閉じる
閉じる
閉じる
  1. 短期前払費用特例適用の留意点
  2. 会計監査人の異動は209件-2021年度モニタリングレポート
  3. 執行役員から社長選出の定款変更が否決された株主総会事例
  4. 電子取引制度、保存要件未充足で青色申告取消になる?
  5. 2021年3月期有報、KAMなしは119社
  6. 社会保険等で引き続き押印が必要な手続きは何?
  7. 2020年4月~2021年6月に61社が減資関連の適時開示を実施
  8. 電子取引制度-Excel台帳でも検索要件を満たせるようです
  9. 低解約返戻保険等の改正所得税改正通達が公表されました
  10. 中小企業経営資源集約化税制、DDが適用要件
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

東京都の法人事業税率は結局どうなった?

消費税率の引き上げが2年半延期されたことにより、平成29年4月1日以後開始事業年度から予定されていた「地方税課税の偏在是正措置」の実施も2年半施行が延期されています。

東京都は上記是正措置の施行を前提に条例の改正を行っていましたが、延期に伴い条例の再改正が必要な状況となっていました。その後の状況を確認してみたところ、是正措置の延期を織り込んだ都条例の改正が平成29年3月30日の都議会で可決・成立していました。

これにより、平成29年度に適用される法人事業税率や法人都民税法人税割の税率は平成28年度と同様ということになりました。東京都23区内の外形標準課税適用法人の主な税率の推移を確認しておくと以下のようになっています。

 平成29年度平成30・31年度平成32年度以降
法人税23.4%23.2%23.2%
地方法人税4.4%4.4%10.3%
法人事業税所得割(年800万超)0.88%0.88%3.78%
付加価値割1.26%1.26%1.26%
資本割0.525%0.525%0.525%
地方法人特別税414.2%414.2%(廃止)
法人都民税 法人税割16.3%16.3%10.4%

ここ数年、ずっとこんな確認を年度末前後にしている気がしますが、とりえず現時点では上記のとおりとなっています。

関連記事

  1. グループ法人税(その5)-繰延譲渡損益の実現(続き)

  2. 平成27年度税制改正大綱(その1)-法人実効税率の引き下げ

  3. 大会社の株式保有特定会社の判断基準が25%から50%になったとい…

  4. 海外出向者の給与負担を巡って寄附金課税が増えているそうです

  5. 税制適格ストックオプションの行使期間は延長できる?

  6. 一定の短期払のがん保険も資産計上対象に

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,283,684 アクセス
ページ上部へ戻る