閉じる
閉じる
閉じる
  1. 受取配当金の益金不算入額過大計上に要注意?
  2. 米国の会計監査人在任期間100年超が3社
  3. 改正民法(その3)・・・危険負担
  4. 2018年12月期決算会社-改正税効果基準早期適用は15社
  5. 2019年3月期の決算発表日はどうなっている?
  6. 節税保険対応の通達改正案が公表
  7. 会計監査人の継続監査年数を最大10年と定めた会社の事例
  8. 2015年にマザーズに上場した会社の株主総利回りを試しに10社計算して…
  9. 地方法人税の還付請求失念に要注意
  10. 四半期レビュー報告書等の記載内容が改訂へ
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

単なる計上漏れの前期損益修正の損金算入は認められず

T&A master No.630の「中小法人の損金処理をめぐる最近の税務紛争」という記事の中に「単なる計上漏れの前期損益修正、法人税法の公正処理基準に該当せず」として、ある税務訴訟が取り上げられていました。

この記事で取り上げられていたのは、過年度に発生した計上漏れ費用を前期損益修正として当事業年度で損金算入(仕入税額控除)することができるか否かが問題となったもので、結論としては損金算入が認められないという結論になっていました。

それは厳しいなという気がしましたが、この事案で問題となったのは、平成21年3月期に平成13年度に発生した派遣料の計上漏れを発見して前期損益修正として損金算入したところ、税務調査で否認されて争いになったというものです。

金額的な規模感については言及されていませんでしたが、7年くらい前の計上漏れということで、通常の期ズレとは随分イメージは異なります。

裁判において会社側は、「過年度の計上漏れを修正するための前期損益修正は会計慣行として広く受け入れられているため、法人税法22条4項の公正処理基準により損金算入ができる旨などを主張した」とのことですが、裁判所は「単なる計上漏れのような場合において、企業会計上行われている前期損益修正の処理を法人税法上も是認すると、同一の費用を複数の事業年度で計上することができることになるため、公平な所得計算を行うべきであるという法人税法上の要請に反する」と指摘し、「単なる計上漏れのように本来の事業年度で計上すべきであった損益を後の事業年度で前期損益修正として計上するような処理を公正処理基準に該当するものとして認めることはできない」という判断を下したとのことです。

では、税務上どのように処理すべきかなのですが、この点については「修正申告や更正により過去の事業年度に遡って修正することが予定されている」とされています。

金額、修正までのタイミング、各期の所得の状況等から、そこまで厳密には言われないこともあるかもしれませんが、原則的な考え方は意識しておいた方がよさそうです。

日々成長

関連記事

  1. フリーレントの税務上の取扱

  2. 給与較差補填で否認を受けることがないようにするには(その2)

  3. 見積計上した費用は法人税法上加算すべきか(その2)

  4. 繰延税金資産は税務調査でも注目される?

  5. 平成30年度税制改正を確認-法人税(その2)

  6. 接待飲食費に関するFAQ(国税庁)の確認(その2)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,819,912 アクセス
ページ上部へ戻る