閉じる
閉じる
閉じる
  1. 清流監査法人に対し行政処分を勧告
  2. 収益認識会計基準ー28社が早期適用【経営財務誌調べ】
  3. 三菱ケミカルホールディングスが任意でKAMの報告を受領
  4. 19年3月期決算短信、2Q予想開示取りやめが2.9ポイント増加
  5. 不動産鑑定士の鑑定評価額、相続税法上の時価と認められず
  6. 一定の短期払のがん保険も資産計上対象に
  7. 日本税理士会連合会が給与所得控除削減を求める
  8. 労働基準法上、賃金の一部または全部を外貨で支払うことは可能か?
  9. 東京都令和元年10月1日以後の外形標準課税の超過税率が決定
  10. 公認会計士等の実質的異動理由を10個例示・・・企業内容等ガイドライン
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

Excel利用時のこのマウス操作は常識?

今回はExcel使用時のマウス操作についてです。Excelはキーボードですべての操作ができるように作られているらしいのでキーボードしか使わないという方もいるかもしれませんが、デスクトップPCを使っている場合はマウスも使用していることが普通だと思います。

で、キーボード操作だとショートカットキーがどうこうという話になるのですが、そもそもマウス操作もきちんと理解していなかったということに最近になって気づきました。

常識なのかも知れませんが、個人的にはそうだったのかと感じた操作を取り上げます。

1.データの終点へのジャンプ

ショートカットキーでいうとCTRT+矢印キーとかCTRT+HOMEなどの操作です。マウスだけでこの操作ができたんだというのが最初の処理です。

方法はいたって簡単で、表内のセルで移動したい方向の枠をダブルクリックするというものです。下のケースでは下方向に入力されているデータの終点のセルにジャンプします。セルの右枠であれば右側の終点セルへ、上枠であれば上側の終点セルを選択することができます。

jump1

データ量が多い表の場合でも、セルから手を離してキーボードでCTRL+↓などという操作をする必要はありません。

2.表内のデータクリア

年度毎に入力値をアップデートする必要がある定型的な表があった場合、年度が替わると表内のデータを削除する必要があります。

消したい範囲を選択してDELキーを押せば削除できるわけですが、マウスを使用して範囲を選択するのであれば、以下のように入力内容を削除できます。

マウスを使用して、消去したい範囲をドラッグします。ドラッグした終点、たとえば下の図のように、左上のセルから右下のセルに向かってドラッグした場合は、右下の角にポインタを合わせると「+」が表示されます。
de1_1

今度は逆に消去したい範囲の内側に向かってドラッグすると、入力内容が消去されるセルが薄い灰色に変わっていきます。

del_2

消去したい範囲全体が薄い灰色になったら左クリックボタンを放します。すると、データが削除されます。

del_3
del_4
範囲を選択してDELキーを押した方が早いということもあるでしょうが、マウス操作も覚えておいて損はないと思います。

また、これを応用すると、以下のように空白部分を選択してドラッグすることにより、罫線も含めセルを削除することができます。この方法も意外に役に立つのではないかと思います。
del_5
del_6

関連記事

  1. HLOOKUP関数って何?-知っていると便利かも

  2. Word2016の翻訳機能は使える?

  3. PCデータの自動バックアップ

  4. キングジムのSHOT NOTEは使えるか?

  5. Evernote

  6. 人気ブロガーの記録術―すべてを記録する方法とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,275,839 アクセス
ページ上部へ戻る