閉じる
閉じる
閉じる
  1. IESBAが5年連続15%超の報酬依存で監査人辞任を提案
  2. 賃金債権の消滅時効は当面3年となるようです
  3. 個人がポイントを取得・使用した場合の課税関係
  4. 2019年のIPOは94社-経営財務誌調べ
  5. 令和2年改正で過大配当利用の節税封じ
  6. クラウド導入のカスタイズ費用の税務上の取扱い
  7. 初期費用込みのクラウド利用料は金額が区分されているかどうかで取扱いが異…
  8. 海外の2019年会計にまつわる事項トップ10とは?
  9. 帳簿等の不提示を貫き多額の追徴課税処分を受けた納税者が控訴
  10. 自社株対価M&Aの課税繰延は今後の検討課題に
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

クレジットカードによる国税納付が2017年より可能に

平成28年度税制改正で国税のクレジットカード利用による納付が可能になるというものがありましたが、2017年1月4日より、実際に納付が可能となっていました。

クレジットカードによる納付が可能となる税目には色々ありますが、主だったところには以下のものがあります。

  • 申告所得税及び復興特別所得税
  • 消費税及び地方消費税
  • 法人税
  • 地方法人税
  • 相続税
  • 贈与税
  • いずれにしても納付しなければならないものをクレジットカードで納付してカードのポイントやマイルが獲得できるならそれもいいかなと感じますが、注意すべき事があります。

    第1に、クレジットカード利用による国税の納付には決済手数料がかかります。決済手数料は、納付税額が最初の1万円までは76円(消費税別)、以後1万円を超える毎に76円(消費税別)を加算した金額となります。

    クレジットカードで国税を納付した場合の決済手数料については、「国税クレジットカードお支払いサイト」でシュミレーションが可能となっていますが、仮に100万円をクレジットカードで納付しようとすると、決済手数料は8,208円かかることとなります。

    100円で1マイルを獲得できるようなクレジットカードでマイルを獲得できれば、100万円で1万マイルということになるので、提携ポイント(1万円相当)への交換などを視野に入れると若干お得という判断もできますが、お得感はあまりありません。

    第2に、クレジットカードで国税を納付しても、クレジットカードのポイントやマイル獲得の対象外となるとは限らないという点です。これは、国税庁の「クレジットカード納付のQ&A」のQ1-6でも記載されており、要は各クレジットカード会社の規定に従うということになっています。

    ちなみに、使用可能なクレジットカードは、Visa、Mastercard、JCB、AMEX、Diners、TS CUBIC CARDとなっています。最後のTS CUBIC CARDって何だという感じかもしれませんが、これはトヨタのクレジットカードです。

    なぜ、このカードが追加されているのかというと、国からこの決済サービスの委託を受けているのがトヨタファイナンスだからだと思われます。

    ちなみに、クレジットカードの分割払は可能なようですが、ボーナス一括払いはできないそうです。

    巷で騒がれているFintecで100万円当たりの手数料を数百円レベルに抑えられるようになればよいですね。

    関連記事

    1. クラウドで提供するソフトウェアの制作費は自社利用ソフトか販売目的…

    2. 消費税(その5)-個別対応方式用途区分3 国税庁Q&A

    3. 「適用額明細書」って何?-平成23年4月1日以後終了事業年度から…

    4. 自社株式を対価とした株式取得による事業再編の円滑化措置を確認

    5. 税務当局がマークする電子商取引とは?

    6. 「減価償却資産の耐用年数等に関する省令」の改正

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    カテゴリー



    ブログ統計情報

    • 9,207,921 アクセス
    ページ上部へ戻る