閉じる
閉じる
閉じる
  1. 監査報酬は6年連続増加傾向-2020年版上場企業監査人・監査報酬実態調…
  2. 休業手当は給与課税、休業補償は非課税
  3. スチュワードシップ・コードの再改訂内容を確認
  4. 3月決算6月末申告でも一定の対応で利子税が免除になるそうです
  5. 企業が従業員に支給するコロナ対応の見舞金は非課税の可能性
  6. 経理でテレワークの実施率はどれくらい?(最終結果)
  7. 2020年3月決算会社-上場10社程度が継続会開催方針を決定
  8. フリーランス等に支払う立替経費には源泉徴収が必要というけれど・・・
  9. 雇用保険法の改正を確認(2020年改正)
  10. 役員報酬の自主返納と定期同額給与
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

監査役監査の監査報告書ひな形の改正

2015年10月15日に日本監査役協会は改訂版「監査報告のひな形」を公表しました。

適用時期については特に書かれていないようですが、改正会社法に対応したものであるので、今後は改訂版を用いて問題ないと思います。

どこが変更になったのかですが、「取締役会+監査役会+会計監査人」の機関設計の監査報告書について、新旧対照表で比較すると、大きく異なっているのは「 事業報告に記載されている親会社等との取引について、当該取引をするに当たり当社の利益を害さないように留意した事項及び当該取引が当社の利益を害さないかどうかについての取締役会の判断及びその理由について、指摘すべき事項は認められません。」という一文が加わっている点です。

これは改正会社法において、会社が親会社等との間で利益が相反する取引(利益相反取引)を行った場合、会社の利益を害さないように留意した事項および利益相反取引が会社の利益を害さないかどうかについての取締役(会)の判断とその理由等が事業報告の内容とされることとなったことに関連するものです。

法務省令の改正によって、監査役会の監査報告では上記の点について意見の記載が求められてることとされており、この改正に伴い、監査役協会のひな形で上記の一文が追加されたということのようです。

上記以外の部分では、「監査役及び監査役会の監査の方法及びその内容」について、番号等が用いられて見やすい形式に改訂されています。

日々成長

関連記事

  1. 東証一部で独立社外取締役を2名以上選任している会社の割合が9割超…

  2. 2013年の定款変更のトレンド

  3. 改正会社法(その4)-監査等委員会設置会社詳細(その3)

  4. 取締役就任時の慰労金特約が持つ意味は?

  5. 会社法施行から10年目-役員の変更登記に要注意

  6. 株主総会の入場者の所持品検査は認められるか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 9,790,091 アクセス
ページ上部へ戻る