閉じる
閉じる
閉じる
  1. 在外子会社の使用権資産のBS表示科目
  2. GoToEatキャンペーンを企業が接待で使用した場合の判定基準は?
  3. 少額な電車代・バス代も「報酬・料金」に該当すれば源泉対象
  4. カフェテリアプランに財形メニューがあっても換金性あるとはいえず
  5. 監査基準の改訂「その他の記載内容」につき監査人の手続を明確化
  6. 株主総会で限度額が決議され、取締役会で一任決議あれば、代表取締役社長に…
  7. テレワーク導入費用の課税関係
  8. 法人に係る消費税の申告期限の特例-改正法の適用時期および適用手続
  9. アズ企画設計が審査請求棄却を不服として東京地裁に更正処分取消を提訴
  10. GoToトラベル-地域共通クーポン利用も全額が課税仕入
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

事業税の超過税率、神奈川と兵庫は9月に議会へ上程されるとのことです。

平成27年税制改正における事業税の見直しを受け超過税率を適用している8都道府県のうち神奈川県と兵庫県を除いては平成28年4月以降の税率がすでに公布されていますが、未だ未公布となっている神奈川県と兵庫県では9月に議会に上程が予定されているとのことです。

東京都の税率の公布が3月決算会社の第1四半期末の翌日である7月1日に公布されたのは記憶に新しいところですが、神奈川と兵庫も9月中の上程ということで公布日が9月中となるのか10月にずれ込むのかが、神奈川と兵庫に本社を置く会社には気になるところではないでしょうか。

すでに公布が完了している都道府県と公布日は以下のとおりです。
・大阪府 3月31日
・東京都 7月1日
・宮城県 7月10日
・愛知県 7月10日
・京都府 7月13日
・静岡県 7月21日

これも、現在ASBJですすめられている公布日基準の見直しが完了すれば気にならなくなる論点ですので、早急に見直しを完了してもらいたいところです。

日々成長

関連記事

  1. 電子申告義務化は平成32年4月1日以後開始事業年度から

  2. 「申告漏れ」「所得隠し」「脱税」の違いは?

  3. 社員旅行費用の税務上の取扱い

  4. マンション管理組合の駐車場貸出は収益事業?

  5. 会計限定の監査役登記の登録免許税は1万円に落ち着くようです

  6. 税務上の「のれん」とは?(その3)

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,247,559 アクセス

ページ上部へ戻る