閉じる
閉じる
閉じる
  1. 国税庁から在宅勤務にかかる費用負担等に関すFAQが公表されました
  2. 棚卸立会もリモートで実施可能?
  3. 令和2年分の給与支払報告書は前倒しで提出したほうがよいらしい
  4. 改正会社法施行日前に取締役の報酬等の決定方針を決議する必要があるそうで…
  5. 市場区分の見直しに向けた上場制度整備-第二次改正事項が公表
  6. 2020年IPOは93社-監査法人別の社数の傾向に変動あり
  7. テレワーク勤務解除に労働契約上の根拠は必要か
  8. 2020年経営財務誌が選ぶ5大ニュースとは?
  9. スキャナ保存制度の抜本改革を確認(令和3年度税制改正大綱)
  10. 無免許運転により事故を起こした場合に健康保険は使える?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

エナリスの監理銘柄の指定が解除されないのは何故だろう?

5月末に特設注意銘柄の指定が継続され、7月29日に内部管理体制報告書を東証に再提出したエナリスですが、1か月を経過した現在も「監理銘柄(審査中)」に指定されたままとなっています。

内部管理体制報告書は会社が作成して提出するものとはいえ、提出に際しては東証と何度も協議して作成しているものだと思いますので、改めて審査するとしても1か月もあれば結論はでるだろうという気がしてなりませんので、何があるのだろうかというのが気になります。

内部管理体制報告書提出後、7月末に大手銀行2行から各10億円づつ借入を行った旨のリリースを出しているので、手元資金を潤沢にして、上場廃止に備えているのかななどと勘ぐっていましたが、さらに8月10日にKDDIとの資本・業務提携を発表しました。

以前のリリースで前社長一族の持株比率を低下させる旨が明らかにされていましたが、前社長一族の保有する株式のうち30%をKDDIに譲渡するという形で資本提携が実現しています。

このリリースが公表された8月10日に同社株式の終値は442円、このリリースを受けて株価は上昇し、相対取引で株式が譲渡された8月17日の終値は719円となっています。

ちなみに、30%分を取得したKDDIの取得単価は500円となっていますので、このバリュエーションが妥当であれば、その後の同社の株価は加熱気味といえそうです。KDDIが面倒を見てくれるという安心感はわかりますが、東証としては会社がつぶれることはなさそうだということであれば、どんな決断も下しやすくなったのではないかとも考えられます。

さらに8月24日に「臨時株主総会召集のための基準日設定に関するお知らせ」というリリースが公表されています。2016年10月に臨時株主総会を開催する予定とされていますが、「本臨時株主総会の開催日時、開催場所、上程する議案等につきましては、今後開催する当社取締役会において決定次第、改めてお知らせいたします。」となっています。

臨時株主総会を開いてまでやらなければならないことは何なのだろう・・・

KDDIから取締役を選任して社長が交代するというようなことも考えられなくはありませんが、臨時株主総会を開いてまでやる必要があることでもないように思います。もっとも、それがKDDIとの資本提携の条件であったり、東証からの要請事項であるという可能性もあるかもしれません。

ただ、時価総額約8000億円のKDDIが30%も取得するほどやる気を見せるのであれば、同社を上場させておくよりは、とっとと残りの70%を取得して完全子会社化してまうということも考えられなくはありません。

残り70%のうち前社長一族がなお保有している約19%の株式を取得した上で、残りを株式交換などで取得して完全子会社化するというのもありえます。

10月に開催される臨時株主総会の議案等については決定次第お知らせするとなっていますが、臨時株主総会を開催することは決定している以上、何をするのかは決まっているはずであり、東証もそれを把握しているはずです。

だとすると、このまま臨時株主総会まで指定は解除されないというのが答えなのかも知れません。とかいって、何事もなかったように明日解除されたりするのかもしれませんが・・・

関連記事

  1. 平成29年3月期有価証券報告書作成上の注意点

  2. 決算短信における業績予想開示の傾向

  3. 震災関連の寄付金は特別損失?

  4. 19年3月期決算短信、2Q予想開示取りやめが2.9ポイント増加

  5. 上場したら業績予想が不可能になるのは何故だろう

  6. 「1株当たり純資産額算定上の基礎」を開示することも意味がありそう…

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,545,411 アクセス

ページ上部へ戻る