閉じる
閉じる
閉じる
  1. 源泉徴収推計課税の明確化などが図られる-令和2年度改正
  2. 懲戒請求に被超会社の意思確認は必要なし
  3. 2019年12月17日に上場予定のfreeeが社宅管理関連のプロダクト…
  4. 消費税の増税で顧問料等に係る源泉税の取扱いが話題に?
  5. 領収書「但し書き」が空欄に「追記」はさすがにアウト
  6. 富裕層に対する追徴税額が過去最高になったそうです
  7. 即時充当によるキャッシュレスに係る消費税の仕入税額控除の処理
  8. 帳簿の提示を拒み続け約29億円を納付
  9. 有価証券報告書の訂正報告書提出が増加傾向?
  10. デロイトトーマツコンサルティングで異常な退職引き留め?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

建物附属設備に対する平成28年4月1日以後の資本的支出も定額法で一本化

平成28年度税制改正によって建物附属設備と構築物の償却方法が「定額法」に一本化されることなっていますが、従来250%定率法・200%定率法を適用していた建物附属設備等に対して行われた資本的支出についても、平成28年4月1日以後取得分については、減価償却方法として定額法しか認められないこととなるようです(税務通信3393号)。

建物の減価償却方法が定額法に一本化されたのは、平成10年度税制改正においてですが、その際には、適用日前に定率法で償却していた建物について適用日以後に行った資本的支出の償却方法が定額法に強制されることはありませんでした。

しかしながら、現在の法人税法施行令55条1項では、資本的支出の対象となった減価償却資産と種類及び耐用年数を同じくする減価償却資産を新たに取得したものと取り扱われることから、取得日が平成28年4月1日以後の資本的支出についても減価償却方法は定額法で一本化されるとのことです。

したがって、従来定率法を採用していたケースでは資本的支出の対象となった建物附属設備あるいは構築物と、それに対して実施した資本的支出は減価償却方法が異なることとなりますので、種類及び耐用年数が同じであっても償却限度額のグルーピング計算は行えないことになる見込みとのことです。

日々成長

関連記事

  1. 平成25年度税制改正-中小企業向け改正点の確認

  2. 日台租税条約の不思議-どうやって実現したか?

  3. 償却資産税(その3)

  4. 税務上の「のれん」とは?(その2)

  5. 印紙税の非課税文書の範囲が拡大―平成25年度税制改正

  6. 循環取引の税務上の取り扱いとは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 9,018,125 アクセス
ページ上部へ戻る