閉じる
閉じる
閉じる
  1. 書面交付請求の対象範囲が縮減される方向へ
  2. プライム市場上場会社の英文開示実施率が92.1%に上昇
  3. 有償ストックオプションの会計処理が再論点化?
  4. 会計監査人の異動は2年連続で200社超
  5. 女性活躍推進法に基づく男女別賃金格差開示が2022年7月以後終了事業年…
  6. 日本税理士連合会がインボイス制度の導入延期か運用緩和を求める
  7. 光通信株式会社と株式会社光通信
  8. 株式需給緩衝信託の会計処理
  9. 非財務情報開示強化に向けた動向
  10. 監査法人ハイビスカスに対する行政処分等を勧告
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

ゴルフ会員権の年会費の法人税法上の取扱い

今回は、法人で保有するゴルフ会員権の年会費の法人税法上の取扱いについてです。

ゴルフ会員権の年会費は交際費にしなければならなかったのかどうか記憶が曖昧だったので、法人税法上の取扱いを確認してみました。

答えはすぐに見つかりました。法人税法基本通達9-7-13(年会費その他の費用)で以下のように述べられています。

9-7-13 法人がゴルフクラブに支出する年会費、年決めロッカー料その他の費用(その名義人を変更するために支出する名義書換料を含み、プレーする場合に直接要する費用を除く。)については、その入会金が資産として計上されている場合には交際費とし、その入会金が給与とされている場合には会員たる特定の役員又は使用人に対する給与とする。
(注) プレーする場合に直接要する費用については、入会金を資産に計上しているかどうかにかかわらず、その費用が法人の業務の遂行上必要なものであると認められる場合には交際費とし、その他の場合には当該役員又は使用人に対する給与とする。

法人保有のゴルフ会員権は、通常資産計上されていると思いますので、上記通達より年会費は交際費として取り扱われると考えておけばよさそうです。

関連記事

  1. キャバクラ接待も主目的が飲食であれば50%損金算入の対象に?

  2. 5000円以下の飲食費も税務調査の重要ポイント-税務通信

  3. リクルーターが学生と面談で要する飲食費は交際費?

  4. 接待飲食費に関するFAQ(国税庁)の確認(その1)

  5. 50%損金算入交際費の記載要件が明らかになりました-平成26年3…

  6. 交際費と会議費の区分




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,073,114 アクセス
ページ上部へ戻る