閉じる
閉じる
閉じる
  1. 企業が従業員に支給するコロナ対応の見舞金は非課税の可能性
  2. 経理でテレワークの実施率はどれくらい?(最終結果)
  3. 2020年3月決算会社-上場10社程度が継続会開催方針を決定
  4. フリーランス等に支払う立替経費には源泉徴収が必要というけれど・・・
  5. 雇用保険法の改正を確認(2020年改正)
  6. 役員報酬の自主返納と定期同額給与
  7. 数カ月間の役員報酬減額、戻した後の損金算入はどうなる?
  8. 経理でテレワークの実施率はどれくらい?
  9. 当初総会でも前事業年度の配当可能限度額内であれば配当決議可(継続会)
  10. 賃金等請求権の消滅時効(労働基準法の改正)を確認
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

タワーマンションによる節税には要注意

タワーマンションを使った節税に対して、国税庁が適正な課税の観点から財産評価基本通達6項の運用を行う旨を改めて示し、行きすぎた節税に注意喚起を行ったという記事が税務通信で取り上げられていました。

確かにタワーマンションの節税について、そのようなタイトルの記事が雑誌に掲載されているのを見かけたことはありますが、自分には関係ないのできちんと読んだことはありませんでした。

そもそも、タワーマンションを何の節税に使うのかですが、相続税の節税に使用するのが流行りのようです。

何故節税になるのかですが、タワーマンションは高層階になればなるほど販売価格が高額になる傾向にある一方で、相続税の財産評価上は、基本的に建物と土地の価額を持分の価額で按分して計算されるため、資産の価値に比して相続税評価額が低く計算される傾向があるためだそうです。

どれくらい市場価格と相続税評価額に開きがあるのかですが、国税庁が公表したデータ(サンプル数343件)によると平均で3倍程度の開きがあったとのことです。そして最大では6.93倍の開きがあったとされています。

7倍というのは、それを購入した方に見る目があったということなのかもしれませんが、平均でも約3倍の開きがあるとのことですので、相続税の課税ベースが拡大されたこともあり、節税手法としてよく取り上げられるのもわかります。自分には関係なさそうなのが悲しいところですが・・・

基本的な評価方法は上記の通りなのですが、財産評価基本通達の6項では「この通達の定めによって評価することが著しく不適当と認められる財産の価額は、国税庁長官の指示を受けて評価する。」という例外的な評価方法が定められています。

行きすぎた節税には、この規定を適用して財産評価の引き直しを行うぞというのが国税庁の方針のようです。では、どのようなケースが問題となるかですが、購入が相続直前であるようなケースや利用実績から節税のみを目的としていることが明らかな場合に、同項の規定が適用される可能性が高まるようです。

不動産業者の口車にのって安易な節税対策に走ると痛い目に遭う可能性があるので注意が必要なようです。

日々成長

関連記事

  1. 高率返戻率の保険契約はもはや契約困難らしい

  2. 控除対象外消費税は交際費の判定に影響するか

  3. 消費税(その14)-課税売上割合に準ずる割合

  4. 電子帳簿保存法の要件を充足する市販ソフトは?

  5. 自動車保険の免責部分は消費税の課税対象?

  6. 一定期間災害保障重視型定期保険が1/2損金算入保険になるようです…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 9,751,636 アクセス
ページ上部へ戻る