閉じる
閉じる
閉じる
  1. クラウド導入のカスタイズ費用の税務上の取扱い
  2. 初期費用込みのクラウド利用料は金額が区分されているかどうかで取扱いが異…
  3. 海外の2019年会計にまつわる事項トップ10とは?
  4. 帳簿等の不提示を貫き多額の追徴課税処分を受けた納税者が控訴
  5. 自社株対価M&Aの課税繰延は今後の検討課題に
  6. いままで消費税申告延長が認められなかったのは何故?
  7. 株式上場(IPO)に係る監査事務所の選任に関する連絡協議会が設置された…
  8. 2019年IPO会社の監査報酬動向など
  9. 2019年経営税務誌が選ぶ5大ニュースとは
  10. 変形労働制の導入は不利益変更にあたる?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

Wordの不思議(その4)-オートフォーマットの不思議

今回は、Wordのオートフォーマットによる段落番号等の設定についてです。

Wordで番号や記号を入力すると自動で段落番号等が設定されますが、これが便利だったり煩わしかったりします。

オートフォーマットの設定をオフにする方法

まず、煩わしくて仕方がないという場合には、以下のようにオートフォーマットの設定をオフとすることができます(Word2013の場合)。

「ファイル」→「オプション」→「文書校正」→「オートコレクトのオプション」→「入力フォーマット」の「箇条書き(行頭文字)」、「箇条書き(段落番号)」のチェックをオフにします。

word4-1

word4-2

上記のチェックを外すと、Wordで文書を作成していても段落番号等が自動的に設定されることはなくなります。

オートフォーマットで箇条書きや段落が自動生成されるケース、されないケース

記号を使って箇条書きを設定しようとする場合、以下のように改段落しても箇条書きが設定できない場合と箇条書きが設定できる場合があります。

word4-3

記号を用いて箇条書きをオートフォーマットで作成するためには、記号の後にタブを入力する必要があります(スペースでも可能)。

見た目はそれほど異なりませんが、タブ記号を表示すると、箇条書きが設定されている場合とされていない場合は以下のように異なります。

word4-4

より明確に確認するためには、「Alt+Ctrl+O」でアウトライン表示を確認すると段落が設定されているのかいないのかを確認することができます。
word4-5

なお、上記のアウトライン表示を使うためは、アウトライン名を表示するための領域を設定する必要があります。表示領域の設定は、「ファイル」→「オプション」→「詳細設定」→表示の「下書き表示およびアウトライン表示でのスタイル名表示領域」で30mm程度に領域を設定することができます。

word4-6

このスタイル表示は、スタイルが設定されている文書で、スタイルが適用されているのかベタ打ちなのかなどを確認するためにも有用なので覚えておくとよいと思います。

段落番号を使用する場合

数字を用いて段落を自動で作成しようとする場合、数字+TABないしスペースでは以下のように自動で段落は作成されません。

word4-7

数字を使用する場合は、数字のあとに「.」や「)」などの記号が必要となります。数字だけで段落が作成されてしまうと、数字を入力したいときに自動で段落化されてしまって使い勝手がわるいということなのではないかと推測されます。

word4-8

関連記事

  1. タスクバーの配置を変更するだけの業務効率化

  2. FastStone Capture

  3. iPadのスクリーンコピー

  4. 知らなかった便利な関数-SUMIFS関数

  5. 「日産 驚異の会議-改革の10年が生み落したノウハウ」を読んで

  6. 人気ブロガーの記録術―すべてを記録する方法とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 9,155,661 アクセス
ページ上部へ戻る