閉じる
閉じる
閉じる
  1. テレワークの交通費、所得税の非課税限度額適用の有無は本来の勤務地で判断…
  2. プライム市場上場会社、88.1%が英文招集通知を提供
  3. タクシー、インボイス対応か否かは表示灯での表示を検討?
  4. 副業の事業所得該当判断の金額基準はパブコメ多数で見直し
  5. 総会資料の電子提供制度、発送物の主流はアクセス通知+議案等となりそう
  6. 押印後データ交付の場合、作成データのみの保存は不可(伝帳法)
  7. 四半期開示の議論再開(第1回DWG)
  8. 内部統制報告制度の見直しが審議、年内に方向性が出されるそうです。
  9. Iの部に添付される監査報告書のサインを電子署名にしたらどうなる
  10. 物価高騰による減額改訂に定期同額の弾力的運用なし
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

役員退職給与の算定方法は平均功績倍率が最も合理的

T&A master No.632に「役員退職給与の算定方法は平均功績倍率が最も合理的」という記事で未公開の裁決事例が紹介されていました。

1.基礎事実等

この事案では、死亡退職した代表取締役に支給した役員退職給与に不相当に高額な部分があるものとして、支給額の一部を不算入とする課税決定処分が行われたことについて争われた事案です。

当該代表取締役は昭和56年10月20日に取締役に、平成15年10月20日に代表取締役に就任し、死亡退職しました。役員在任期間は27年(端数切り上げ)で、最終報酬月額は240万円でした。

会社は役員退職慰労金規定に基づき、臨時株主総会決議を経て支給された退職慰労金は4億2000万でした。
なお、この金額は最終報酬月額に役員在任期間27年、役員倍数5倍、功労加算1.3倍を乗じて算定されたものとなっています。

これに対して税務当局は、退職給与として相当であると認められる金額を217,080,000円と算定し、これを超過する202,920,000円は法人税法34条2項に規定する不相当に高額な部分の金額にあたるため損金算入できないとして更正処分等を行いました。

2.審判所の判断

審判所は「不相当に高額な部分の金額」を含むか否かを判断するためには、当該退職役員がその法人の業務に従事した期間及びその退職の事情を考慮するとともに、同業類似法人の役員に対する退職給与の支給の状況等と比較して検討するのが相当であるとしましした。

審判所の主な認定事実は以下のとおりです。

  • 本件体表取締役に対して、報酬として平成17年1月から平成18年9月まで月額200万円、平成18年10月から平成19年10月まで月額220万円、平成19年1月から平成20年10月まで月額240万円を計上した。
  • 原処分庁は同業類似法人5社から功績倍率の平均値3.35を採用した。
  • 原処分庁が金属製品製造業として選定した法人は、日本標準産業分類の分類項目表による「中分類24-金属製品製造業」に該当する業種を営む法人と同一である。
  • 原処分庁は、上記平均功績倍率3.35に最終報酬月額240万円および勤続年数27年を乗じて217,080,000円を算定した。
  • そして、まず平均功績倍率法を用いた算定が合理的か否かについて、同業類似法人における功績倍率の平均値を算定することにより、同業類似法人間に通常存在する諸要素の差異やその個々の特殊性が捨象され、より平準化された数値が得られるものであるといえることから、最終報酬月額、勤続年数及び平均功績倍率を用いて役員退職給与の適正額を算定する平均功績倍率法は、類似法人の抽出が合理的に行われる限り、法人税法第34条第2項及び法人税法施行令第70条第2号の趣旨に最も合致する合理的な方法としました。

    固定ページ:

    1

    2

    関連記事

    1. 消費税(その14)-課税売上割合に準ずる割合

    2. 時価純資産法の評価益に適用する税率は?-最終年度の事業税の取扱い…

    3. 平成30年度税制改正大綱が決定(その3)-所得課税関係

    4. 規程で計算可能は未支給の賞与損金算入要件の「通知」に該当せず

    5. 事前照会のリスクとは?

    6. 連結納税(その5)-連結納税のデメリットは?




    カテゴリー

    最近の記事

    ブログ統計情報

    • 12,285,950 アクセス
    ページ上部へ戻る