閉じる
閉じる
閉じる
  1. 岸田氏は四半期決算撤廃派?
  2. 株式交付制度(その2)-疑問点の確認
  3. 採用内定後のバックグラウンド調査と内定の取消-ドリームエクスチェンジ事…
  4. 株式交付制度(その1)-制度概要など
  5. 株式対価M&A投資促進税制-令和3年度税制改正
  6. 役員報酬が総会決議枠を超えるミスが散見されたそうです。
  7. プライム市場への生き残りをかけた増配?-明和産業
  8. 東京地裁が示した監査法人脱退時の持分払戻額の算定方法とは?
  9. CPE不正受講、2法人93名処分で終了
  10. 2020年4月期~2021年3月期のGC注記、全体件数横ばいもコロナ関…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

2名以上の独立社外取締役選任企業の割合は東証一部で88%に上昇

東京証券取引所は、2017年7月14日までに上場会社が提出したコーポレートガバナンス報告書に基づき集計した結果を、7月26日に「東証上場会社における独立社外取締役の選任状況及び委員会の設置状況」として公表しました。

当該資料によると、東証一部上場企業2021社のうち、2名以上の独立社外取締役を選任している企業は前期より212社増加し1,778社となっています。比率で見ると8.3%増加し、88%となっています。

コーポレートガバナンスコード導入後、2名以上の独立社外取締役の選任企業数は増加してきていますが、他の市場での状況は以下のとおりです。

(出典:「東証上場会社における独立社外取締役の選任状況及び委員会の設置状況」)

新興市場での割合はそれほど高くありませんが、興味深いのは、JASDAQよりもマザーズの方が2名以上の選任割合および伸び率が高くなっているという点です。マザーズへの上場企業は数年で本則市場への市場変更するケースも多く、本則市場への市場変更を見据えて早い時期から社外取締役2名体制を構築していることが多いということなのかもしれません。

また、市場別に社外取締役の選任数が0名の企業割合をみてみると、東証一部および二部の本則市場では、それぞれ24社(1.2%)、30社(5.7%)であるのに対して、マザーズおよびJASDAQではそれぞれ、199社(26.5%)、38社(15.8%)となっています。JASDAQでは約1/4が社外取締役を選任していないということで、これは思ったよりも高い割合で驚きました。

委員会の設置状況についても、増加傾向にあるのは社外取締役の選任状況と同様ですが、任意の指名委員会については東証一部上場企業であっても設置している企業は全体の28.6%(前年比4.6%増)と、それほど高い水準ではありません。

任意の報酬委員会についても、設置割合は全体の31.7%(前年比5%増)とそれほど高い水準ではありません。

任意の委員会についても、コーポレートガバナンスコードで触れられている項目でありますが、こちらままだまだ様子見という会社が多いといえそうです。

関連記事

  1. 総会決議のない役員報酬の損害賠償請求が高裁で確定

  2. 改正会社法を確認(その1)-改正の概要

  3. 包括利益計算書と計算書類の関係

  4. 新「四半期決算短信様式・作成要領」

  5. 配当手続の不備で取締役が約4,135万円を自腹で補填-阿波製紙

  6. 子会社の重要性が乏しいため連結財務諸表を作成していない場合の事業…

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,422,767 アクセス
ページ上部へ戻る