閉じる
閉じる
閉じる
  1. 物価高騰による減額改訂に定期同額の弾力的運用なし
  2. IPO会社の監査法人、4大監査法人以外の割合が増加
  3. みなし取得日に発生した多額の「のれん」等を即減損した事例
  4. 書面交付請求の対象範囲が縮減される方向へ
  5. プライム市場上場会社の英文開示実施率が92.1%に上昇
  6. 有償ストックオプションの会計処理が再論点化?
  7. 会計監査人の異動は2年連続で200社超
  8. 女性活躍推進法に基づく男女別賃金格差開示が2022年7月以後終了事業年…
  9. 日本税理士連合会がインボイス制度の導入延期か運用緩和を求める
  10. 光通信株式会社と株式会社光通信
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

従業員持株会への奨励金は増加傾向?

2015年10月5日に東京証券取引所から「2014年度従業員持株会状況調査結果」が公表されました。

調査対象は2015年3月末現在の東京証券取引所上場内国会社3,468社のうち、大和証券、SMBC日興證券、野村證券、みずほ証券及び三菱UFJモルガン・スタンレー証券の5社のいずれかと事務委託契約を締結している従業員持株制度を有する3,090社となっています。

まず、従業員持株会の加入者1人当たりの平均保有金額は、215.7万円で前年度比39.1万円(22.2%)増となっています。平均でそんなに高いのかと感じましたが、よくよく考えると、希望者のみが加入するものであり、持株会に加入しようとする人はその会社に長くいようと考えていることが多いはずなので、1人当たりの平均額もそれなりに大きくなるのが自然ということなのでしょう。
前年度との比較で39.1万円増加しているのは、株価の上昇によるものと考えてよさそうです。

なお、従業員持株会が保有する株式の時価総額は5兆2,145億円で前年度末に比べて1兆35億円増加(23.8%増)となっていますが、調査対象会社全体の時価総額(538兆8,438億円)に占める従業員持株会の株式保有金額の比率は0.97%で0.04ポイントの低下となったとのことです。

最後に、従業員持株会に加入している人にとっては気になる奨励金の水準ですが、まず奨励金が支給されている会社は調査対象会社の96.5%とのことです。
奨励金の水準としては、拠出金1000円あたり40円以上60円未満の会社が最も多く、全体の43.7%(1,349社)となっています。中でも奨励金額が50円の会社が1,321社とのことですので、奨励金の水準としては拠出額の5%が一般的といえそうです。

したがって奨励金の水準は5%前後に集中するのかと思いきや、次に多い奨励金のレンジは100円以上150円未満で、全体の31.9%にあたる985社となっているとのことです。ただし、このレンジのうち奨励金額100円の会社が959社と大半であることから、奨励金の水準という意味では、5%か10%が一般的といえそうです。

なお、奨励金の平均支給額は、2013年度77.47円、2014年度78.68円と約1.5%程度増加しており、水準を引き上げている会社がそれなりにあるものと推測されます。福利厚生を充実させて労働人口の減少に伴う人材の維持確保という側面もあるのかもしれません。

日々成長

関連記事

  1. 人事権の行使による賃金減額の有効性(その1)

  2. いったいいくらもらえるの?-遺族年金(その1)

  3. 海外駐在者の健康保険・厚生年金保険への加入の要否(その1)

  4. 交通機関による遅延証明書があっても遅刻分は無給?

  5. 第1回賃金等請求権の消滅時効の在り方に関する検討会開催されたそう…

  6. 働きやすい会社ランキング2011(追加)-上位50社など




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,158,205 アクセス
ページ上部へ戻る