閉じる
閉じる
閉じる
  1. 物価高騰による減額改訂に定期同額の弾力的運用なし
  2. IPO会社の監査法人、4大監査法人以外の割合が増加
  3. みなし取得日に発生した多額の「のれん」等を即減損した事例
  4. 書面交付請求の対象範囲が縮減される方向へ
  5. プライム市場上場会社の英文開示実施率が92.1%に上昇
  6. 有償ストックオプションの会計処理が再論点化?
  7. 会計監査人の異動は2年連続で200社超
  8. 女性活躍推進法に基づく男女別賃金格差開示が2022年7月以後終了事業年…
  9. 日本税理士連合会がインボイス制度の導入延期か運用緩和を求める
  10. 光通信株式会社と株式会社光通信
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

仮想通貨の期末評価は、活発な市場があれば時価評価になるようです

T&A masetr No.711に「”活発な市場”は仮想通貨の流動性で判断」という記事が掲載されていました。

この記事によると、ASBJは現在「仮想通貨に係る会計上の取扱い」について検討を開始しており、11月頃に実務対応報告の公開草案を公表する方針とのことです。

実務対応報告では、資金決済法上の仮想通貨とすることを前提とし、会計処理としては、「活発な市場が存在する場合」には時価によって貸借対照評価額とし、帳簿価額との差額は当期の損益として処理する方向になっているとのことです。

ここでいう「活発な市場」をどのように判断するのかですが、この点については、「複数の仮想通貨取引所又は仮想通貨販売所で取り扱われているかどうかを要件とせず、当該仮想通貨が売買・換金を行うことが可能な程度に十分な流動性を有しているかどうかの観点から、活発な市場か否かの判断を行う方向になっている」とのことです。

当初は、複数の仮想通貨取引所又は仮想通貨販売所で取り扱われているかを判断基準とする方向で検討されていたようですが、業界団体に意見聴取した結果、複数の仮想通貨取引所又は仮想通貨販売所で取り扱われているか否かだけでは活発な市場であるかの判断基準として不十分であるという意見が聞かれたため、上記のような方向になったとされています。

2017年10月6日時点で仮想通貨交換業者として11社が登録されていますが、取り扱っている仮想通貨の種類をみると、1社のみが取り扱っている仮想通貨もいくつかみられます。取扱業者が1社であっても十分な流動性を有していれば活発な市場があるということになるわけですが、とはいえ、一般的に考えるとそのような場合は十分な流動性を有しているのといえるのかが問題となりそうです(そもそも一般事業会社が、取扱交換業者の少ない仮想通貨を保有する可能性は低いと思われますが・・・)。

また、時価の算定方法についても、最も取引が活発な仮想通貨取引所又は仮想通貨販売所の取引価格を使用することとする方向で検討されていたとのことですが、この点についても業界団体から実務上の対応が難しいとの意見があったため、自己の取引実績の最も大きい仮想通貨取引所又は仮想通貨販売所における取引価格を市場価格として使用する方向で検討されているとのことです。

関連記事

  1. SEC登録を廃止しても米国基準を継続使用できるのは・・・

  2. 年金資産の内訳作成時の留意事項(金融庁より)

  3. 不正リスク対応基準の公表-適用は平成26年3月期から(その1)

  4. 本社移転決定による資産除去債務計上開始の事例

  5. 平成25年3月期から適用になる新基準等は?

  6. 譲渡制限付株式を役員に交付した場合の会計処理は?




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,145,054 アクセス
ページ上部へ戻る