閉じる
閉じる
閉じる
  1. キャッシュレスポイント還元事業で国に賠償命令が下されたそうです
  2. 株式交付(その4)-株式交付計画の記載事項
  3. 短期退職手当等Q&Aでポイントを確認
  4. 少額短期保険は生命保険料控除の対象外はなぜ?
  5. 研究開発費(試験研究費)税制における人件費の専ら要件
  6. 雇用調整助成金を独立掲記する場合の表示区分は何が主流?
  7. 東証1部上場会社の議決権行使書面の行使期限を巡る判決
  8. 短期前払費用の特例における継続要件の留意点
  9. 決算期変更で1年超の会計期間となった場合の対応
  10. 3月決算会社(2021年)の総会前有報提出は27社
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

IFRS任意適用会社がようやく100社を突破

2016年2月9日にアサヒグループホールディングス(東一)が、2016年2月12日に住友ゴム工業(東一)、ダンロップスポーツ(東一)、アウトソーシング(東一)の3社がIFRSの任意適用を公表しました。

いずれの会社も2016年12月期末からIFRSの任意適用を開始するとのことです。

これにより、ようやくIFRSの任意適用会社が100社を超えて、101社となりました(経営財務調べ)。目標とする300社にはあと200社とまだまだ先が長そうです。

過去の推移を確認してみるとIFRSの任意適用が50社を突破したのが2014年11月、60社突破が2015年2月、そして4月には80社を突破しています。3月決算会社が決算発表等に合わせて任意適用を表明することが多いので、4月~5月の公表が多くなるわけですが、それにしても大きく増加しているという状況ではありません。

2016年もある程度の増加が見込まれるものの、このペースでいくと年末までに150社に届くか否かというレベルではないかと推測されます。

海外で資金調達をしているような場合や買収等により多額ののれんを計上するような会社でなければ、あえてIFRSを適用することの意味はあまりないと思いますので、IFRSが強制適用されない限りは、次第に任意適用社数の伸び率は低下するのではないかと思います。

遅々として任意適用社数が増加しない状況により、IFRSの強制適用の議論が再燃しないことを祈るばかりです。

日々成長

関連記事

  1. IFRS適用会社(予定含む)が225社に

  2. IFRS適用の国内子会社も実務対応報告18号の対象に

  3. IFRS任意適用の目標が300社というのは何故?

  4. IAS10(後発事象)

  5. IFRSでの減価償却費はやはり定額法が無難?

  6. IASBがのれん減損テストの緩和措置を検討するそうです

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,510,485 アクセス
ページ上部へ戻る