閉じる
閉じる
閉じる
  1. EY新日本有限責任監査法人は最近、会計監査人の交代に際し意見を述べるこ…
  2. 退職代行業者から従業員が退職したいという旨の連絡が来た場合の対応とは?…
  3. 2年契約なら2年分の申告書作成報酬が8%?-消費税経過措置
  4. 会計監査人の交代-クライアントの変動が多かった監査法人は?
  5. 個人番号照会スキームが今国会で実現するらしい
  6. 所得拡大促進税制-決算賞与で要件充足は要注意
  7. 監査人の交代が3年連続で増加
  8. 休憩時間を勝手にずらして取得する社員を懲戒できるか?
  9. 新たな連結納税制度は「個別申告方式}?
  10. 「従業員の状況」欄で男女別の平均給与等を記載している事例
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

監査事務所ローテーションアンケート結果ー経営財務3239号

経営財務3239号に”監査事務所のローテーション制について”として同誌が実施したアンケート結果が掲載されており、興味深かったので紹介します。

同アンケートの回答有効数は156件で、所属別には上場企業64、非上場企業37、公認会計士43、その他12となっています。各質問に対して各区分毎の結果が掲載されていますが、ここでは上場企業と公認会計士の回答についてのみ取り上げることとします。

まず、「監査事務所のローテーション制は必要だと思いますか?」という質問に対して、”はい”と回答した割合は上場企業で37.5%、公認会計士で32.6%となっています。”いいえ”と回答した多くは費用対効果の点から割に合わないという回答であったとのことです。会社側の立場からはよく分かりますが、会計士側にとっても他の監査法人等から交代で監査を引き継ぐというのはやはり相当な負担であるということだと思います。

次に、「監査事務所のローテーションは,企業の会計不正の防止等に効果があると思いますか?」という質問に対して、”はい”と回答した割合は上場企業で50%、公認会計士で39.5%となっています。上場企業と公認会計士で10%以上も回答に開きがあるのはなかなか興味深い点です。”いいえ”とした回答では、「「企業に関する知識」が途絶えることで監査の質が低下し、むしろ不正を見逃す可能性が高くなるといった内容」が多かったとのことですが、会社は会計士ほどそのようには考えていないということなのでしょう。

さらに、「監査事務所(法人)そのもののローテーションと、現行の監査責任者(関与社員)のローテーションとでは,会社との関係上、何がどのように異なりますか」という質問に対して、上場企業の回答として「クライアントの事を最も把握しているのは、現場の統括主査、主査であり、関与社員のローテーションと、監査事務所のローテーションは全くの別物である」というものがあったとのことです。それでいいのかというのはさておき、その通りです。

最後に、「監査事務所のローテーション制が導入された場合、以下の項目にはどのような変化があると思いますか。」という質問で監査報酬に対する回答が興味深い結果となっていました。上場企業は、”あがる”という回答が51.6%(”下がる”は30.6%)と半数を上回っている一方で、公認会計士は”下がる”という回答が52.4%(”あがる”は28.6%)と半数を上回っており正反対の回答となっています。

会社側の立場からすると、初年度の監査の場合は時間が余計にかかることが想定されるので監査報酬があがるのではないかと想像しますが、一方で監査人としてはローテーション時に監査契約を取ろうとすると監査報酬を高くは設定できないと考えているということかもしれません。最近でも一時期はIPOで監査を頼もうとすると、相見積もりをするなら受けませんというような強気な法人もあったと聞いていますが、一定期間経過後に一定数のクライアントを失うということになると話は全く異なってきそうです。

監査報告書にサインする会計士をローテーションするよりも、監査報告書にサインするには、そのクライアントの監査に一定年数以上従事していないといけないというような規制の方が有用なのかも知れません。監査法人が交代するとサインできる人がいなくなってしまいますが・・・

日々成長

関連記事

  1. 「親会社の親会社」は関連当事者に該当しない?

  2. 共通支配下の事業譲渡に係る税効果-連結財務諸表の処理

  3. 「比較情報の取扱いに関する研究報告(公開草案)」が公表されました…

  4. エフオーアイの粉飾-主幹事証券に責任認めず(東京高裁)

  5. 未適用の会計基準等の注記-平成24年3月期事例

  6. 東証の上場基準が緩和されたそうですが・・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,608,981 アクセス
ページ上部へ戻る