閉じる
閉じる
閉じる
  1. 少額短期保険は生命保険料控除の対象外はなぜ?
  2. 研究開発費(試験研究費)税制における人件費の専ら要件
  3. 雇用調整助成金を独立掲記する場合の表示区分は何が主流?
  4. 東証1部上場会社の議決権行使書面の行使期限を巡る判決
  5. 短期前払費用の特例における継続要件の留意点
  6. 決算期変更で1年超の会計期間となった場合の対応
  7. 3月決算会社(2021年)の総会前有報提出は27社
  8. 東証一部上場会社の約3割がESG、SDGs等を有報で開示
  9. 株式交付(その3)-手続概要
  10. 電子データと紙の両方で受領した請求書等の保存の取り扱いはどうなる?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

特例措置の雇用調整助成金の益金算入時期

税務通信3639号の税務の動向で特例措置の雇用調整助成金の益金算入時について取上げられていました。

通常の雇用調整助成金の場合は、休業を実施した事業年度に支給額が確定していなくても、支給額を見積もって休業を実施した事業年度の益金に算入することとされています(法基通2-1-42)。

(法令に基づき交付を受ける給付金等の帰属の時期)
2-1-42 法人の支出する休業手当、賃金、職業訓練費等の経費をほてんするために雇用保険法、労働施策の総合的な推進並びに労働者の雇用の安定及び職業生活の充実等に関する法律、障害者の雇用の促進等に関する法律等の法令の規定等に基づき交付を受ける給付金等については、その給付の原因となった休業、就業、職業訓練等の事実があった日の属する事業年度終了の日においてその交付を受けるべき金額が具体的に確定していない場合であっても、その金額を見積り、当該事業年度の益金の額に算入するものとする。
(注) 法人が定年の延長、高齢者及び身体障害者の雇用等の雇用の改善を図ったこと等によりこれらの法令の規定等に基づき交付を受ける奨励金等の額については、その支給決定があった日の属する事業年度の益金の額に算入する。

通常の期用調整助成金の手続では、休業期間等を計画し労使協定を結んだ後で労働局等に「計画届」を提出することとされていますが、雇用調整助成金の特例措置では、助成率及び上限額の引き上げが行われているとともに、「計画届」の提出は不要とされています。

厚生労働省のサイトで示されている支給の流れは以下のとおりとされています。


(出典:厚生労働省サイト)

この特例措置による場合には、「休業手当の支給が同助成金による補てんを前提としていないことから、支給の決定をうけた事業年度に支給額を益金算入すればよく、休業を実施した事業年度においてえ金額を見積もる必要はないという。同助成金は、任意の1年間の対象期間内の休業実績を1か月単位で判定し、通常はその期間ごとに支給申請をする仕組みになっている。各支給申請に係る同助成金の支給が決定するたびに、その支給額を益金算入することになる」とのことです。

特例措置はいまのところ令和3年2月28日までとなっていますが、緊急事態宣言が2月7日に解除された場合、3月末まで現行措置が延長される予定とされていますので、3月決算会社の場合も上記の処理になることを意識しておくことは有用だと考えられます。

関連記事

  1. 情報提供要請の法整備が検討されているそうです

  2. 一人当たり5000円以下であれば、居酒屋での交際費も損金算入でき…

  3. 3月末に期限の切れる租税特別措置等の適用期限延長

  4. 臨時特例企業税は違法・無効で635億円を返金(神奈川県)-未収入…

  5. 「その他の株式等」は短期保有株式の要件に要注意

  6. 国外財産調書と国外財産調書、両調書提出義務ある場合は国外財が産特…

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,498,835 アクセス
ページ上部へ戻る