閉じる
閉じる
閉じる
  1. 物価高騰による減額改訂に定期同額の弾力的運用なし
  2. IPO会社の監査法人、4大監査法人以外の割合が増加
  3. みなし取得日に発生した多額の「のれん」等を即減損した事例
  4. 書面交付請求の対象範囲が縮減される方向へ
  5. プライム市場上場会社の英文開示実施率が92.1%に上昇
  6. 有償ストックオプションの会計処理が再論点化?
  7. 会計監査人の異動は2年連続で200社超
  8. 女性活躍推進法に基づく男女別賃金格差開示が2022年7月以後終了事業年…
  9. 日本税理士連合会がインボイス制度の導入延期か運用緩和を求める
  10. 光通信株式会社と株式会社光通信
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

監査役監査の監査報告書ひな形の改正

2015年10月15日に日本監査役協会は改訂版「監査報告のひな形」を公表しました。

適用時期については特に書かれていないようですが、改正会社法に対応したものであるので、今後は改訂版を用いて問題ないと思います。

どこが変更になったのかですが、「取締役会+監査役会+会計監査人」の機関設計の監査報告書について、新旧対照表で比較すると、大きく異なっているのは「 事業報告に記載されている親会社等との取引について、当該取引をするに当たり当社の利益を害さないように留意した事項及び当該取引が当社の利益を害さないかどうかについての取締役会の判断及びその理由について、指摘すべき事項は認められません。」という一文が加わっている点です。

これは改正会社法において、会社が親会社等との間で利益が相反する取引(利益相反取引)を行った場合、会社の利益を害さないように留意した事項および利益相反取引が会社の利益を害さないかどうかについての取締役(会)の判断とその理由等が事業報告の内容とされることとなったことに関連するものです。

法務省令の改正によって、監査役会の監査報告では上記の点について意見の記載が求められてることとされており、この改正に伴い、監査役協会のひな形で上記の一文が追加されたということのようです。

上記以外の部分では、「監査役及び監査役会の監査の方法及びその内容」について、番号等が用いられて見やすい形式に改訂されています。

日々成長

関連記事

  1. 株主リストに関するよくあるご質問

  2. 会計士による合理的な株価算定があれば有利発行にあたらない?

  3. 債務超過の子会社から他の子会社への無対価吸収分割

  4. 監査等委員会設置会社-移行表明含めると約700社

  5. 当初総会でも前事業年度の配当可能限度額内であれば配当決議可(継続…

  6. 未作成だと会社法による計算書類等の謄本請求も効果なし?




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,158,202 アクセス
ページ上部へ戻る