閉じる
閉じる
閉じる
  1. 書面交付請求の対象範囲が縮減される方向へ
  2. プライム市場上場会社の英文開示実施率が92.1%に上昇
  3. 有償ストックオプションの会計処理が再論点化?
  4. 会計監査人の異動は2年連続で200社超
  5. 女性活躍推進法に基づく男女別賃金格差開示が2022年7月以後終了事業年…
  6. 日本税理士連合会がインボイス制度の導入延期か運用緩和を求める
  7. 光通信株式会社と株式会社光通信
  8. 株式需給緩衝信託の会計処理
  9. 非財務情報開示強化に向けた動向
  10. 監査法人ハイビスカスに対する行政処分等を勧告
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

誤って提出した過去の償却資産申告書の修正方法

平成30年度にかかる償却資産の申告期限が来月末となっていますが、税務通信3486号の税務の動向に「廃却済みの償却資産の申告で過誤納金が生じているケースも」という記事が掲載されていました。

3月決算の会社が毎期固定資産の棚卸を実施していたとしても、償却資産の申告後に、廃却済みの固定資産の除却処理が漏れていたということが発覚する可能性はあります。

このようなケースにおいては、過誤納金の還付を受けることができますが、「自治体側から修正後の固定資産税の賦課決定を受ける方法については、特段法令等で規定されていない」とのことですが、「基本的には、過去に提出した「償却資産申告書」を修正等し、再提出することになる」とのことです。

法令等で修正方法が規定されていないとのことで、いくつかのパターンが考えられ、税務通信の記事では以下の二つの方法が紹介されていました。

一つ目の方法は、「誤った償却資産申告書を”差し換え”るパターン」で、この場合、申告書の上欄余白部に「修正」と記載して、正しい申告書を再提出することとなります。つまり、廃却済みであることが判明した資産について「前年中に減少したもの」の欄の金額を修正し、あるべき申告書の形にして提出するということになります。

二つ目の方法は、「誤った部分を追加”修正”するパターン」で、この場合、提出済みの誤った申告の「計」の欄の金額を「前年前に取得したもの」の金額に記載したうえで、追加で訂正する分のみを「前年中に減少したもの」の欄に記載する方法です。提出済みの申告書から変更した部分のみを明確に表示することに主眼をおいた方法といえます。

どちらを採用するかは好みの問題だと思いますが、個人的には変更部分が明確になっている後者の方法のほうがよいかなという気はします。

なお、本来納する必要がない過誤納金が生じている場合、法定納期限から5年以内で還付が受けられますので(地法11の4①、17の5⑤、362①)、来年1月の償却資産申告書の提出に合わせて見直してみるのがよいでしょう。

ただし、過去の申告内容を修正して還付を受けようとする場合、「廃棄したことを証明する書類」の提示が求められることが一般的で、そのような根拠資料がない場合は、遡っての修正は認めてもらえない可能性があるようですので、社内手続きも合わせて見直す必要があるかもしれません。

関連記事

  1. 平成24年税制改正(その1)-法人税及び租税特別措置法

  2. 消費税(その12)-課税売上割合の算出2

  3. 平成27年度税制改正大綱(その2)-繰越欠損金控除限度の引き下げ…

  4. 税務当局、重加算賦課姿勢に変化?

  5. 震災特例法による法人税の繰り還付と会計処理

  6. 日本のサラリーマンには夢はないか?-平成26年税制改正




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,071,940 アクセス
ページ上部へ戻る