閉じる
閉じる
閉じる
  1. キヤノンの2019年12月期監査報告書にKAMが記載
  2. 会計士協会、有報提出期限の一律延長等を提案
  3. 自社製品企業がを新型コロナ対応で無償提供した場合の税務上の取扱い
  4. 2019年12月期有価証券報告書提出延長申請は3社
  5. ボリュームライセンス、ライセンスキー一つでも単位当たりで判定可能
  6. たな卸資産と棚卸資産
  7. 「上場有価証券の評価損に関するQ&A」は現在も有効
  8. 2020年3月に入り8社がIPO承認を取り消し
  9. 新型コロナ関連の後発事象記載事例
  10. 新型コロナウィルス対策と株主総会ー12月決算会社の事例
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

2017年IPOは96社

本日東証二部に上場した(株)オプティマスグループをもって2017年のIPOは終了しました。

上場承認後、取り消しになった「アトリエはるか」などもありましたが、2017年のIPOは東証以外を含め前年より10社増加し96社となりました。

2012年以降の推移は以下のとおりです。なお、2012年のJQは正確には東証以外となりますが、比較の便宜上独立表記しています。

2012年48社(本則市場7社、マザーズ23社、JQ14社、プロ2社、東証以外2社)
2013年58社(本則市場12社、マザーズ29社、JQ12社、プロ4社、東証以外1社)
2014年80社(本則市場20社、マザーズ44社、JQ11社、プロ3社、東証以外2社)
2015年98社(本則市場17社、マザーズ61社、JQ11社、プロ6社、東証以外3社)
2016年86社(本則市場13社、マザーズ54社、JQ14社、プロ3社、東証以外2社)
2017年96社(本則市場19社、マザーズ49社、JQ18社、プロ7社、東証以外3社)

マザーズがもっとも多いという傾向に変化はありませんが、直近3年でみると、マザーズが減少傾向にある一方で、JQが増加傾向にあるという結果になっています。監査法人が新規案件を絞っているという報道もあるなかで、来年以降(特に2019年以降)の傾向にどのような影響があるのかには注目しています。

また、絶対数は大きくないもののTOKYO PRO Marketも7社と市場開設来最高数となっています。加えて、2017年12月18日にJQスタンダードに上場した(株)歯愛メディカルはTOKYO PRO Marketを経由して一般市場に上場した初の案件となりました。

地域別にみると東京都が62社と最も多くなっているものの、東京都以外も33社存在します。

東京都以外のIPO社数は以下のとおりとなっています。
5社=愛知県・大阪府
3社=北海道・埼玉県・京都府
2社=千葉県・神奈川県・三重県・広島県
1社=群馬県・福井県・山梨県・静岡県・兵庫県・福岡県

IFRSでIPOした会社は以下のとおりです。

スシローグローバルホールディングス(小売業、東一、トーマツ)
マクロミル(情報・通信業、東一、トーマツ)
ソレイジア・ファーマ(医薬品、東マ、三優)
MS&Consulting(サービス業、東マ、太陽)
アルヒ(その他金融業、東一、トーマツ)
プレミアグループ(その他金融、東二、トーマツ)

最近の株式市場の状況から、潜在的にはかなりの数のIPO予備軍がいるといわれていますが、結果的には来年も100社前後という結果になるのではないかと個人的には考えています。

関連記事

  1. マザーズ上場時の監査報酬相場-法人別の報酬の傾向は?

  2. 2013年上期IPOは20社

  3. IPOに向けて過去2年分の未払残業代の支払は必要か?

  4. 内閣府令の改正が公布・施行されました-IPO時の特別情報が不要に…

  5. 2014年上期のIPO社数は26社

  6. 従業員持株会(その1)-導入割合と奨励金の水準

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 9,557,745 アクセス
ページ上部へ戻る