閉じる
閉じる
閉じる
  1. 有報のテキストマイニングによるとESGとSDGs関する記載が増加してい…
  2. 総額表示義務特例が今年度末で期限切れ
  3. 感染対策徹底で10月以降税務調査が本格化?
  4. 「取締役の報酬等として株式を無償交付する取引に関する取扱い(案)」が公…
  5. 東証1部上場会社、指名委員会設置が5割超へ
  6. 在宅勤務手当等の支給増で所得拡大促進税制適用可となる可能性?
  7. ADワークス社-マンション販売仕入税額控除否認問題で勝訴
  8. 2020年年末調整に関係する改正事項
  9. あずさ監査法人でCPE取得に際し不正が判明したそうです
  10. 帳簿等の提示を拒み消費税約38億円の追徴事案が最高裁へ
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

2017年IPOは96社

本日東証二部に上場した(株)オプティマスグループをもって2017年のIPOは終了しました。

上場承認後、取り消しになった「アトリエはるか」などもありましたが、2017年のIPOは東証以外を含め前年より10社増加し96社となりました。

2012年以降の推移は以下のとおりです。なお、2012年のJQは正確には東証以外となりますが、比較の便宜上独立表記しています。

2012年48社(本則市場7社、マザーズ23社、JQ14社、プロ2社、東証以外2社)
2013年58社(本則市場12社、マザーズ29社、JQ12社、プロ4社、東証以外1社)
2014年80社(本則市場20社、マザーズ44社、JQ11社、プロ3社、東証以外2社)
2015年98社(本則市場17社、マザーズ61社、JQ11社、プロ6社、東証以外3社)
2016年86社(本則市場13社、マザーズ54社、JQ14社、プロ3社、東証以外2社)
2017年96社(本則市場19社、マザーズ49社、JQ18社、プロ7社、東証以外3社)

マザーズがもっとも多いという傾向に変化はありませんが、直近3年でみると、マザーズが減少傾向にある一方で、JQが増加傾向にあるという結果になっています。監査法人が新規案件を絞っているという報道もあるなかで、来年以降(特に2019年以降)の傾向にどのような影響があるのかには注目しています。

また、絶対数は大きくないもののTOKYO PRO Marketも7社と市場開設来最高数となっています。加えて、2017年12月18日にJQスタンダードに上場した(株)歯愛メディカルはTOKYO PRO Marketを経由して一般市場に上場した初の案件となりました。

地域別にみると東京都が62社と最も多くなっているものの、東京都以外も33社存在します。

東京都以外のIPO社数は以下のとおりとなっています。
5社=愛知県・大阪府
3社=北海道・埼玉県・京都府
2社=千葉県・神奈川県・三重県・広島県
1社=群馬県・福井県・山梨県・静岡県・兵庫県・福岡県

IFRSでIPOした会社は以下のとおりです。

スシローグローバルホールディングス(小売業、東一、トーマツ)
マクロミル(情報・通信業、東一、トーマツ)
ソレイジア・ファーマ(医薬品、東マ、三優)
MS&Consulting(サービス業、東マ、太陽)
アルヒ(その他金融業、東一、トーマツ)
プレミアグループ(その他金融、東二、トーマツ)

最近の株式市場の状況から、潜在的にはかなりの数のIPO予備軍がいるといわれていますが、結果的には来年も100社前後という結果になるのではないかと個人的には考えています。

関連記事

  1. IPOに向けて過去2年分の未払残業代の支払は必要か?

  2. 東証の上場基準が緩和されたそうですが・・・

  3. 東証マザーズ等の株主数基準が引き下げの方向で検討されているそうで…

  4. 2018年のIPOは98社(TOKYO PROマーケット含む)

  5. (株)アークンが今後の上場審査にもたらすかもしれないもの

  6. 新規上場後3年間は内部統制監査免除する法案が衆議院を通過

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,152,976 アクセス

ページ上部へ戻る