閉じる
閉じる
閉じる
  1. 非財務情報開示強化に向けた動向
  2. 監査法人ハイビスカスに対する行政処分等を勧告
  3. 借入暗号資産の時価評価による評価損計上は可能?
  4. 賃上げ税制、宣言未達成でも適用の適否に影響なし
  5. 四半期報告書が廃止されても中間監査の復活はないようです
  6. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?
  7. メール送信する請求書ドラフトは電帳法対象外を応用すると…
  8. 四半期開示は結局どうなる?
  9. 取締役会議事録に記載しなければならない事項
  10. 意見不表明は極めて例外的な状況のみに許容される
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

税効果注記公開草案どおり決着したようです

T&A master No.725の記事によれば、2月中に”「税効果会計に係る会計基準」の一部改正案等”が正式決定される予定とのことです。

個別財務諸表の注記などに対して反対意見が寄せられていたものの、ほぼ公開草案通りとなっているとのことです。

公開草案からの変更点としては、早期適用に関して「公表日以後最初に終了する連結会計年度及び事業年度の年度末に係る連結財務諸表及び個別財務諸表から適用することができる。」(公開草案6項)の「公表日以後」という部分が「平成30年3月31日以後」に変更されるとのことです。

このほか、5項(注9)(1)①の「税務上の繰越欠損金の額に法人税等の税率を乗じた額」は、コメントを踏まえて「税務上の繰越欠損金の額に納税主体ごとの法定実効税率を乗じた額」に変更されるとのことです(T&A master No.716)。

というわけで、3月決算会社では今期末から早期適用することができるようになります。流動固定分類の手間がなくなる一方で、評価性引当金額に重要な変動が生じている場合には注記が必要となるなど注記が必要となることもあるので、両者のバランスを考えて早期適用するかどうかを検討することになりそうです。

とはいえ個人的には、あと一回従来通りの処理をすればよいだけなので、原則適用(平成 30 年 4 月 1 日以後開始する連結会計年度及び事業年度の期首から)でいいのではないかという気がしています。

関連記事

  1. 四半期の税金費用で通期損失の場合に使用する実効税率とは?

  2. 「税効果会計に適用する税率に関する適用指針」が公表されました

  3. 生産性向上設備投資促進税制による設備取得と税効果

  4. 「改正法人税法及び復興財源確保法に伴い税率が変更された事業年度以…

  5. 税務上の「のれん」とは?(その3)

  6. 「改正法人税法及び復興財源確保法に伴う税率変更等に係る四半期財務…




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,981,483 アクセス
ページ上部へ戻る