閉じる
閉じる
閉じる
  1. 株主総会開催地の定款の定めは削除するのが賢明
  2. グループ通算制度の概要(その3)ー時価評価
  3. 社外取締役の在り方に関する実務指針ー社外取締役の5つの心得とは?
  4. 上場会社当における会計不正ー5年で167件は氷山の一角?
  5. グループ通算制度の概要(その2)ーみなし事業年度
  6. コロナ禍で役員給与長期未払も即、定期同額給与否定とはならず
  7. 2022年10月1日から5人以上の士業事務所も厚生年金の強制加入対象に…
  8. 会計監査人の異動は過去5年で最多の142件に-令和2年モニタリングレポ…
  9. コロナ関連のGC注記を5社が記載(経営財務誌調べ)
  10. グループ通算制度の概要(その1)-概要
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

タワーマンションによる節税には要注意

タワーマンションを使った節税に対して、国税庁が適正な課税の観点から財産評価基本通達6項の運用を行う旨を改めて示し、行きすぎた節税に注意喚起を行ったという記事が税務通信で取り上げられていました。

確かにタワーマンションの節税について、そのようなタイトルの記事が雑誌に掲載されているのを見かけたことはありますが、自分には関係ないのできちんと読んだことはありませんでした。

そもそも、タワーマンションを何の節税に使うのかですが、相続税の節税に使用するのが流行りのようです。

何故節税になるのかですが、タワーマンションは高層階になればなるほど販売価格が高額になる傾向にある一方で、相続税の財産評価上は、基本的に建物と土地の価額を持分の価額で按分して計算されるため、資産の価値に比して相続税評価額が低く計算される傾向があるためだそうです。

どれくらい市場価格と相続税評価額に開きがあるのかですが、国税庁が公表したデータ(サンプル数343件)によると平均で3倍程度の開きがあったとのことです。そして最大では6.93倍の開きがあったとされています。

7倍というのは、それを購入した方に見る目があったということなのかもしれませんが、平均でも約3倍の開きがあるとのことですので、相続税の課税ベースが拡大されたこともあり、節税手法としてよく取り上げられるのもわかります。自分には関係なさそうなのが悲しいところですが・・・

基本的な評価方法は上記の通りなのですが、財産評価基本通達の6項では「この通達の定めによって評価することが著しく不適当と認められる財産の価額は、国税庁長官の指示を受けて評価する。」という例外的な評価方法が定められています。

行きすぎた節税には、この規定を適用して財産評価の引き直しを行うぞというのが国税庁の方針のようです。では、どのようなケースが問題となるかですが、購入が相続直前であるようなケースや利用実績から節税のみを目的としていることが明らかな場合に、同項の規定が適用される可能性が高まるようです。

不動産業者の口車にのって安易な節税対策に走ると痛い目に遭う可能性があるので注意が必要なようです。

日々成長

関連記事

  1. 別の税理士に乗り換えられて解任された場合の報酬はどこまで請求可能…

  2. 平成23年度税制改正による消費税改正-95%ルールの見直し

  3. 連結納税(その4)-導入のメリット(損金算入限度額が大きくなる可…

  4. 通勤手当非課税限度額の上乗せ特例の廃止-平成23年改正

  5. 100%子会社株式の評価損に対する税効果(グループ法人税)

  6. マイナンバー対応のシステム改修費用の取扱い

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,023,406 アクセス
ページ上部へ戻る