閉じる
閉じる
閉じる
  1. キヤノンの2019年12月期監査報告書にKAMが記載
  2. 会計士協会、有報提出期限の一律延長等を提案
  3. 自社製品企業がを新型コロナ対応で無償提供した場合の税務上の取扱い
  4. 2019年12月期有価証券報告書提出延長申請は3社
  5. ボリュームライセンス、ライセンスキー一つでも単位当たりで判定可能
  6. たな卸資産と棚卸資産
  7. 「上場有価証券の評価損に関するQ&A」は現在も有効
  8. 2020年3月に入り8社がIPO承認を取り消し
  9. 新型コロナ関連の後発事象記載事例
  10. 新型コロナウィルス対策と株主総会ー12月決算会社の事例
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

Wordの不思議(その4)-オートフォーマットの不思議

今回は、Wordのオートフォーマットによる段落番号等の設定についてです。

Wordで番号や記号を入力すると自動で段落番号等が設定されますが、これが便利だったり煩わしかったりします。

オートフォーマットの設定をオフにする方法

まず、煩わしくて仕方がないという場合には、以下のようにオートフォーマットの設定をオフとすることができます(Word2013の場合)。

「ファイル」→「オプション」→「文書校正」→「オートコレクトのオプション」→「入力フォーマット」の「箇条書き(行頭文字)」、「箇条書き(段落番号)」のチェックをオフにします。

word4-1

word4-2

上記のチェックを外すと、Wordで文書を作成していても段落番号等が自動的に設定されることはなくなります。

オートフォーマットで箇条書きや段落が自動生成されるケース、されないケース

記号を使って箇条書きを設定しようとする場合、以下のように改段落しても箇条書きが設定できない場合と箇条書きが設定できる場合があります。

word4-3

記号を用いて箇条書きをオートフォーマットで作成するためには、記号の後にタブを入力する必要があります(スペースでも可能)。

見た目はそれほど異なりませんが、タブ記号を表示すると、箇条書きが設定されている場合とされていない場合は以下のように異なります。

word4-4

より明確に確認するためには、「Alt+Ctrl+O」でアウトライン表示を確認すると段落が設定されているのかいないのかを確認することができます。
word4-5

なお、上記のアウトライン表示を使うためは、アウトライン名を表示するための領域を設定する必要があります。表示領域の設定は、「ファイル」→「オプション」→「詳細設定」→表示の「下書き表示およびアウトライン表示でのスタイル名表示領域」で30mm程度に領域を設定することができます。

word4-6

このスタイル表示は、スタイルが設定されている文書で、スタイルが適用されているのかベタ打ちなのかなどを確認するためにも有用なので覚えておくとよいと思います。

段落番号を使用する場合

数字を用いて段落を自動で作成しようとする場合、数字+TABないしスペースでは以下のように自動で段落は作成されません。

word4-7

数字を使用する場合は、数字のあとに「.」や「)」などの記号が必要となります。数字だけで段落が作成されてしまうと、数字を入力したいときに自動で段落化されてしまって使い勝手がわるいということなのではないかと推測されます。

word4-8

関連記事

  1. グローバルデータでレンタルしたデータ通信機器を韓国で使用してみた…

  2. Excelの使い方を改めて確認してみた(その3)

  3. Wordの不思議(その1)-広すぎる行間が縮まらないのは何故?

  4. 「すごい文房具」ってどんなもの?

  5. Excel利用時のこのマウス操作は常識?

  6. Wordの不思議(その3)-網掛けが思い通りにいかないのは何故?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 9,557,756 アクセス
ページ上部へ戻る