閉じる
閉じる
閉じる
  1. 労働基準法の管理監督者性はやはり厳しいと感じた判例ー日産自動車事件
  2. 国内外数社の代表を務める納税者を居住者であると判断した課税当局が全面敗…
  3. 敷金の額を上回るため簡便法から原則法へ変更した事例(資産除去債務)
  4. 「消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)」等が改訂されました…
  5. 電子帳簿保存法・スキャナ保存の承認申請書が一部簡素化
  6. 非上場会社において訴訟で総会決議取消となった理由(2例)
  7. 退職給付債務ー割引率がマイナスは28社(2019年3月期)
  8. 必要な資料の提出を促せば注意義務を尽くしたことになる?
  9. 企業等所属会計士に対する倫理規則が改正されたそうです
  10. 株式報酬に係る開示規制の改正-2019年7月1日より施行済み
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

フェア・ディスクロージャー・ルールのポイントを確認(その2)

フェア・ディスクロージャー・ルールのポイントを確認(その1)の積み残しを確認します。

まず、上場会社等がその業務に関して情報を取引関係者に伝達した場合に、当該取引関係者から当該情報が重要情報に該当するのではないかという指摘を受けた場合どのように対応するのかですが、これはガイドライン問3で以下のように述べられています。

両者の対話を通じて、以下のような対応が考えられるとされています。
①当該情報が重要情報に該当するとの指摘に上場会社等が同意する場合は、当該情報を速やかに公表する
②両者の対話の結果、当該情報が重要情報に該当しないとの結論に至った場合は、当該情報の公表を行わない
③重要情報には該当するものの、公表が適切でないと考える場合は、当該情報が公表できるようになるまでの間に限って、当該取引関係者に守秘義務及び当該上場会社等の有価証券に係る売買等を行わない義務を負ってもらい、公表を行わない

IR担当者が口を滑らせたとか、経営者が気分良くしゃべりすぎてしまったというようなことはあり得る話ですが、三番目のNDAを結んだうえ売買を行わない義務を負ってもらうというのはあまり現実的ではないように思いますので、公表することになるものと考えられます。

これに関連して、寄せられたコメントの中に、「伝達された情報が公表情報と思い込んでいる場合など、上場会社等や取引関係者が情報伝達時点では重要情報に該当することに気付かず、事後的に上場会社等から「伝達した情報は重要情報に該当するが公表しない」と説明を受けた場合で、その前に取引してしまっている場合や他の取引関係者に伝達してしまっている場合は、何か特別な対応は必要になるのか。 」というものがありました。

これに対する金融庁の考え方は「金融商品取引業者等においては、金商法令上、適切に法人関係情報を管理することが求められています。また、伝達された情報が重要事実に該当する場合、当該重要事実の公表前に取引を行った者は、インサイダー取引規制の対象となることも考えられます。 」とされています。機関投資家など情報を受けた側からすれば、後からそんなこと言われても困るでしょうが、このような事態に巻き込まれないためにも、重要情報に該当する可能性があることについては会社に対して積極的に指摘することになるのかもしれません。

そうするとやはり何がFDルールの対象となるのかが重要ですが、「企業の将来情報に関する議論等の取扱い」に関連して前回取り上げた項目以外で、コメント対応の中に、「商品の販売実績の販売件数と平均単価のどちらか一方のみの情報の伝達をする場合において、その伝達の相手方が過去の実績を知っている場合であっても、伝達される情報のみでは当期の売上高や利益の額ないし前期と比較した増減を推定するには足りない場合は、FD ルールの対象とならないとの理解でよいか。」というものがありました。

これに対する金融庁の考え方は、「ご指摘のような販売件数と平均単価のどちらか一方のみの情報を伝達する場合で、その情報のみが公表されても、有価証券の価額に重要な影響を及ぼす蓋然性があるとはいえない情報については、FD ルールの対象にならないものと考えられます。ただし、当該情報と過去に提供されたその他の情報とを一体として見た場合、上場会社等の業績を容易に推知し得るような場合には、FD ルールの対象となる可能性があります。」とされています。

当然と言えば当然ですし、FDルール以前から同様ではありますが、IR担当者や開示書類の作成者など関連する担当者がきちんと連携を図ることが重要となります。

関連記事

  1. 不適正開示件数は増加傾向-東証発表

  2. 18年有価証券報告書から適用される開示内容の改正点

  3. 計算書類の追加情報は強制or任意?-期末日満期手形は開示が必要か…

  4. エフオーアイの粉飾決算で主幹事証券に賠償責任が認められた判決ー東…

  5. 修正再表示と訂正報告書

  6. 改正決算短信-従来どおりが主流のようです

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,389,583 アクセス
ページ上部へ戻る