閉じる
閉じる
閉じる
  1. 重要な会計上の見積り開示項目-連結では平均1.7個
  2. 内部統制報告制度強化等は先送り
  3. 自宅兼事務所に必要経費、合理的であれば在宅勤務FAQの方法も可
  4. 電子取引データ保存、紙でも受領する場合の取扱いが明確に
  5. 「四半期開示」はどこに落ち着く?
  6. 電子取引データ保存・・・メールデータは範囲検索できなくてもよいらしい
  7. 株主総会資料の電子提供制度に対応する定款変更はいつ実施?
  8. インボイス制度導入により売手負担の振込手数料処理が煩雑になるらしい
  9. RSは退職給与として損金算入が認められない
  10. 育児・介護休業法改正-2022年4月施行
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

決算短信-通期予想のみ開示が約25%に増加

経営財務3313号で東京証券取引所が6月2日に公表した平成29年3月期決算発表状況の集計結果が取り上げられていました。

決算発表の即時性を重視するという名目で短信の簡素化が図られたわけですが、発表までの平均所要日数は39.3日と前年の39.6日とほとんど変化はありませんでした。正確には0.3日の短縮ですが、曜日の関係もあるので、誤差の範囲といってよいと思われます。

最も決算発表が多かったのが5月12日(金)で777社(33.1%)となっています。これに次いで5月11日(木)が306社(13.0%)、5月15日(月)が305社(13.0%)となっています。

短信記載要領の改正により経営方針の記載を取りやめた会社が全体の約83%であるのに対して、従来どおり記載を行った会社も約17%存在しており、一律に記載が求められる事項がなくなったからといって、速報性を重視して従来の記載を大幅に削減して開示したというケースは少ないということだと思われます。

また、サマリー情報の様式の使用義務も撤廃され、業績予想欄の記載も開示の柔軟化が図られていますが、業績予想については2345社の96.5%にあたる2264社が業績予想を開示しているとのことです。

一方で、第2四半期予想を取りやめ、通期業績の予想のみを開示した会社は全体の25.6%にあたる579社(レンジ開示6社を含む)と、昨年の19.2%よりも増加しているとのことです。

株主からすると年度業績予想のマイルストーンとして2Q業績予想も意味があると思いますが、企業側からすると出足が悪ければ、下期に向けてなんとかしようと施策を講じて年度予算を達成しようとするところ、2Qの業績予想との差異を対外的に説明するのは結構手間なので通期のみの予想が魅力的に思えるというのは理解できます。

四半期開示を行うことが短期的な業績にフォーカスしすぎた経営を助長するのではないかという議論は以前からありますが、年度の目標達成にむけて活動している中で2Qの予想が対外的に開示されていることにより、本来必要であると思われるものであっても予算外の費用を使いにくくなるというようなことは考えられます。

このような点からすると業界の変化が激しかったり、規模が比較的小さい会社では年度のみの業績予想開示を選択するという会社数がさらに増加していくのではないかと思われます。

関連記事

  1. 適時?開示-開示を失念していていただけかもしれません・・・

  2. 会計基準選択の採用理由までの記載は不要なようです

  3. 「収益認識に関する会計基準」に公表されました-18年3月期有報に…

  4. 平成27年1月~5月の上場会社における会計監査人の異動は50社-…

  5. 証券取引等監視委員会が令和元年の「開示検査事例集」を公表

  6. 不適正意見・意見不表明と上場廃止基準の関係




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,575,091 アクセス
ページ上部へ戻る