閉じる
閉じる
閉じる
  1. 少額短期保険は生命保険料控除の対象外はなぜ?
  2. 研究開発費(試験研究費)税制における人件費の専ら要件
  3. 雇用調整助成金を独立掲記する場合の表示区分は何が主流?
  4. 東証1部上場会社の議決権行使書面の行使期限を巡る判決
  5. 短期前払費用の特例における継続要件の留意点
  6. 決算期変更で1年超の会計期間となった場合の対応
  7. 3月決算会社(2021年)の総会前有報提出は27社
  8. 東証一部上場会社の約3割がESG、SDGs等を有報で開示
  9. 株式交付(その3)-手続概要
  10. 電子データと紙の両方で受領した請求書等の保存の取り扱いはどうなる?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

税制改正による定額法への変更で混乱が生じる可能性が大?

T&A master NO.626に「税制改正による定額法変更で企業に混乱が生じる可能性大」という記事が掲載されていました。

平成28年度税制改正によって、法人税法上、建物附属設備及び構築物の減価償却方法について、定率法が廃止され定額法に一本化される見込みであるという点は以前も取り上げましたが、この改正が大きな混乱をもたらす可能性があるという内容です。

これは、税制改正に伴って会社が建物附属設備の減価償却方法を定率法から定額法に変更した場合には、「正当な理由による会計方針の変更」に該当しない可能性があるためです。

「会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準の適用指針」では、会計基準等の改正に伴う会計方針の変更以外の会計方針の変更を行うための正当な理由がある場合とは、次の要件が満たされているときをいう、として以下の二つが掲げられています。

  1. 会計方針の変更が企業の事業内容又は企業内外の経営環境の変化に対応して行われるものであること
  2. 会計方針の変更が会計事象等を財務諸表に、より適切に反映するために行われるものであること

税制改正に伴う減価償却方法の変更は上記のいずれにも該当しないため、税制改正を理由として減価償却方法を変更することは認められない可能性があるということになります。

しかしながら、平成23年度税制改正により定率法が250%定率法から200%定率法に変更された際には、「減価償却に関する当面の監査上の取扱い」が改正され、税制改正に伴い250%定率法から200%定率法への変更する場合には法令等の改正に伴う変更に準じた正当な理由による会計方針の変更として取り扱われることとされた経緯があります。

上記記事でも「日本公認会計士協会あるいは企業会計基準委員会による取扱いの指針が待たれるところだ」とされていますが、個人的には「減価償却に関する当面の監査上の取扱い」のようなものが当然出されるものだと考えています。

そもそも200%定率法や250%定率法という償却方法自体、財源確保を目的として変更されてしまうような理論とは無縁とも言える方法ですので、そのような変更が法令等の改正に伴う変更に準じた正当な理由による会計方針の変更として取り扱われるのであれば、税制改正によって減価償却方法が変更されるのも同様に取り扱われることになると期待するのが普通ではないかと思います。

税務上は建物附属設備について定額法を採用するほかありませんので、仮に会計上、会計方針の変更が認められないとすれば無駄な管理コストが発生することとなることからしても、対応が図られることとなると考えられます。

日々成長

関連記事

  1. 脱税指南のコンサル会社代表への損害賠償請求が認められた事案

  2. 包括利益の表示に関する会計基準(その1)

  3. 無対価吸収分割の会計処理-100%子会社から100%子会社

  4. 過年度遡及修正と各法制度との関係(その1)

  5. 時価の算定に関する会計基準(その3)

  6. DESを巡る税賠訴訟、高裁でも税理士法人に3億円の賠償命令

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,498,513 アクセス
ページ上部へ戻る