閉じる
閉じる
閉じる
  1. 贈与税、暦年課税が廃止の方向で議論
  2. 監査法人大手門会計事務所の会計士1名が登録抹消、法人は解散へ
  3. 東証時価総額上位500社の取締役・執行役の報酬に占める業績連動報酬割合…
  4. 子会社株式の購入手数料-消費税は共通対応でいいそうです
  5. 海外子会社への復旧支援も寄附金に該当せず(新型コロナ)
  6. 顧客紹介に係る謝礼と交際費
  7. 子会社から親会社の配当に対して源泉徴収が不要となる?
  8. 旧経営陣解任の総会への委任状返信に3,000円のクオカードの可否
  9. 同一労働同一賃金-日本郵便事件最高裁判例を確認
  10. 公認会計士のM&A仲介トラブル-会計士・会社双方の請求を認め…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

ゴルフ会員権の年会費の法人税法上の取扱い

今回は、法人で保有するゴルフ会員権の年会費の法人税法上の取扱いについてです。

ゴルフ会員権の年会費は交際費にしなければならなかったのかどうか記憶が曖昧だったので、法人税法上の取扱いを確認してみました。

答えはすぐに見つかりました。法人税法基本通達9-7-13(年会費その他の費用)で以下のように述べられています。

9-7-13 法人がゴルフクラブに支出する年会費、年決めロッカー料その他の費用(その名義人を変更するために支出する名義書換料を含み、プレーする場合に直接要する費用を除く。)については、その入会金が資産として計上されている場合には交際費とし、その入会金が給与とされている場合には会員たる特定の役員又は使用人に対する給与とする。
(注) プレーする場合に直接要する費用については、入会金を資産に計上しているかどうかにかかわらず、その費用が法人の業務の遂行上必要なものであると認められる場合には交際費とし、その他の場合には当該役員又は使用人に対する給与とする。

法人保有のゴルフ会員権は、通常資産計上されていると思いますので、上記通達より年会費は交際費として取り扱われると考えておけばよさそうです。

関連記事

  1. プロ野球開幕と年間シートの損金算入時期

  2. リクルーターが学生と面談で要する飲食費は交際費?

  3. 50%損金算入交際費の記載要件が明らかになりました-平成26年3…

  4. 従業員等の慰安旅行費用が交際費等にあたらないとされた判決

  5. 株主優待で金券を交付した場合は源泉徴収必要か?

  6. 接待飲食費に関するFAQ(国税庁)の確認(その1)

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,388,302 アクセス

ページ上部へ戻る