が3月決算会社の第1四半期末の翌日である7月1日に公布されたのは記憶に新しいところですが、神奈川と兵庫も9月中の上程ということで公布日が9月中となるのか10月にずれ込むのかが、神奈川と兵庫に本社を置く会社には気になるところではないでしょうか。

すでに公布が完了している都道府県と公布日は以下のとおりです。
・大阪府 3月31日
・東京都 7月1日
・宮城県 7月10日
・愛知県 7月10日
・京都府 7月13日
・静岡県 7月21日

これも、現在ASBJですすめられている公布日基準の見直しが完了すれば気にならなくなる論点ですので、早急に見直しを完了してもらいたいところです。

日々成長

関連記事

  1. 消費税(その8)-個別対応方式勘定別留意点2

  2. 税金の滞納残高は14年連続で減少-国税庁発表

  3. 通勤手当非課税限度額の上乗せ特例の廃止-平成23年改正

  4. 子会社の清算に伴う債権放棄・現物分配・株式消却損

  5. 感染対策徹底で10月以降税務調査が本格化?

  6. 「課税資産の譲渡等以外の資産の譲渡等に要するもの」と課税資産の譲…

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,991,324 アクセス
ページ上部へ戻る