閉じる
閉じる
閉じる
  1. 会計限定監査役への損害賠償請求事件が最高裁へ
  2. オーナー企業の上場会社の常勤(?)監査役がオーナー一族は支持されるのか…
  3. 「人材確保等促進税制」Q&A等が公表されていました(経済産業…
  4. 寡夫控除の所得要件を憲法違反と争うも敗訴
  5. 電子取引データの電子保存、改正法施行日までに準備期間足りず?
  6. ISDN廃止に伴う移行費用の税務上の取り扱い
  7. 監査報告書のXBRLタグ付けに要注意
  8. ISSがバーチャルオンリー株主総会開催のための定款変更に反対推奨
  9. コプロがプライム市場上場維持基準適合に向けた意志表明を適時開示
  10. バーチャルオンリー型株主総会のための定款変更議案上程が5社
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

ゴルフ会員権の年会費の法人税法上の取扱い

今回は、法人で保有するゴルフ会員権の年会費の法人税法上の取扱いについてです。

ゴルフ会員権の年会費は交際費にしなければならなかったのかどうか記憶が曖昧だったので、法人税法上の取扱いを確認してみました。

答えはすぐに見つかりました。法人税法基本通達9-7-13(年会費その他の費用)で以下のように述べられています。

9-7-13 法人がゴルフクラブに支出する年会費、年決めロッカー料その他の費用(その名義人を変更するために支出する名義書換料を含み、プレーする場合に直接要する費用を除く。)については、その入会金が資産として計上されている場合には交際費とし、その入会金が給与とされている場合には会員たる特定の役員又は使用人に対する給与とする。
(注) プレーする場合に直接要する費用については、入会金を資産に計上しているかどうかにかかわらず、その費用が法人の業務の遂行上必要なものであると認められる場合には交際費とし、その他の場合には当該役員又は使用人に対する給与とする。

法人保有のゴルフ会員権は、通常資産計上されていると思いますので、上記通達より年会費は交際費として取り扱われると考えておけばよさそうです。

関連記事

  1. 屋形船接待の飲食も50%損金算入の対象

  2. 従業員等の慰安旅行費用が交際費等にあたらないとされた判決

  3. 50%損金算入交際費の記載要件が明らかになりました-平成26年3…

  4. 人脈を広げるという目的で一人飲み代金を交際費処理して重加算

  5. キャバクラ接待も主目的が飲食であれば50%損金算入の対象に?

  6. プロ野球開幕と年間シートの損金算入時期

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,148,053 アクセス
ページ上部へ戻る