閉じる
閉じる
閉じる
  1. 少額短期保険は生命保険料控除の対象外はなぜ?
  2. 研究開発費(試験研究費)税制における人件費の専ら要件
  3. 雇用調整助成金を独立掲記する場合の表示区分は何が主流?
  4. 東証1部上場会社の議決権行使書面の行使期限を巡る判決
  5. 短期前払費用の特例における継続要件の留意点
  6. 決算期変更で1年超の会計期間となった場合の対応
  7. 3月決算会社(2021年)の総会前有報提出は27社
  8. 東証一部上場会社の約3割がESG、SDGs等を有報で開示
  9. 株式交付(その3)-手続概要
  10. 電子データと紙の両方で受領した請求書等の保存の取り扱いはどうなる?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

2016年上期のIPOは42社-経営財務調べ

経営財務3272号の記事によると2016年上期のIPOは42社となったとのことです。直近3年間の上期IPO社数の推移を確認してみると以下のようになっています。

2016年 42社
2015年 45社
2014年 26社

ちなみに、2013年、2012年は年間のIPO社数がそれぞれ58社、46社となっていますので、2016年上期の社数は昨年よりも3社減少しているとはいえ、最近5年では高い水準となっているといえます。

2016年上期の42社を市場別に区分した場合の社数は以下のようになっています。

マザーズ 25社
JASDAQ  7社
東証一部  4社
東証二部  3社
TOKYO PRO 2社
名証二部  1社

全体の約60%がマザーズ市場での上場となっています。

次に、監査法人別にみると以下のようになっています。

新日本  13社
あずさ  10社
トーマツ  8社
太陽    7社
PwCあらた、三優、東陽、リンクス  各1社

タイミングの問題といえばそれまでですが、東芝の件がありながら新日本が13社と健闘しています。失礼ながら、それ以上に意外だったのは、太陽監査法人が7社となっている点です。

T&A master No.652の”監査法人のガバナンス・コードを策定へ”という記事によると、所属公認会計士の数は新日本が3,441人、トーマツが3,050人、あずさが2,975人となっていのに対して、太陽は226人と大手三法人の10分の1以下の人員数となっていますので、新たに7社の監査が増加するというのは結構きついのではないかという気はします。

ちなみに上期のIPO社数は1社ですが、「Pwcあらた」の所属公認会計士数は846人となっています。東芝の会計監査人となったのは記憶に新しいところですが、最近ではどうやら良い条件によって積極的に人員の獲得に努めているようです。

次に業種別にみると以下のようになっています。

サービス業 13社
情報通信業 11社
卸売業    4社
小売業    3社
その他    9社

この他、LINEが日米同時上場を果たした他、コメダホールディングもIFRSを任意適用して新規上場を果たしています。

昨年ほど株式市場の勢いはありませんが、順調にIPO社数が増加していってもらいたいところです。

関連記事

  1. 2013年上期IPOは20社

  2. 6月上場の最初の承認会社はなんとなく不思議な感じがする会社

  3. 2020年3月に入り8社がIPO承認を取り消し

  4. 2013年新規上場は58社-監査法人は27社がトーマツ

  5. IPO時の特別情報が不要に!-金融庁、内閣府令の改正案を公表

  6. 東証マザーズ等の株主数基準が引き下げの方向で検討されているそうで…

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,498,718 アクセス
ページ上部へ戻る