閉じる
閉じる
閉じる
  1. 一部を店内飲食する場合の軽減税率
  2. 適時開示ガイドブック改正後の「公認会計士等の異動に関するお知らせ」事例…
  3. 会計帳簿閲覧権の対象となる会計帳簿はどこまで?
  4. 会社法制(企業統治等関係)の見直しに関する要綱案が決定(その2)
  5. 有報の所有者別状況に記載する株主数は?
  6. 会社法制(企業統治等関係)の見直しに関する要綱案が決定(その1)
  7. CG報告書で資本コストの率を明記している事例
  8. アンテナ設置収入は収益事業に該当-東京高裁判決
  9. 「報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書」の支払調書が送付されてこないと…
  10. 金商法監査-売上高区分1兆円以上の最低監査報酬は12,180千円?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

事業税の超過税率、神奈川と兵庫は9月に議会へ上程されるとのことです。

平成27年税制改正における事業税の見直しを受け超過税率を適用している8都道府県のうち神奈川県と兵庫県を除いては平成28年4月以降の税率がすでに公布されていますが、未だ未公布となっている神奈川県と兵庫県では9月に議会に上程が予定されているとのことです。

東京都の税率の公布が3月決算会社の第1四半期末の翌日である7月1日に公布されたのは記憶に新しいところですが、神奈川と兵庫も9月中の上程ということで公布日が9月中となるのか10月にずれ込むのかが、神奈川と兵庫に本社を置く会社には気になるところではないでしょうか。

すでに公布が完了している都道府県と公布日は以下のとおりです。
・大阪府 3月31日
・東京都 7月1日
・宮城県 7月10日
・愛知県 7月10日
・京都府 7月13日
・静岡県 7月21日

これも、現在ASBJですすめられている公布日基準の見直しが完了すれば気にならなくなる論点ですので、早急に見直しを完了してもらいたいところです。

日々成長

関連記事

  1. 「その他の株式等」は短期保有株式の要件に要注意

  2. 平成27年度税制改正による所得拡大促進税制の改正-中小企業者等

  3. グループ法人税(その1)-概要

  4. 平成29年度税制改正後も1円ストックオプションは損金算入OKとあ…

  5. 控除対象外消費税は交際費の判定に影響するか

  6. 事業所税の確認(その3)-資産割

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,412,484 アクセス
ページ上部へ戻る