閉じる
閉じる
閉じる
  1. 在外子会社の使用権資産のBS表示科目
  2. GoToEatキャンペーンを企業が接待で使用した場合の判定基準は?
  3. 少額な電車代・バス代も「報酬・料金」に該当すれば源泉対象
  4. カフェテリアプランに財形メニューがあっても換金性あるとはいえず
  5. 監査基準の改訂「その他の記載内容」につき監査人の手続を明確化
  6. 株主総会で限度額が決議され、取締役会で一任決議あれば、代表取締役社長に…
  7. テレワーク導入費用の課税関係
  8. 法人に係る消費税の申告期限の特例-改正法の適用時期および適用手続
  9. アズ企画設計が審査請求棄却を不服として東京地裁に更正処分取消を提訴
  10. GoToトラベル-地域共通クーポン利用も全額が課税仕入
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

東京都の法人事業税率は結局どうなった?

消費税率の引き上げが2年半延期されたことにより、平成29年4月1日以後開始事業年度から予定されていた「地方税課税の偏在是正措置」の実施も2年半施行が延期されています。

東京都は上記是正措置の施行を前提に条例の改正を行っていましたが、延期に伴い条例の再改正が必要な状況となっていました。その後の状況を確認してみたところ、是正措置の延期を織り込んだ都条例の改正が平成29年3月30日の都議会で可決・成立していました。

これにより、平成29年度に適用される法人事業税率や法人都民税法人税割の税率は平成28年度と同様ということになりました。東京都23区内の外形標準課税適用法人の主な税率の推移を確認しておくと以下のようになっています。

 平成29年度平成30・31年度平成32年度以降
法人税23.4%23.2%23.2%
地方法人税4.4%4.4%10.3%
法人事業税所得割(年800万超)0.88%0.88%3.78%
付加価値割1.26%1.26%1.26%
資本割0.525%0.525%0.525%
地方法人特別税414.2%414.2%(廃止)
法人都民税 法人税割16.3%16.3%10.4%

ここ数年、ずっとこんな確認を年度末前後にしている気がしますが、とりえず現時点では上記のとおりとなっています。

関連記事

  1. 償却資産税(その3)

  2. 交際費と会議費の区分

  3. 扶養控除等申告書には個人番号を記載しないという選択肢もあるようで…

  4. 税務調査の調査官に言ってはならない三つのこととは?

  5. 通勤手当非課税限度額の上乗せ特例の廃止-平成23年改正

  6. 自宅兼事務所の家賃が必要経費として認められない!

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,254,206 アクセス

ページ上部へ戻る