閉じる
閉じる
閉じる
  1. 「取締役の報酬等として株式を無償交付する取引に関する取扱い(案)」が公…
  2. 東証1部上場会社、指名委員会設置が5割超へ
  3. 在宅勤務手当等の支給増で所得拡大促進税制適用可となる可能性?
  4. ADワークス社-マンション販売仕入税額控除否認問題で勝訴
  5. 2020年年末調整に関係する改正事項
  6. あずさ監査法人でCPE取得に際し不正が判明したそうです
  7. 帳簿等の提示を拒み消費税約38億円の追徴事案が最高裁へ
  8. 収益認識会計基準-表示・注記事項の改正確認
  9. 企業が行う不正会計手口トップ10とは?
  10. GoToトラベル利用による出張時の経理処理は?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

ゴルフ会員権の年会費の法人税法上の取扱い

今回は、法人で保有するゴルフ会員権の年会費の法人税法上の取扱いについてです。

ゴルフ会員権の年会費は交際費にしなければならなかったのかどうか記憶が曖昧だったので、法人税法上の取扱いを確認してみました。

答えはすぐに見つかりました。法人税法基本通達9-7-13(年会費その他の費用)で以下のように述べられています。

9-7-13 法人がゴルフクラブに支出する年会費、年決めロッカー料その他の費用(その名義人を変更するために支出する名義書換料を含み、プレーする場合に直接要する費用を除く。)については、その入会金が資産として計上されている場合には交際費とし、その入会金が給与とされている場合には会員たる特定の役員又は使用人に対する給与とする。
(注) プレーする場合に直接要する費用については、入会金を資産に計上しているかどうかにかかわらず、その費用が法人の業務の遂行上必要なものであると認められる場合には交際費とし、その他の場合には当該役員又は使用人に対する給与とする。

法人保有のゴルフ会員権は、通常資産計上されていると思いますので、上記通達より年会費は交際費として取り扱われると考えておけばよさそうです。

関連記事

  1. プロ野球開幕と年間シートの損金算入時期

  2. 屋形船接待の飲食も50%損金算入の対象

  3. キャバクラ接待も主目的が飲食であれば50%損金算入の対象に?

  4. 50%損金算入交際費の記載要件が明らかになりました-平成26年3…

  5. 領収書のない交際費はどう取り扱うべき?

  6. 株主優待で金券を交付した場合は源泉徴収必要か?

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,135,103 アクセス

ページ上部へ戻る